hideyukiさんの、みんなガンバってるね!笑み字も!Webにも楽しさと光を!

日々の成長の糧などを綴ります
楽しさ、感動、知識が学べる。
(^_^私はとっても普通の人です。

子供の誕生と夫婦

2017-06-22 17:36:48 | お話
🌸🌸子供の誕生👶と夫婦🌸🌸


20世紀という激動⚡️の時代が終わろうとしていた頃、
「男と女のビックバン🌋」といわれた時期があった。

「男はこうあらねばならない✊」

とか

「女はこうあるべき👉」

という、ひと昔前から受け継がれてきた価値観🌸が弾けた💥のである。


それは雇用🌸の現場から始まった。

女性🌸の働き方が、高度成長期に見られた男性🎩の補佐的な仕事🍀ではなく、

自らの個性🌸と能力🍀を存分に発揮🌟するようになったのだ。

やがて企業🏢も女性の活躍を正当に評価💮💯し、

人権にも配慮しなければやっていけない時代🍀になった。

結婚後💒も子育て中も働き続けられるように、女性の雇用🍀を守る法律📖が次々にできた。

その過程で批判⚡️もあった。

「結婚した女性🌸が男性並みに働き出せば、家庭🌸や育児👶がおろそかになる」

と。

それに対して政府🏤は

「男女共同参画🔺」

という考え方を打ち出した。✊

「これからは男女💑が協力し合って社会🌆を築いていくのだから、

家庭🏠も夫婦💑が協力し合っていくのが望ましい🎵」

と。

90年代はそんな議論🎤が飛び交っていた。


あれから20余年。

女性🌸たちは自分の働き方を、ある程度自分で選択🍀できるようになった。

一方、家事🌸や育児👶に関わる男性🎩も珍しくなくなった。

とはいえ、男女の関係は法律📖や制度🏤が整ったからといって、うまくいくとは限らない。


アメリカのペンシルベニア州立大学🏫の心理学者、ジェイ・ベルスキーさんは

「(アメリカ)就労環境🍀はよくなっているのに、

なぜ結婚生活🌸はうまくいかないんだろう」

と疑問❓を持ち、大掛かりな調査📝を行った。

第一子👶を妊娠した250組の夫婦💑を、7年間にわたって追跡💨調査📝し、

「結婚生活の質🍀」について分析📈したのだ。

それによると

「関係がひどく悪化した😵」

と答えた夫婦が13%、

「少し悪化した😩」

と答えた夫婦が38%もいた。

この合計51%の夫婦の関係が悪化😵したのは、

妻の出産後1年以内に集中🌟していた。

すなわち、子供👶の誕生が夫婦に良からぬ影響⛅️を与えていたのだ。

ベルスキーさんは、この結果🌸をそのまま本📖のタイトルにした。

『子供をもつと夫婦に何が起こるのか』(草思社)

と。


「男性🍀と女性🌸は感じ方、考え方、物事の理解の仕方に、根本的な違い⚡️がある。

子供👶の誕生🌸ほど、こうした男女の違い⚡️を際立たせる⤴️ものはない✊」

と言う。🎵

たとえば、

①家事分担🍀の考え方が異なる。⚡️

妻は五分五分🎵を求めるが、夫は少し手伝っている💓だけで「俺はやっている✊」と主張する。

②出産後の夫婦の話題🎵が子供👶中心になり、
夫婦としての会話🎵が極端に減る。⤵️

同時に性的💓な接触も激減⤵️⤵️する。

③乳児期、妻は子供と24時間一緒に過ごすため、誰か大人と話がしたくてたまらない。😓

疲れて帰宅した夫🍀が、このことに理解がないと摩擦😨が生じる。

④子供が病気🏥になった時、仕事を犠牲にしなければならないのは妻🌸、という暗黙🌚の了解がある。


さて、調査の結果🌸、

「出産後、2人の関係が向上した💕」

と答えた夫婦が19%いた。

ベルスキーさんは、この19%に注目👀🌟した。

そこには、いくつかの特徴✨があった。

たとえば、

①それぞれの欲求💕よりも、夫婦がチーム🎵になり一緒に行動✊した。

②家事分担や仕事における不一致を、双方が納得いくまで話し合った。🎵

③ケンカは相手を責める⚡️「破壊的なケンカ」ではなく、

互いの気持ち💓を話す🎵・聴く👂という「建設的なケンカ」を心掛けた。☀️

④努力して夫婦の会話🎵の時間🕑を確保した。

⑤親になって初めて、自分を育ててくれた親🍀の苦労が分かり、☀️

親との関係🌸がさらに深まった。☀️

⑥家庭🏠の中心は子供ではなく、夫婦の絆🌟という共通理解🌸があった。

などなど。


人生🍀には節目👀がある。

子供がいると、子供の年中行事、たとえば七五三👦👧や入学式🏫、卒業式🏁などが節目👀になる。

それは夫婦の関係🍀を見直す絶好の機会🌸にもなる。

数奇な運命で出会い、結ばれた男と女だ。😊🎵

その関係を大切🍀にし、

そして、楽しもう。😊💕


(「みやざき中央新聞」H29.6.12 水谷さんより)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 師と弟子⑥ | トップ | ガンはありふれた病気① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。