せせくるブログ

何かあったら書いていくブログ

オープンワールドの意味が分かりました

2017-03-07 23:13:29 | ゲーム
Switchとゼルダを入手し数日経ちました。毎日やってますが、このゲームコンソールの凄さをしみじみ感じてます。

なんと言っても据え置きと携帯、2つのスタイルで遊べてどこでも自由に楽しめるのは本当に便利です。
今日実際、外出先の暇つぶしとして遊んでいましたが、外に持ち出せるというのは夢のよう。そしてあのスプラトゥーンが出先で楽しめるのを想像するとワクワクしますね。
Switchではプレイ中のスクリーンショットがボタン一発で撮影でき、SNSへ投稿できる機能が備わりました。PS4やNVIDIAのShadowplay、Steamなんかで実装されている最近流行りの機能の一種です。
実に楽しいのでパシャパシャ撮ってます。なお、MicroSDを刺せばそちらにHD解像度のjpg形式で保存されるのですぐPCに取り込めて便利ですよ。


序盤の第一発目。遠景まで見渡せるクオリティはなかなかです。


こちらは不動のガーディアン。ラピュタの朽ちた機械兵っぽいです。


未だによくやってしまう自爆。操作ミス多いのが僕の弱点です(爆)



そういや友人に聞かれて、自分でも思ったことがあるので覚書。
残念ながら性能は、グラフィックを見る限り前世代機のWii Uに劣っているのは言うまでもありません。手持ちのゼルダの場合、本体画面に合わせたHD(1280x720)解像度、もしくはテレビ接続時には900p。フレームレートは30fpsでシーンによってはさらに落ち込むところも見受けられます。
新型なのに前作に負けるスペックなんですが、そこが任天堂の考えている点でもあります。携帯することを考慮してSoCの冷却機構やバッテリー持続時間を最適化してトレードオフとしているんですな。
そう見てみると、携帯機としてこれ以上望んでも無意味っていうクオリティなんです。何しろ、本体画面をフルHD解像度に引き上げたり、クアッドないしオクタコアCPU(SoC)積んで、発生する熱をドライヤーのようなファンで冷やして連続プレイ可能時間60分… とかなったら誰も買いたがらない訳ですし。
ま、余分を求めず十分なスペックを求めたといったところでしょうね。

…ですが、今出たばかりなので今後何かとアップデートで機能追加やらが期待できますな。
スプラトゥーン2やマリオーカート8DXもなかなか面白そうですし、楽しみなのはこれからです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ようやく遊べるように | トップ | スーパーボンバーマン R »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゲーム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。