hideyukiさんの、みんなガンバってるね!笑み字も!Webにも楽しさと光を!

日々の成長の糧などを綴ります
感動、関心、知識が集まる。
(^_^私はとっても普通の人です。

エピジェネティック

2016-11-26 10:07:12 | 自分でできる健康維持
🌸エピジェネティック🌸


遺伝子研究の発展により、多くのことが遺伝子の名を借りて行われるようになりました。

最近は、肥満に関する遺伝子の有無を調べて、

被験者に適したダイエット法を紹介しようとする検査キットなども売られています。

また、糖尿病は、遺伝的な要素が大きいとされる病です。

「たび重なる飢餓に耐えて生き残ってきた日本の体は肥満になりやすく、

遺伝的に糖尿病になりやすい」

と語る医師の言葉もよく見かけます。

確かに、日本人は糖尿病のリスク遺伝子を持つ人が大半です。

しかし、リスク遺伝子を持っていても発症しない人もいます。

「リスク遺伝子を持っているのだからしかたがない」

という考えは、私には予防や完治を諦めさせる言い訳にしか聞こえてなりません。

肥満も糖尿病も、自分の力で予防でき、克服できる病です。

生活習慣の発病に関しては、リスク遺伝子の保有以上に重大なのは、生活習慣です。

実は、生活習慣には遺伝子を変えてしまう作用があることが、

近年の研究によりわかったのです。

それこそが、

「エピゲノム」です。

「エピ」とは後天的な、

「ゲノム」はDNAの塩基配列、

すなわち、すべての遺伝情報のことです。

つまり、エピゲノムとは、
後天的遺伝情報という意味です。

先天的には同じゲノムを持っていたとしても、

後天的な環境因子によってゲノムは修飾され、

個体レベルにおいて形質が異なってしまう、

という新しい学説を「エピジェネティックス」と呼びます。

この学説に従えば、エピゲノムは肥満の発症にも関与していることになります。

肥満になりやすいものを食べ、肥満になりやすい生活環境で過ごしているとエピゲノムが変化し、肥満になってしまうのです。

たとえ、先天的には肥満関連遺伝子を持っていなかったとしても、

生活習慣が悪ければ、遺伝情報は後天的に書き換えられてしまいます。

私たちは日々、様々な環境で行き、飲食を繰り返すことで、

エピゲノムに変化を起こしています。

エピゲノムは、まるで自らの行動を示す「前科歴」のようなものです。

不摂生が限界を超えて蓄積されたとき、細胞死や細胞老化のスピードが速まり、

生活習慣病と呼ばれる多くの病気が目に見える形となって表に出てきます。

その中でも肥満は、悪しき習慣の証のようなものです。

肥満者はエビゲノムを、今日から生活習慣によって、書き換えていかなければなりません。


現在、肥満に悩む人は、エピゲノムが負の方向に働いていると考えられるでしょう。

悪しき生活習慣が、肥満という変化を個体にもたらしているのです。

「氏」か「育ち」は、よく問われるところです。

エピジェネティクスの学説が起こる以前は、

「氏」は「育ち」を上回ると考えられていました。

発端は1859年にチャールズ・ダーウィンの進化論についての著書『種の起源』を出版したことに始まります。

ダーウィンは『種の起源』の中で、個体の持つ性質は親から子に伝わると記しました。

親から子へと伝えられる「遺伝に関する要因」が、個々の生物の性質をコントロールするのではないかと考えたのです。

その後、フランシス・クリックによって「セントラルドグマ説」が提唱されます。

簡単に説明するならば、DNAに記録されている遺伝情報は、一定の経路をたどって親から子へと伝達され、

人や動物などの固体に表現される、という学説です。

この発表以降、分子生物学会でもセントラルドグマ説がもてはやされ、長く続いていた「氏」か「育ち」かという論争は、

議論の余地もなく「氏」に軍配があげられたのでした。

ところが、研究が進むにつれて、セントラルドグマ説では説明できない事例が多く出てきました。

例えば、クローンマウスを使った有名な実験があります。

クローンマウスは、親のマウスと遺伝子は同じです。

ところが、後天的にDNAに変化を加えると、尾の形が異なったのです。

「遺伝子が同じならば、個体の形質も同じになる」という定説では説明できない事態が起こったのです。

また、一卵性双生児やクローン動物、あるいは挿し木などでも同じような研究が行われています。

同じ遺伝子を持っている二者を、環境の違う場所で育てると、

個体差が生じることが、次々に明らかにされました。

つまり、遺伝子は、生活習慣によって変化することが、証明されたのです。

これこそ「エピジェネティックス」の概念です。

遺伝子やDNAが私たちの生体機能をコントロールしているという

「遺伝子の乗り物説」は、覆されつつあります。

そして今後は、環境から生じるシグナルが、DNAをコントロールしているという「エピジェネティック」が遺伝子研究の主流となるでしょう。

まさに「氏」より「育ち」、遺伝子は生活習慣によって書き換えられるのです。


(「一生太らない体をつくる『腸健康法』」藤田紘一郎さんより)


食習慣って、大事なんですね。(^_^)

この本では、

毎食、小皿一杯分のキャベツを食べる。

納豆、オクラ、めかぶ、のネバネバを混ぜたものを食べる。

50歳すぎたら、女性ホルモンが減るから、大豆製品を食べる。

などが、

腸の健康によく、若々しさを保てるこたになるそうですよ!(^_^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪玉菌も必要なんだ! | トップ | 真実を知る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。