東松島市社会福祉協議会のブログ

東松島市社会福祉協議会の日常をお伝えします

higasimatusima@dolphin.ocn.ne.jp

キャップハンディ講座

2016年09月20日 | 日記
 赤井南小学校で9月14日、4年生の総合的学習の時間を活用して
キャップハンデ体験教室が開かれ、児童41人が東松島市社会福祉協議会や
東松島市キャラバン・メイト協議会に所属する専門スタッフから認知症について学びました。

体験教室では、まず「年をとるってどんなことだろう?」から
「認知症ってなんだろう?」を説明しました。

図解した脳の症状を大小のポリバケツに例え、
一つ一つの行動をカラーボールにして発症した場合、
脳が縮小する仕組みです。

容量が小さくなった(脳に例えた)ポリバケツにカラーボールを投げ入れると、
漏れたカラーボールは、特徴的な「覚えられない」、
「わすれてしまう」、「おもいだせない」の症状になる仕組みを説明しました。

福祉施設のケアマネージャーらが親子に扮した寸劇では、
おじいさんが何度も「ご飯食べた?」と娘に聞く場面を、
{どんなところが認知症なのだろう?」か、と児童に問いました。

また、「今日は水曜日だよね」と何度も聞き返すおばあさんに、
「望ましい接し方」と「不適切な接し方」を披露して「みんなだったらどうする?」と、
おばあさんの気持ちとお母さんの行動について考えてもらいました。

児童はとても熱心に聞き入り、最後のまとめでは、
「認知症は脳の病気が原因で、生活に困った状態になること」だから、
「おじいさん・おばあさんや困っている人にはやさしくね」にハーイと大きな返事をしていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩手台風10号大雨等災害義援金募集

2016年09月16日 | 日記
平成28年8月30日に岩手県太平洋沿岸部に上陸した台風10号により、
岩手県内では岩泉町をはじめ5市4町3村で死傷者等の人的被害、家屋の流失、
床上浸水・床下浸水等の被害が発生、災害救助法が適用されました。

東松島市共同募金委員会ではこの災害による被災者を支援することを目的に
義援金の募集を行います。


東松島市共同募金委員会 
会 長  佐 々 木  章



募金箱は老人福祉センター入口に設置しています。
どうぞご協力をお願いいたします


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホールインワンが続出 シニアスポーツ大会に約150人

2016年09月12日 | 日記
東松島市老人クラブ連合会主催の第11回シニアスポーツ大会が9月6日、
鷹来の森運動公園で開かれ、13の老人クラブから約150人が参加しました。

競技はグランドゴルフとペタンクの2種目です。芝生で行われたグランドゴルフでは、
ホールインワンが続出し、2回もホールインワンを決めた人が二人も出て、日ごろの練習の成果を発揮しました。

終了後は、それぞれ地区センターに戻って反省会を兼ねての小宴会を開き、和やかな一日でした。

なお、優勝した東名はまぎく会(ペタンク)と関の内福寿会(グランドゴルフ)は
10月6日に大和町で行われる県シニアスポーツ大会に地区代表として出場します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペタンクなど4種目に熱戦! 身障協会スポーツ大会

2016年09月06日 | 日記
東松島市身体障害者協会のスポーツ大会が9月1日、老人福祉センター集会室で開かれ、
20人が輪投げやペタンクなど4つの競技に奮闘しました。

運動不足の日常生活から一歩踏み込んで少しでも体を動かす機会に、と昨年から始まり、
今回が第二回目です。

笠原國司会長が「無理しない程度に頑張って、楽しい一日を過ごしましょう」
と開会のあいさつを述べた後、選手たちは準備体操で体をほぐして本番に臨みました。

各種目とも距離感を確かめながら練習に励んでいましたが、いざ本番になると緊張してか、
思うように行かない選手や逆に好成績をあげる選手もおり、一喜一憂の声が飛んでにぎやかでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悲惨さと平和の尊さを後世に!おごそかに市戦没者追悼式

2016年09月06日 | 日記
平成28年度の東松島市戦没者追悼式が8月22日、
メモリアルホール菩提樹矢本で
遺族をはじめ市や関係機関の代表約130人が参列して
おごそかに行われました。

式では、東松島市遺族会の櫻井満会長が

「戦争体験を風化させることなく、戦争の悲惨さと
幾多の尊い犠牲があったことと、平和の尊さを次世代に語り継ぐことが
我々の責務であると信じております」と式辞を述べました。

この後、阿部秀保市長や滝健一・市議会議長らが追悼の言葉を捧げ、
参列者一人ひとりが市内の戦没者九百五十五柱の御霊に献花を捧げて、
平和の誓いを新たにしていました。

戦後70年が過ぎて、遺族らも高齢化しており、
櫻井会長は「あの悲惨な思いと平和の尊さをいかにして後世に引き継ぐか、
が大きな課題だ」と語っていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西小学校福祉委員会の取組

2016年07月15日 | 日記


矢本西小学校福祉委員会の皆さんが熊本県地震募金31,484円をもってきてくれました。

自分たちで作った募金箱をもって、昼休みにクラスを回ったのだそうです。

8日の放課後、東松島市共同募金委員会 佐々木会長が受け取った後、

共同募金についての仕組みを学びました。

みなさんどうも有難うございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年社会福祉法人現況報告書

2016年07月05日 | 日記

平成28年社会福祉法人現況報告書を下記サイトにて公表しております。http://www.shakyo.or.jp/hp/business/index.php?s=269#4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新生銀行グループ有志らが亀岡地区にソーラーLED街路灯を寄贈

2016年07月04日 | 日記
野蒜市民センターに近い亀岡地区学習等供用施設前の市道にソーラーLED街路灯が設置され、6月26日、現地で寄贈した新生銀行グループや地元自治会など関係者が出席して贈呈式が行われました。

被災した旧野蒜小周辺は、自力復興した住宅が点在しているものの、街灯はほとんどなく、夜間は真っ暗の状況。

昨年12月、高校生語り部の小山綾さんが、Xマスコンサートにボランティアで訪れた新生銀行グループの行員らに「明るさが失われた地域の現状、街路灯のない町で生活する不便さや怖さ」を語ったのが発端です。

2月末から「東松島に明かりを灯そう!」と行内で募金活動を始め、最終的に83万3585円が集まりました

。贈呈式には、新生銀行グループからIR広報部長の髙橋栄治さん、地元・亀岡地区自治会の早川宏会長、それに高校生語り部の小山綾さん、社協からも海道会長ら約30人が出席。
高さ3・5メートルの街路灯にかぶせた白布を、新生銀行の髙橋部長と早川自治会長、海道会長の3人がそれぞれ端を引いて除幕し、周辺は盛大な拍手に包まれました
早川会長は「少しずつ復興が進み、夏祭りもここで行うことになり、住民には大助かりです」と話しています。
設置されたソーラーLED街路灯は、地域全体を照らす大きな灯りになるでしょう。
なお、新生銀行グループでは、新設の小松南住宅集会所に折り畳みイス40脚とイスを収納する台車1台が寄贈しました

。同日午前、同集会所で新生銀行グループの髙橋IR広報部長、同住宅自治会から中島和義会長、それに東松島市社協の海道義会長が出席して贈呈式が行われました。中島会長は「イベントの際、椅子が足りず困っていた。今後は大いに助かります」と感謝していました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震災害義援金

2016年05月31日 | 日記

4月18日から取り組み、皆様のご協力をいただいております、熊本地震等災害義援金募金は、

5月31日現在で 総額1,028,110円になりました。

そのうち940,000余りはすでに宮城県共同募金会に送金しております。

市内の地区センターなどに設置している募金箱のほか
自治会や各種施設や団体からもご協力いただいております。
有難うございました。

募集期間は6月28日までとなっておりますので今後ともよろしくお願いいたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深山に春を訪ねて

2016年05月19日 | 日記
応急仮設住宅の高齢者交流会が5月16,17日、
栗原市花山の「温湯山荘」で開催され、92人が参加しました。

災害復興住宅の建設や自主再建が進んで応急仮設住宅の入居者は約3割となり、
少なくなった仲間同士がのんびり温泉に浸って語り合い、交流する日帰りバスツアーです。

隣席の知人と近況などを語り合い、鮮やかな彩りを添えた里山のフジを眺めながらの道中です。

到着後は早速、タオル片手に浴場へ向かう人、土産物売り場に足を運ぶ人など様々です。

昼食はイワナの味噌田楽をはじめタラの芽など山菜のてんぷら、
タケノコの炊き込みご飯などお膳からあふれる豪華な山の幸が運ばれ、
「こんなに食べ切れないよ!」の声も出て、「どれも珍しく、おいしい」と大好評でした。

新緑が目にまぶしく感じられ、格好の気分転換でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加