hideyukiさんの、今日もみんなガンバってますね!笑み字も!Webにも楽しさと光を!

日々の成長の糧などを綴ります。
楽しさ、感動、知恵が学べる。
(^_^)私はとっても普通の人です。

争わない

2016-10-29 17:04:41 | お話
🌸🌸争わない🍀🍀


とあるセミナーでの一コマを思い出した。

講師が参加者に

「あなたの仕事はなんですか?」

と問いかけたのだ。

ある人は「教師です」と言い、ある人は「保険の営業です」と言った。

講師はこう返した。

「皆さんは言っているのは職業です。

私が聞いているのは仕事。

つまり、その職業を通して、どんな仕事をしているのか、ということです」

みんなしばらく考えた後、「教師」と答えた人はこう言った。

「大人になってから学ぶことの方がはるかに多いので、

私は教師と言う職業を通して、子供たちに勉強の仕方と学ぶことの楽しさを伝えています」

「保険の営業」と答えた人は、

「人生には『お金で解決できる悩み』と『できない悩み』があります。

『お金で解決できない悩み』とは、例えば、家族間の悩みです。

その『お金で解決できない悩み』にお客様が集中できるように、

『お金で解決できる悩み』を解決させていただくのが私の仕事です」

と話していた。

このことを思い出したのは、

先日、大阪で『ベテラン弁護士の「争わない生き方」が道を開く』の著者・西中務さんと出会ったからだ。

今年で弁護士生活46年になる西中さんの本には、

これまでいろんな人が「法律で何とかならないか」と、様々な揉めごとを持ってきた。

法律で争う場合、片方が「訴える側」で、
もう片方が「訴えられる側」になる。

西中さんが受ける相談の8割は「訴える側」だと言う。

例えば、「長年働いてきた会社から退職勧奨を受けたのだが、

もらえるはずの退職金が思ったより少なく、

裁判に勝てば会社の提示額以上の退職金がもらえるのではないか」

という相談があった。

西中さんは、

「そんなことより、もっと大切なことがあるんじゃないですか?」

と言って、争うより和解を勧めた。

「依頼者の真の幸せは何かと考えると、

争うより争わない方がずっと幸せだと思うんです」

と西中さんは言う。

冒頭に紹介したセミナーに西中さんが参加されていたら、きっとこう答えるだろう。

「私は弁護士という職業を通して、

どうすれば幸せを感じ、喜びに溢れた人生を送ることができるかを

依頼者に考えてもらう仕事をしています」

と。


そんな西中さんも若い時は

「争って勝つことがすべて」

と思っていた。

ある日、スーパーの中で精肉店を営んでいた男性から

「オーナーに『別の精肉店が入ることになったので出ていってほしい』と急に言われた」

と言う相談があった。

西中さんは

「損害賠償請求しましょう」

と提案したが、

男性は

「長年お世話になっオーナーと争いたくない」

と言って、
結局、文句を言わずに出て行った。

それどころか、きれいに掃除をし、

「今までお世話になりました」

と丁寧に頭を下げた。

その後、前より条件のいい場所で出店することができた。

それはオーナーの人脈のおかげだった。

数年後、精肉店は成功し、

もう1店舗出そうと考えていたところに、あのスーパーのオーナーから

「戻ってきてほしい」と言われ、

結果的に彼は2つの店を持つことができた。

「もし損害賠償を請求して争っていたら、
こんな展開にはなっていなかったでしょう」

と西中さんは言う。

退職勧奨を受けていたあの男も争うことなく退職した。

その際、会社から関連会社を紹介してもらい、再就職できた。

大手企業からの紹介だったので新しい会社では高い地位をもらうことができ、

前の会社に感謝しているという。

「争ないで済むなら、それに越した事はありません。

同業の弁護士から『仕事がなくなる』と言われそうですが、

こんな弁護士が世の中に1人ぐらいいてもいいではありませんか」

と西中さん。

もちろん「お金」そのものが問題なのではない。

「お金」は人を幸せにするのに十分なものだ。

しかし、時として「お金」のせいで不幸になる人もいる。

怒りや憎しみ、妬みが絡んだ「お金」は、人を幸せにしない。

西中さんは、そのことを見てきたのだろう。


(「みやざき中央新聞」10.24 水谷さんより)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 受け入れることを知ること | トップ | 気持ちを維持するには、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。