倉吉東こども園のあそびの様子!

子どもたちのあそびの様子をお伝えしています。

ふじ組 精米 ・ さくら組 あそびの様子

2017年10月16日 16時13分42秒 | 日記

●バケツ稲の精米をしました!(ふじ組)
 春頃からバケツで育ててきたお米を先週稲刈りし、今日みんなでお米にしました。みんなで育てたバケツ稲、園に飾ってあった緑米、給食に出ている新米の3種類を使いました。稲からお米になるにはどうすれば良いのか?中には家で体験した事のある子やお姉ちゃん・お兄ちゃんがやっていたのを覚えている子もありました。昔の人はすべて手作業でしていた事を知り、今回身近にある物を使って、お米にする事に挑戦してみました。①脱穀→割りばしの間に稲をはさみ引いてもみをペットボトルの中に残しました②もみすり→すりばちと軟式野球ボールを使って、もみがらを取り、玄米にしました③仕上げに、玄米をビンに入れて棒でつき、白米にしました。実際に自分達の手でやってみると、色々な所に米がちらばってしまったり、思うようにもみがらが取れなかったりと、苦戦していました。1時間以上取り組みましたが、白米になったのは数粒で「大変だった~」「昔の人ってすごいな」とおいしいご飯が食べられるようになるまでにはたくさん時間がかかる事、実際にやってみた事でお米になるまでの大変さにも気づく事ができました。




●鳴き声探しの音あそびをしました!(さくら組)
 部屋でコオロギの飼育をしていましたが、その中でコオロギの鳴き声を聴く事ができ、子どもたちも鳴き声を真似したり、部屋に置いてあるベルを鳴らして「この音と似とる!」と話す子もいました。そこで、色々な楽器を使ってコオロギの鳴き声探しをして遊びました。トライアングル、鈴、ハンドベル、マラカス、タンバリン、カスタネット等、色々な楽器を鳴らし、コオロギの鳴き声のような音が出る楽器を探しましたが、鳴らしている中でハンドベルでも音が違うことや、タンバリンも鳴らす場所で音が違うことに気づく子もいました。それぞれ鳴き声と似ている楽器を見つけ、「コオロギ」の曲に合わせて楽器を鳴らして遊びました。とてもきれいな音色が聴こえていましたよ。友達の楽器に合わせて声でも鳴き声を真似して遊んでいる子もいました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふじ組 書道教室 | トップ | ふじ組 園外保育 ・ すみ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事