手足の動きが体を治します

正し手足の動かし方が、健康な体をつくります

夕食後の白湯と足の筋肉

2017-02-13 14:05:33 | 日記

GEDC0038

 

 
 
夕食の後は、
上半身の筋肉でもある、
顎の筋肉を使わない様にする事で、
眠りが深くなり、
次の日の体調がよくなります。

午前6時から午後の6時頃までは、
体を活動的にする、
交感神経の働きが、
足の筋肉の力を働かせて、
上半身の動きを支えています。

ところが、
午後の6時を過ぎると、
この力が弱くなり、
一度、上半身を使うと、
その筋肉が縮んで硬くなり、
頸から背中の筋肉に力が集まり、
眠ろうとする夜にも関わらず、
体を活動的にする、
交感神経が、
中途半端に働いた状態になります。
その為に、
眠りが浅くなります。

他にも、
デンタルフロスを使う事や、
(歯冠が押し広げられる事で、
 硬い物を噛んだと思わせる事になります)
また、
足の爪を切る事なども、
(不自然な姿勢を取る事から)
同じ影響を与える事になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ためして合点 便秘 | トップ | 夜の歯磨きと足の筋肉 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事