東松島市社会福祉協議会のブログ

東松島市社会福祉協議会の日常をお伝えします

higasimatusima@dolphin.ocn.ne.jp

熊本地震災害義援金

2016年05月31日 | 日記

4月18日から取り組み、皆様のご協力をいただいております、熊本地震等災害義援金募金は、

5月31日現在で 総額1,028,110円になりました。

そのうち940,000余りはすでに宮城県共同募金会に送金しております。

市内の地区センターなどに設置している募金箱のほか
自治会や各種施設や団体からもご協力いただいております。
有難うございました。

募集期間は6月28日までとなっておりますので今後ともよろしくお願いいたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深山に春を訪ねて

2016年05月19日 | 日記
応急仮設住宅の高齢者交流会が5月16,17日、
栗原市花山の「温湯山荘」で開催され、92人が参加しました。

災害復興住宅の建設や自主再建が進んで応急仮設住宅の入居者は約3割となり、
少なくなった仲間同士がのんびり温泉に浸って語り合い、交流する日帰りバスツアーです。

隣席の知人と近況などを語り合い、鮮やかな彩りを添えた里山のフジを眺めながらの道中です。

到着後は早速、タオル片手に浴場へ向かう人、土産物売り場に足を運ぶ人など様々です。

昼食はイワナの味噌田楽をはじめタラの芽など山菜のてんぷら、
タケノコの炊き込みご飯などお膳からあふれる豪華な山の幸が運ばれ、
「こんなに食べ切れないよ!」の声も出て、「どれも珍しく、おいしい」と大好評でした。

新緑が目にまぶしく感じられ、格好の気分転換でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮野森小学校「熊本助け隊」の取組み

2016年05月13日 | 日記

13日、宮野森小学校のみなさんが、 今回の熊本県地震災害募金の引き渡し式を行ってくれました。
6年生の代表が、 「今回の地震は被災した私たちにとって人ごとのように思えない大きな被害でした。
東日本大震災のときは、熊本県のひとたちはたくさん支援してくれました。
私たち6年生は『熊本助け隊』を結成し、募金を行いました。」
と言葉を述べ
東松島市共同募金委員会阿部事務局長に募金を手渡しました。
3日間で集めた額は215625円にのぼりました。
宮野森小学校のみなさん有難うございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あたたかい善意をありがとうございます

2016年05月12日 | 日記
4月18日から始めた

「熊本・大分地震災害」に対する東松島市共同募金会の募金活動。

個人・各種団体・・・多くの皆様から善意をお寄せいただいています。


中間報告ですが、5月11日現在で総額639,317円になりました。

募金活動は6月末まで行っておりますのでよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街頭募金を実施しました

2016年04月27日 | 日記
4月25日、JAいしのまきエーコープ前とロックタウン矢本Big前で熊本地震災害支援の募金活動を行いました。

当日は、たくさんのご厚意をいただきありがとうございました。

あわせて62,285円集まりました。

25日現在、募金額は455,000円を超えています。

本日より大分県支援募金も開始しました。

募金箱は老人福祉センターに設置しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あたたかい善意をありがとうございます

2016年04月25日 | 日記
4月18日から東松島市共同募金委員会がはじめた「熊本県地震災害義援金募金」。
2日間の街頭募金を含め、事務局がある老人福祉センター窓口募金あわせ、
4月23日現在の募金総額は、354,104円になりました。

本日25日も、午前はJAいしのまき、午後はBig矢本店(4時から)で街頭募金を行います。

被災地では、ボランティアセンターが開設されるなど新たに動きがありますが、
被災者の疲労はピークに達しています。

更なるご協力よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご協力有難うございます

2016年04月20日 | 日記
4月19日、市内数か所で行った平成28年熊本県地震災害義援金の街頭募金は
一日で、総額115,120円になりました


あたたかい善意有難うございます。

東松島市共同募金委員会ては、市内に募金箱を設置しております。

設置場所は

東松島市老人福祉センター

各市民センター窓口

ゆぷとカウンター

くらっぱ

はらっぱ

です。

募金期間は 6月28日までです。

ご協力よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震災害義援金を募っています

2016年04月19日 | 日記
平成28年4月14日に熊本県内において地震が発生したことにより熊本県民の生活を脅かし、
また多数の住民に大きな被害をもたらしています。

東松島市共同募金委員会では、この災害により被災された方々を支援することを目的に、義援金の募集を行うこととなりました。

本日は、「地域活性化施設はらっぱ」と、ヨークベニマル矢本店で行い、たくさんの方にご協力いただきました。

明日午前10時から、ロックタウン矢本敷地内で行います。

なお、義援金は、熊本県、日本赤十字社熊本県支部、熊本県共募等で構成される義援金配分委員会で決定し、被災者へ配分されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご寄附いただきました

2016年03月10日 | 日記


矢本東小学校福祉委員会の皆さんが、
ご家庭などによびかけ集めたプルタブ71.8キロを換金し
東松島市社会福祉協議会に寄付してくれました。

昨年4月からの取り組みで、
「このお金を、障がいを持つ方の役に立ててください。」ということでした。

東松島市社会福祉協議会では、市内の小学校や企業に向け
キャップハンディの体験学習を行っています。

その際、視覚障害者の擬似体験で、白い杖を使用しますが、
福祉委員会の皆さんの要望で
この白い杖を購入することにいたしました。

今日は代表で、委員長の伊藤君と副委員長の長谷川君が目録を手渡してくれました。
二人とも6年生で、卒業式の練習や奉仕作業で忙しい中贈呈式を行いました。

この取り組みを是非後輩に伝えていってください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も「春」をお届けします!

2016年03月09日 | 日記
 JR東労組仙台地方本部による花のプレゼントが3月6日、市内の各仮設住宅で行われ、
被災者にひと足早い春が届けられました

。震災直後から組織的な復旧・復興支援を行っている同労組ですが、
花のプレゼントは今年で5回目になります。

今回も県内はもとより福島・郡山や会津若松、山形・新庄などから約90人が参加しました。

中には赤ちゃん連れの夫婦など家族もおり、
被災者に「体調はいかがですか。頑張ってください」
などと声をかけながら菜の花やチューリップなどの花束をプレゼントしていました。

自主再建や災害公営住宅の整備が進んで、どこの仮設住宅も入居者が少なくなりましたが、
ある組合員は「思ったより入居者が少なく、復興が進んでいることを実感した」
「『毎年、ありがとうね』と言われ、心を配っていると感じた」と感想を語っていました。

活動終了後、コミュニティセンター前広場では阿部秀保市長が復興の現状を説明し、感謝の言葉を述べました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加