忘れな草と青い鳥 (69歳のラブレターその後)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

オレンジの音色を奏でながら。

2017-08-13 22:37:28 | 回想録

                        

オレンジマーマーレード   ナス科 

(黄色からオレンジ色そして赤色に変色して行く木の花です。)

おやおやッ!あなたはオレンジ色が苦手だったのでは?と、声が聞こえてくるような気がします。

オレンジ色というと、瞬間的に思い浮かべる花は「クンシラン」でした。2013年9月29日の記事

にクンシランの写真と共に、とても敬遠したくなる花だと記載しています。今日の写真はその時の

ものなのですが、以前に花が下垂して咲く「日本ノビリス」の種類を一度だけご紹介したことがあ

りました。クンシランをこれまで見かけてもカメラを向けたのはこの二度だけに留まっています。

ところが、現在オレンジ色の花を見かけると元気になれるように思えて、花に見とれていることが

あります。

以前読んだ書物の中に、赤と黄色を混ぜた橙色は黄金を暗示し、古代人はオレンジ色を

「黄金の林檎と言った」と書かれていたと記憶します。苦手なオレンジ色を敬遠したから、お金に

縁がなかったのか!と今頃気付いても遅いですね。

やはり2013年に花屋さんでオレンジマーマレードの花を見つけました。

はっと目覚めるような艶やかな花に写真を2枚だけ撮ったのが冒頭の写真です。

購入しようかと迷った花ですが、結局他の花を選んだ記憶があります。改めてオレンジマーマレ

ードとクンシランを検索して見ました。すると、草花だと思い込んでいたオレンジマーマーレード

は、木に咲く花で、黄色からオレンジそして赤色に変化していく花なのだそうです。

そして、クンシランは大きな球根なのだと思い込んでいましたら、株分けと種まきをして増やす

花なのですね。遅まきながら今頃知りました。

さて、肝心の音階の話ですが、ファとシが残っていましたね。

このオレンジが♪ファ なのです。(大当たりの人、おめでとうございます。きっと大金持ちに?)

69歳のラブレターではオレンジ色は「高慢を意味し長所になると威厳を示す色」だと書いたのです

が、今回オレンジ色は希望、快活、陽気、そして、赤オレンジ色は関節炎を治癒する色と追記致し

ます。   コスモスはこれまで静かな人、落ち着いた人、と言われたことが一度もありません。

何時もオッチョコチョイでドジばかり・・・で快活で陽気な人と言われていました。なので、

オレンジ色は不要だったのかも知れませんね。年老いた今、コスモスはきっとオレンジ色を取り込

みたくなったのでしょう。

クンシラン  ヒガンバナ科   

 

 

ハナアロエ  ユリ科

とても繁殖して株分けする花にユリ科の花アロエがあります。我が家の花壇の縁取りにしている

花なのですが、黄色と橙色の花を咲かせます。

玄関先にはオレンジ色のカランコエも咲きました。

ハイビスカスもこれまで20種類のオレンジ系統の花をご紹介したようです。

走り去る風景の中で、ハッと目を向けてしまう色は黄色系統の花ですね。

オレンジ色は ♪ミの赤色から半音上がった♪ファの音でした。

そしてその半音上がった♪ソが黄色です。今日の花たちのお喋り、聞こえますか?

コスモス

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~ロンドンデリーの歌~  | トップ | オリーブの歌 »
最近の画像もっと見る

回想録」カテゴリの最新記事