青森市桜川団地の集団ストーカー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

7月11日 青森県航空管理事務所 サカヤ 対応がおかしい 13日青森空港へ向かう低空旅客機継続

2017-07-13 09:21:58 | 日記
旅客機がまだ低空を爆音でとんでいるのでもっと高度を上げて飛んでほしいと伝えると
回されて、返信を待つ。1時間ほどもたっても連絡が来ないので電話する。
以下Q自分、Aサカヤ

Q 電話の返信が遅れているが。
A 上司と打ち合わせをしていた。タイミングが合わなかった。

タイミングが合わないという答えはおかしい。


Q 旅客機の高度、騒音について

A 旅客機の高度については東京の航空管理局に聞いてくれと。
騒音については高度じゃないから感知しないとは言ってませんよ。でも東京の航空局に聞いてくれ。
東京航空局の問い合わせ先は自分で調べてくれ。

つまり騒音についてもこの人は何もしない。連絡先も教えない。


Q 前回別の人が対応しましたがすぐに航空会社に住民からこのような要望があったと伝えてくれましたよ。

A 人によりますねえ。

人による。職員によって対応は変わるそうだ。


Q 航空法について

A サカヤ、航空法については知らないと答えた。
この時は2度目で午前中に電話したときは、高度4000フィートは航空法違反ではないと東京航空管制局からの答えとはっきり答えた。

言動が朝と昼で違う。突然記憶喪失になった。

7月12日、13日。旅客機がより自宅よりの低い高度を飛ぶようになった。より爆音がひどくなった。
青森航空管理局職員と共謀した集団ストーカーが高度を低く、経路をより桜川団地よりに変更したものと思われる。
桜川団地住民を巻き込む迷惑防止条例違反の集団ストーカー。

5月にはもっと高い高度を飛んでいた。
6月から旅客機が低空で飛ぶようになり、爆音もひどくなった。
6月28日青森航空管理局に苦情を入れたところ急に翌日からまた高い高度を飛ぶようになった。音も気にならないぐらい。
7月はじめにまた急に低空で飛び、爆音がひどくなった。盗聴で得た内容に憤慨し、低空飛行と経路変更の指示を行った模様。盗聴内容を他人にいうことは電波法違反。



シアトル、ギャングストーカーで逮捕
演技の要請についてもはっきり記事に書かれている。何百人もだそうだ。数が多くても逮捕、尋問される時代になりました。

警察に公開されたギャングストーキング:何百人もの失業者を捜査するために逮捕された
https://rationalliberal.org/2017/03/26/gang-stalking-operation-exposed-by-police-hundreds-arrested-for-spying-on-unemployed-woman/

ロジャーズのストーカーの300人以上が警察によって特定され、尋問されている。多くの人は、色、数字、駐車場などの複雑なコード体系を使って、ロジャーズを「夢中にさせる」ようにしたことを認めていました。いくつかのストーカーは演技のレッスンを受け、少なくとも1人はヘリコプターでロジャースに従った。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UFO艦隊 バチカン ノルディ... | トップ | 世界的な不漁、磯やけの拡大... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。