hideyukiさんの、今日もみんなガンバってますね!笑み字も!Webにも楽しさと光を!

日々の成長の糧などを綴ります。
楽しさ、感動、知恵が学べる。
(^_^)私はとっても普通の人です。

頑固な意識、柔軟な意識

2017-04-29 17:49:42 | お話
🍀🍀頑固な意識、柔軟な意識🍀🍀


ほとんどの人間は頑固な性格です。

過ちを犯しても、自分が悪いと思いません。

あなたが、そうさせたから悪いのだろう、とすぐ人のせいにします。

誰に言われようと、自分が出した結果に、誰彼の意見がかかわることはありません。

すべて自分が出した意識の結果です。

他人責任という言葉はありません。

すへて自己責任なのです。

例えば、誰かが私に、頼み事をしたとします。

こんなことをすればうまくいかないのに、

と思いつつ、頼まれたのだからその通りにやれば良い、

と自分の思いとは、裏腹な行動を起こすとします。

その結果、私が思った通り、円滑にことが進まなかった、とします。

しかし、私は、言われた通りやっただけで、私には責任はない、と主張するでしょう。

しかし、このときの失敗の罪は、

依頼者の罪より、私の罪の方が大きいのです。

一般的には、

「言った奴が悪いのだよ」

「あなたは言われた通りやっただけで、あなたに責任はないよ」

と思いがちです。

では、「どうして私に重い責任が生じるか」ということです。


私は、私のエネルギーに逆らったのです。

エネルギーとは意識のことです。

この罪の清算は、人間界の作った罪の清算ではなく、

自然の法則によって、裁かれるわけですから逃げようがないのです。

肉体の怪我や病気など、日常生活の中に何らかの形に現れてきます。

天罰とは、自己責任に意識を向けさせるために存在するのであって、

天に逆らった罰だ、と表面的に存在するものではないのです。

それでも頑固な意識を持っている者は、

天罰だ、と夢にも思いませんから、

自分の身に起こった災難だと思い、

相手の損失と自分に起こった災難とは、別の問題だと信じ込んでいます。


この世にかかわる出来事で、自分自身に関係のない出来事は、一物もないのです。

なぜなら、人の数だけ命があるのではなく、

たった一つの命が、すべてを生かしているからです。

たった一つの生命循環の中に、私個人に関係ない、という行動意識は、絶対に成り立ちません。

すべて、連帯責任なのです。

頑固な性格の人が多いと、社会は円滑にまわってきません。

頑固な性格から柔軟性の性格に、

自分自身が変わることが大事だと思います。

失敗を自己反省し、原点である意識を変えていく。

これこそが、柔軟性を持つ心、天の道だと思います。

自己反省とは、法則に軌道修正したということです。

法則という無限循環に導かれ、

無限の道を歩む心、この柔軟性を持つ意識、悟り、そのものです。

逆も真成り、といえます。

他人に成している、とは自分に成している、ということです。

何故かというと、生命一元の中に、他人が存在しないからです。

自分では、相手を他人だと思っていても、

真実の世界で他人という世界は、存在していないのです。


目に見える世界だけを信じて生活をしている人たちには、

すべての人類が兄弟姉妹などとは、信じろと言う方が罪かもしれません。

何故かというと、自分を産んでくれた親も、自分が産んだ子供も、全て空という親が生んだ肉体結果であり、

われわれは、空という親に生かされている立場なのです。

この立場は、自我の心で、私はそんなこと信じない、

私はそんなこと認めない、

といくら思ったところで、「真」成る法則は変わるものではありません。

法則を認め、法則に法って歩むことが大事な意識だと思います。

法則という親は、私たち子供を殺しめたり、罵ったりという行為は絶対いたしません。

法則という親に逆らって、

法則という親の言うことを聞かない結果、

失敗という世界があるのです。

たった1人の生命親のことを、神といいます。

神は万象万物の親なのです。

たった1人の親が、何十億の人間を生んできたのです。

宇宙は神という生命体、

だから世界みな兄弟で宇宙家族なのです。

「我、個人に有らず」

「我、宇宙なり」

と、柔軟の意識を持つことが最も大事なことと思います。


(「フリーエネルギー版、宇宙のたった一つの神様の仕組み」飯島秀行さんより)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意識がエネルギー | トップ | 固定概念 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。