忘れな草と青い鳥 (69歳のラブレターその後)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

(沖縄の薬草 10)クミスクチン・ねこのひげ&センダン草

2017-06-13 16:23:24 | 回想録

センダングサ キク科 

(この花が泡雪栴檀草なのか、他の種類との比較が出来なくて解りません。)

何処にでも生えて、種は衣類に直ぐついてしまい、一杯ついた種を外すのに苦労する花。

センダン草のご紹介です。検索して見ますと、沖縄だけ泡雪栴檀草という大きめの花の

種類があるそうです。家の周辺は油断すると栴檀草で覆われ、はなはだ迷惑に思えるの

ですが、我が家の食糧難を一番助けてくれた植物です。

食用としては、お澄まし汁に栴檀草の若葉を摘んで入れると、「三つ葉ぜり」と同じ

香りがします。葉を摘んで湯がいてお浸しや天ぷらなどに用います。

容易に衣服に付くことから「サシグサ」と呼ばれると書いてありますが、私たちの地域

では「チンクサラー」と可愛らしい呼びかたをします。

近年薬科大学で、がん予防効果・抗アレルギー効果・抗酸化作用効果の研究もなされている

そうです。

薬効としては、解熱・解毒・利尿・消腫・鎮痛効果があるそうです。

検索すると離島で栴檀草を撒いて育てている記事などもありますので、詳しくは「センダン草」

を検索して下さいね。我が家ではお薬の効用よりも育ち盛りの子供を抱えて、当初野菜も思う様

に収穫出来ず、身の回りのこうした植物のお世話になりました。今思うと病院に通うような病気

にもならずに、健康に育てられたことは植物のお蔭だと思っています。

クミスクチン シソ科 (2016年11月23日投稿記事「クミスクチンの花と効用」より抜粋) 

シソ科というと、どの花にも独特の香りがありますが、クミスクチンは匂いがありません。

中学校のハーブ庭園の管理を任されていた時、クミスクチンの紫花を植えていました。

絶えることを心配して、我が家の庭にも同じ花を栽培し、一方が枯れても挿し木で絶えることの

ないようにしていました。

クミスクチンの効用について 放映されたことがあり、大変なブームになりました。個人で苗木

の販売もしておりましたので、クミスクチンの注文が殺到(と言っても、保育園や幼稚園、学校

の先生たちですが。)したことがありました。

特に利尿効果があり、花も美しいことから、鉢植えにしては日頃お世話になっている方々に差し

上げていました。私がブログで紹介した過去のクミスクチンをアップして見ました。

白花が多いのは、紫花より一回り大きく、優勢だからです。常夏の沖縄ですが、これから冬に向

かって、ホットドリンクを会社に持参する息子に欠かせないお茶、クミスクチンです。

  

花が美しいので、住宅の庭で良く見かけます。 

 

 

「沖縄の三大薬草」① ウコン茶 ② グァバ茶 ③ クミスクチン茶 

クミスクチンの効用

ダイエット効果
利尿作用
口臭予防
糖尿病予防
美肌効果
腎臓炎改善
膀胱炎予防
高血圧予防 

 

コスモス

2016年11月23日投稿記事「クミスクチンの花と効用」 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひまわりとハイビスカスピン... | トップ | (ハイビスカス 57)ハイビ... »
最近の画像もっと見る

回想録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。