東松島市社会福祉協議会のブログ

東松島市社会福祉協議会の日常をお伝えします

higasimatusima@dolphin.ocn.ne.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

仮設住宅に春の香り、届く     ~JR東労組が今年もプレゼント~

2017年03月06日 | 日記
JR東労組仙台地方本部による「春のプレゼント」が
3月4日、市内にある仮設住宅と災害公営住宅で行われ、
被災者に春の香りが届けられました。

震災直後から「沿線の再建を通じた地域の復興」を掲げて支援活動を継続しており、
春のプレゼントは今回で6回目になります。

家族連れを含め参加した約50人は6班に分かれて市内に点在する被災者宅を訪問、
「お変わりありませんか?」などと一軒一軒に声を掛け、
菜の花やガーベラ、カーネーションなどをセットにした花束を手渡しました。

「今年も来たのね、ありがとう。ご苦労さんです」と感謝の言葉が聞かれ、
玄関前でしばし懇談する姿も見られました。

仮設住宅の入居者も極端に少なくなった現状に、
参加した組合員は「復興が進んだとは言え、新居での地域づくりも大変でしょうね」と話していました。

あおい西集会所での昼食懇親会では、住民から復興の状況を聞き、感想を語り合うなどして交流しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんなで協力し合い、相手の... | トップ | 展示のつるしびなに、華やい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。