hideyukiさんの、今日もみんなガンバってますね!笑み字も!Webにも楽しさと光を!

日々の成長の糧などを綴ります。
楽しさ、感動、知恵が学べる。
(^_^)私はとっても普通の人です。

悪玉菌も必要なんだ!

2016-11-25 13:48:09 | 新しい考え方
🌸悪玉菌も必要なんだ!🌸


ここまで、「人を太らせ、病気を招き寄せる原因」とご説明してきた悪玉菌ですが、

実は、腸の健康にとって必要な菌でもあります。

ここまでは便宜上、悪玉菌を悪者扱いしてきましたが、

もしも悪玉菌がゼロになってしまったら、

人は健康を保てなくなるほど大事な菌なのです。

日和見菌が「良いことも悪いこともする菌」であるように、

悪玉菌と呼ばれるグループに属する菌たちも「悪さもするけども必要な菌」なのです。


それでは、悪玉菌には、どのようなよい働きがあるのでしょうか。

理化学研究所の研究チームは、病原性O-157とビフィズス菌との関係について研究を行っています。

善玉菌のビフィズス菌には、O-157による食中毒を予防する効果があると知られています。

この研究によって、

ビフィズス菌が果糖などの糖分をとり込んで酢酸をつくり、

O-157が出す毒素から腸を守っていることが明らかになりました。

ここまでは、予想していた結果でした。

ところが、驚くべきことに、

ビフィズス菌を与えても、O-157の数や毒素の量は減らなかったのです。

つまり、ビフィズス菌は毒素から腸を守っても、

O-157を退治する力はないことが示されたのです。

しかも、O-157は、

ビフィズス菌がタンパク質を分解してつくり出すアミノ酸を、

自分にとり込み、自らのエネルギーにしていました。

食中毒の予防効果が高いとされていたビフィズス菌は、O-157を退治できないどころか、

不覚にも敵にエネルギーを渡していたのです。


O-157の脅威を前に、頼りになるのは大腸菌などの悪玉菌なのです。

大腸菌には、番兵の働きがあり、

腸の規律を乱す有害な病原菌が入ってくると、

真っ先に動き出し、敵を排除しようと働くのです。


また、人は自分の消化液で食物繊維を分解できません。

繊維の力が強いからです。

しかし、腸内細菌には食物繊維を分解する力があります。

自分のエサにするために食物繊維を分解し、
繁殖するために発酵させるのです。

悪玉菌にも、その力があります。

しかも、大腸菌には食物繊維の分解過程において、

ビタミンを合成する働きまで持っているのです。

さらに悪玉菌と善玉菌は、エネルギーのやりとりをしていることがわかってきました。

腸全体から見れば、両者はうまいバランスで成り立っているのです。

悪玉菌が健康的に悪となるのは、数が増えすぎたとき。

それを許すのは、私たちの食習慣!


(「一生太らない体をつくる『腸健康法』」藤田紘一郎さんより)


つまり、私たちの食事しだいで、悪玉菌も害にはならないのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地獄から抜け出す言葉 | トップ | エピジェネティック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新しい考え方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。