忘れな草と青い鳥 (69歳のラブレターその後)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

森のハーブガーデンとナガサキアゲハ

2017-06-19 09:11:00 | 回想録

                           

                (沖縄で地植えされたボタンを初めて見ました。梅雨前に撮った写真です。)

今日のブログでご紹介する写真は 東村にある「森のハーブガーデン」という名称で

「かぐや姫」やツツジ祭りが毎年行われる地域にあります。

私がもしも俳句や短歌を手掛けているとしたら、季語に困ってしまうでしょう。

常夏の沖縄では四季の移ろいがはっきりしませんし、自称しておりますコスモスの花

も向日葵も年中咲いているのです。毎日訪れます皆様のブログで、どうにか四季を知る

のですから、沖縄に失礼かもしれませんが、まるでコスモスの頭の中のようです。

読書をすればたちまち睡魔に襲われ、どうにか検索して花の名前が解った!と喜んで

も、メモを取らない限り、次の瞬間には忘れています。

…すでに文章を書くことも躊躇われるのを通り過ぎ、億劫になる今日です。何より私が

ボケるのを一番恐れている息子(私ではありません。)とても渋い顔を致します。

ということで、やはり指を動かす作業に努めましょう。

写真は2012年4月のハーブガーデンからです。コスモスのブログでは常にハーブガーデン

入口にはツンべルギア・アラータの黄色い花が咲いています。 

森の左右には様々なハーブが植えられています。今日のブログは向かって ↑右手にある

ツンべルギアの花の間を歩いて進みます。 

4月に訪れた時のものですが、一昨年宮崎市から帰った11月初めにも、我が家の玄関先には

ローゼルが咲いていました。 

ブルーキャッツアイ 

周囲には花は咲いていませんが、キクイモ(姫向日葵)が取り囲んでいて…なんとなんと

「ナガサキアゲハ」が、雨宿りしていました。動くものの撮影はまったくダメなコスモス

ですが、傍に寄っても動かない、震える手でシャッターを押しました。 

ナガサキアゲハ ♀

ナガサキアゲハ ♀ と シロオビアゲハ ♀

ナガサキアゲハというと、コスモスの書いた絵本の中心的な役割を果たしてくれる

チョウです。南へ行くほど雌の翅の模様が鮮明になると書かれています。

書物の中のナガサキアゲハは、ほとんど黒い大きな蝶で赤い文様だけが浮き立つような

チョウのイメージで書きました。

現在「69歳のラブレター」を見直しながら、次々に削除する作業もしています。

花を見ながら、ブログには書けなかった思い出も辿るものですから、一向に捗りません。

当人の私はこれから先記憶を留めることが困難になるでしょう。もしかしたら、自分の

愛する全ての記憶を忘れるかも知れません。

そんなことを考えている時、この画像に出会いました。

「黒ずきんちゃん」を書いたあの頃の記憶がゆっくり戻って来ました。

様々な記憶の中で蝶のことを教えて下さった人を思い出し、検索して見ました。

数年前まではお名前があり、この地球でそんな国があるの?という言語を訳している…と

書かれていました。その方の同級生のお一人はお元気なので良い方に考えていたのですが

残念ながら、別の世界へ旅立っておられました。

語学の達人・天才として過去ブログに書かせて頂いた人でした。知り合った頃が40数か国

の言葉を自由自在に読み書き話せて、ひょうひょうと生きておられる不思議なおじさんでした。

京都の静かな佇まいに広い広い畑を持ち、その一角には蝶を貯蔵する館がありました。

文久時代と大正時代を生きた日本の思想家を父に持ちながら、お父様の存在を決して明かすこ

ともなく、この世を去ってしまわれました。

ふと、これまで生きてきた証のような人、自分の愛した人が自分のことを忘れてしまわれたら

やはり一番寂しいことですね。…と思うと、息子の小言も愛情故のことと喜んで受けなければ

いけませんね。しかし、この語学の達人様の記憶は黄泉に下れば無くなってしまうものでしょうか?

なんて考え出すと、コスモスの話は続く…続く…続くとなりますゆえ、この辺りでストップです。

ストケシア 

「お詫び」 ふるさとの皆様

「69歳のラブレター」で書かせて頂きました「黒ずきんちゃん」の記事の全てを削除して

しまい、本当に申し訳ありません。ふるさとの皆様と国土社様のお蔭で出版された著書に対し

大変申し訳ないことを致しました。再度ブログに移行することも考えましたが、過去のブログ

のまま起こしました。ここにお詫びを申し上げます。   2017年6月19日 稗島千江

冒頭と最後は地域に咲くボタンです。2017年6月撮影

コスモス

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの日に出会った空と花々。6月 | トップ | (沖縄で出会った球根の花 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。