倉吉東こども園のあそびの様子!

子どもたちのあそびの様子をお伝えしています。

さくら組 園外保育 ・ ふじ組 書道教室 ・ すみれ組ふじ組 渋柿つくり 

2017年10月19日 16時27分12秒 | 日記

●園外保育に行きました!(さくら組) 
 楽しみにしていた園外保育で南谷公園に出かけました。朝は雨も降っていましたが、公園に着くころにはやみ、公園ではドングリや落ち葉などの自然物を探して遊びました。木の下をよくよく見ると、ドングリがたくさん落ちていることに気付き、「いっぱいあるがん!」「すごーい!」と大興奮の子どもたち。夢中になってドングリ拾いを楽しんでいました。ドングリでも大きさや色が違うことに気付き、「みて~!緑のがある!」「白いのもあったよ!」など友達とも話し、「どこどこ?」と落ちている場所を教え合いながらたくさん拾っていましたよ。夢広場では見つけた木の実や落ち葉を使って冠作りをしました。可愛らしい冠が出来上がり、早速かぶって楽しんでいました。いよいよお楽しみのお弁当タイムです。お家の方が作ってくださったお弁当を「おいしい!」ととっても嬉しそうに食べていましたよ。広場でも「あぶくたった」やフープなどを使って体を動かして遊び、大満足の子どもたち。帰りのバスの中でも「遠足楽しかったな~」「お弁当おいしかった!」と話しながら園まで帰ってきていました。


●書道教室がありました!(ふじ組)
 前回に続いて、名前を書く練習をしました。今日は2グループに別れて、名前を書く練習をしたり、ひらがなカードを使って遊びました。名前を書く前には、まず書き順の確認をしました。①赤②青③緑④オレンジの線をなぞる事を確認し、挑戦しました。見本やプリントに書いてある線の色を見ながら、丁寧に取り組んでいましたよ。ひらがなカードのコーナーでは、ことば集めをして遊びました。『たべもの』『いきもの』等、保育者がお題を出すと、「何にしよっかな~」と、たくさんのカードの中から好きな言葉を集めて友だちに紹介していましたよ。


●渋柿作りをしました(ふじ組・すみれ組)
 渋柿の皮むきをしました。昨日、お当番さんが園長室裏の柿の木から渋柿の収穫のお手伝いをしてくれました。その柿を今日はふじ・すみれ組の子ども達でピーラーを使って皮剥き。最初は、丸くて固い柿に「なかなかむけんな~」「難しいな~」と話していた子ども達でしたが、何個か剥いていくうちに段々上手にむけるようになってきました。子ども達が剥いた渋柿を保育者がお湯につけたり、紐につけていくと、「紐につけるのが難しそうだな~」「なんか飾りみたい!」と興味津々で見ていましたよ。紐につけた渋柿をデッキテラスに吊るすと、「ずっと干しとくか?」「いつ食べれる?」と話したり、干しておくと段々色が変わってくるんだよと保育者が話していると「何色になる??」「おいしい干し柿ができるといいな~」と楽しみにしていた子ども達でした。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さくら組 運動あそび ・ ... | トップ | 10月誕生会 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事