hiroの花便り

我が家に咲く花や日々の暮らしを綴っていきたいと思います

ノーベル文学賞&フォーク世代

2016-10-16 | 好きな歌 音楽

13日に米国のミュージシャンで作詞家のボブ・ディラン氏(75)が、
2016年のノーベル文学賞に決まったと発表されました。
今年こそは村上春樹氏だろうと思っていたので、ちょっと残念でしたが、
歌手の中からノーベル賞が出たことは素晴らしいこと。
ほんとにおめでとうございます。
授賞理由は
「偉大な米国の歌の伝統に新たな詩的表現を作り出した」
ということだそうです。

私は高校時代からカントリーやフォークソングが好きで、
ラジオやテレビ等でよく聴いていました。
好きな歌手はジョーン・バエズやピーター、ポール&マリーで
ボブディランのことはあまり知りませんでした。



ボブディランの名前を知るきっかけとなったのは
ピーター、ポール&マリーが歌って、空前のヒット曲となった
「風に吹かれて」からでした。

ディラン氏は1941年米ミネソタ州生まれ。
62年に初アルバムを発表。
以来、長きにわたり音楽活動を続けてきています。
「風に吹かれて」はベトナム戦争などの影響で、
世界的に反戦運動が広がったなか、
人間の尊厳や反戦の思いを提示した曲で、彼を一躍有名にしました。



ブラザーズフォアなどもよく聴きました。
CDに変わってからレコードは用が無くなりましたが、
断捨離出来ずにいます。

Peter, Paul and Mary - Blowing in the Wind


久しぶりにyou tubeで聴いてみました。
懐かしかった!

Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963)


ボブディランです。





単調な中にも力強さのあるメロディと素敵な歌詞に魅かれて
よく聴きましたが、この9つの質問の深い意味は考えていませんでした。
ここには私達と同じように考えて下さいと書いてありますね。


ノーベル文学賞に関する
読売新聞・文化部 待田晋哉氏の記事

ビートルズと並ぶロック界の革命児、ボブディラン氏の受賞は世界で最も注目されるノーベル文学賞をなぜ、
ミュージシャンに贈るのかと驚かされる。
 同賞の創始者のアルフレッド・ノーベルは「理想主義的傾向の最も注目すべき文学作品の著者」に贈ると遺言した。
賞の歴史は、運営するスウェーデン・アカデミーのこの言葉の解釈の歴史だ。
著名な作家や少数言語の作家など、さまざまな理想主義的な書き手に光をあててきた。
昨年受賞したベラルーシのスベトラーナ・アレクシェービッチ氏も、ノンフィクションを執筆した社会性が評価された。
 米文学者の佐藤良明氏はディラン氏の仕事を「20世紀前半には一部のエリートのものであった言葉の芸術を、
ギターとドラムに乗せて、多くの大衆に注ぎ直した。文学が音楽的存在であっても構わないという革命だった」と語る。
近年、文学の「理想」の解釈の幅を広げる姿勢を見せるアカデミーが、賞の新しい一面を切り開いた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  My Birthday | トップ | 山陰山陽の旅~ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ノーベル賞 (ryo)
2016-10-16 16:25:54
こんばんは!
私もレコードは未だ持っております。
つい先日、コンパクトタイプのプレイヤーに買い替えました、ボブディラン氏の作品について
テレビで報道されていましたが、彼の反戦歌は
彼の精神を貫いていますね。
ですが、彼はノーベル賞を受けるのかどうか
未だ、連絡が取れていないと言ってましたが..
Unknown (Saas-Feeの風)
2016-10-16 16:57:15
hiroさん、こんにちは。
文学賞にまさかのボブ・ディランさん・・・。
まったく思いもしませんでしたね。
文学者から「おかしい」との批判が出ていますけれど。

村上春樹さんは今回も受賞できませんでしたが
ご本人はノーベル賞にさほど拘っておられないとか。
7年(8年かも)連続候補に上がりながらですから
残念な思いをなさっていても不思議ではありませんね。

Saas-Feeの風はボブ・ディランさんのお名前だけしか知らず
彼のレコードは一枚も持っていません。
ブラザーズ・フォーやジョーン・バエズ、
そしてPPMの唄に親しんでいましたよ。

自作プレイヤーが健在なのでレコードは未だに残してあります。
断捨離から最も遠いところにあるレコードやオーディオ装置です。
そんなものを残されると困る家族と思いますが
若いころから集め続けたレコードなので
どうしても処分できず悩みのタネになっています。
Unknown (hiro)
2016-10-16 19:06:15
ryoさん、こんばんは~♪
コンパクトのプレイヤーを持っていらっしゃるのですね。
今はyou yubedeで聴くこともできるのですが、
フォークやシャンソンはレコードしか持っていないので、
プレイヤーを買うべきかずっと迷っています。
そう言えば、先ほどのニュースで、ボブディラン氏は
ノーベル賞についてのコメントをまだ一度も出して
いないと言っていました。
是非受賞してほしいです。
Unknown (hiro)
2016-10-16 19:17:38
Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
私もノーベル文学賞がボブディラン氏と聞いた時は
びっくりしました。
ボブディラン氏の詩は「風に吹かれて」しか知りませんが、
ニュース番組で紹介されていた詩はきちんと韻を踏んで、
詩の内容としても素晴らしいものでした。

そうですね。村上春樹さんはノーベル賞にはそれほど
拘っていないかもしれませんね。応援しているファンや
本屋さん等の方が期待しているのかもしれませんね。

自作プレーヤーも作っていらっしゃったのですね。
私の弟も音楽や電気が好きで、大学時代によく部品を
買ってきては作っていました。
私のレコードはそれほどの量ではありませんが、
弟は一部屋、それ専用にしています。
こんにちは~! (shizuo)
2016-10-17 12:25:19
ジョーン・バエズ、ピーター・ポール&マリー…。
紅顔の美少年だった頃^^、まさにわたしも聴いた世代です。
「フォークの貴公子」ボブ・ディラン、
折しも時代はベトナム戦争、反戦歌が多かった時代。
後にこの歌が、
♪この店の 片隅で聴いていたボブ・ディラン~
ガロの「学生街の喫茶店」ってご存知ですか?
あっこれは直接は無関係^^;。
どんどん話が1960年代に。
Hiroさん、レコード盤断捨離しないでよかったですね~。
Unknown (えつまま)
2016-10-17 13:17:23
hiroさん      今日は!
ノーベル文学賞はミュージシヤン作詞家のボブディランさんの受賞にびっくりしました。
まだ受賞のコメントはなさっていないようですね。
村上春樹さんとばかり思っていました。
大期待をしていた書店も大変だったでしょうね。
懐かしい歌声を久々に聞きとてもうれしかったです
なかなか聞く機会もありませんでした。
若かりし頃を思い出しました。
ホークソングはよく聞きました。
ありがとうございました。
Unknown (hiro)
2016-10-18 00:43:05
shizuoさん、こんばんは~♪
私達の若い頃はフォーク全盛期でしたね。
実のところボブディランは「風に吹かれて」ぐらいしか
知らないのですが、「花はどこへ行った」「ドナドナ」
「パフ」その他いろいろな歌が流行ってよく歌っていました。
ガロの「学生街の喫茶店」、よく知っていますよ。
あの当時のフォーク歌手やロック歌手は
みなさんボブディランに影響を受けていたのでしょうね。
ステレオを断捨離してしまったのでレコードは聴けませんが、
今はコンパクトタイプのプレーヤーが売っているので、
それを買って、聴いてみようかと思っています。
Unknown (hiro)
2016-10-18 00:51:54
えつままさん、こんばんは~♪
ボブディラン氏はまだ受賞のコメントをしていない
ようですが、早く喜びの声が聞きたいですね。
村上春樹さんは毎年候補に上がっているのに、
なかなかチャンスが巡ってきませんね。
全世界で心待ちにいしている方が大勢いることでしょう。
今はロックの方が流行っているようで、フォークソング
を聴くことは少なくなりましたが、
単純なメロディーで内容があり、誰でも歌えるような
フォークがまた流行ってほしいです。
Unknown (siawasekun)
2016-10-22 03:19:53
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

ご紹介、ありがとうございました。
Unknown (hiro)
2016-10-22 06:39:20
siawasekunnさん、おはようございます♪
ご訪問頂きまして、ありがとうございます。
拙ブログですが、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。