hiroの花便り

我が家に咲く花や日々の暮らしを綴っていきたいと思います

シラー・カンパニュラータ&オーニソガラム・ウンベラタム

2017-04-29 | 花・ガーデニング

9年前、実家の母から分けてもらったシラー・カンパニュラータ
とオーニソガラム・ウンベラタムが今年も咲きました。
どちらのお花も生育旺盛で手がかからず、初心者でも安心して育てられます。



シラー・カンパニュラータ
キジカクシ科ツリガネズイセン属の多年草(球根植物)
原産地:南ヨーロッパ
別名:シラー・ヒスパニカ、ツリガネズイセン(釣鐘水仙)

清楚で可愛い釣鐘状のお花を咲かせます。
この品種はお花が少ないほうで、中には20ものお花を
つける品種もあるそうです。
(2017.04.23撮影)



オーニソガラム・ウンベラタム
ユリ科オーニソガラム属 耐寒性多年草 
欧州~西南アジア原産
英名は「ベツレヘムの星」和名は「オオアマナ」

今年は珍しく右の30㎝の丸鉢の球根が減ったようで、
花は昨年と比べると、非常に少ないです。
左は6号素焼き鉢ですが、びっしりと良く咲きました。
(左:2017.04.25撮影)(右:2017.04.27撮影)



ニコチアナ
ナス科タバコ属(ニコチアナ属)の一年草
本来は多年草のようですが寒さで枯れる。
星型の綺麗な花を咲かせ、夕方になるとよい香りを出します。

タグにはパフュームブルーと書いてあり、写真も載って
いるのですが、間違えたらしく、ピンクの花が咲いています。
(2017.04.21撮影)



コデマリ
(2017.04.23撮影)



8年前の春に小さな鉢植えを買い求め、
翌年からはずっと寄せ植えで楽しんでいます。
昨年は強剪定をしたので、少しお花が少ない感じです。
寄せ植えのビオラも、コデマリが咲くまで
日影に置いてしまったので、花付きがイマイチです。
(2017.04.27撮影)



左:プレクトランサス・ブルースパイヤー(2017.04.25撮影)
昨年11月末に開花株を購入。
4月の初めには無加温フレーム中で咲き始めていました。
茎が長くなって折れそうなので、花が終わったら挿し芽にするつもりです。

右:勿忘草(2017.04.24撮影)
コボレダネから咲きました。



左:キンギョソウ(2017.04.22撮影)
昨年・12月に一度咲き、春は大株になり見事に咲きました。

右:マーガレット・ポンポンイエロー(2017.04.28撮影)
無事冬越し、2度目の春を迎えました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オステオスペルマム | トップ | ツツジとツツジ科の植物 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Saas-Feeの風)
2017-04-29 22:23:20
hiroさん、こんばんは。
hiroさんの庭には花が多いことを充分に判っているはずでしたが
ここ連日の花シリーズによって、その認識以上に多いことを知りました。
種類は多いし、ひとつひとつの種類の中で花がたくさん咲いています。
これだけの種類の花々の生長を見守っておられるhiroさんの愛情の結果ですね。
拝見することで花の勉強になります。
まとめられると貴重な花図鑑になると思いますよ。
Unknown (hiro)
2017-04-30 08:54:22
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
花のアップに追われて、ベトナム旅行の記事を書くのを忘れてしまいそうです。
花にはシーズンがありますが、ベトナムはいつも夏のよ
うなものなので許して貰おうと思っています。
4月から5月は毎年、連日ブログを更新しています。

花図鑑的なブログもあるようですが、我が家のお花だけでは足りません。
植物園などに出掛けて、いろいろな種類のお花を見て、勉強しないと・・・

コメントを投稿

花・ガーデニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL