hideyukiさんの、みんなガンバってるね!笑み字も!Webにも光を!

日々の成長の糧などを綴ります
感動、関心、知識が集まる。
(^_^私はとっても普通の人です。

叱らない子育て方法

2016-10-15 12:05:04 | 日記
🌸🌸叱らない子育て方法🌸🌸


今日は子育て🍀の話をします。

子供たち👦👧が親👨👩の言うことを何でも聞き、

言ったことを受け入れて💕くれるのであれば、
子育ては難しくありません。😄☀️

しかし、そうではないから子育て🍀は難しいのです。😵

ですから、まずは親🌸が子供たちの行動🚶を理解☀️し、

どのように対処🌸していけばいいかを知ること🍀が大切です。


昔、息子が通っていた保育園🏡で、こう言われたことがあります。

「お宅の子供さん👦のことで困っています。😵

私が話を始めたら🎵壁のほう向いてしまう。😵

話を聞いてくれない👂から協力🌸してほしい」

と。

この問題行動🌸は保育園🏡と言う場所で、
保育士さんを相手🍀に起きている問題です。

それなのに、親👨である僕が
保育園🏡での子供👦の行動について何ができるのだろうか☁️☁️と思いました。

「僕にできることがありますか?😄」

と聞いてみると、

「家で抱きしめて🌸あげてください」

と言われました。✨

つまり問題行動の原因🍀は、親の愛情💓不足だと言われたのです。😵

ただ私は、これは愛情💓不足🍀の問題ではないと思いました。☁️

今、愛情💓不足の子供たち🌸がいるとは思えません。

親の愛情過多😵だったり、愛情過多であるのに、

子供が「もっと愛してほしい✊」と願う愛情💓飢餓の状態です。

ですから愛情不足が問題🍀ではないのです。

それから、この問題の行動が向けられている相手🌸は、

他の誰でもない保育士🌟さんです。

つまり、結局は保育士🌟さんの問題なのです。

それを親🌸の問題🍀にしてしまうのは、おかしな話です。

子供を愛さない親はいませんから、😄

「愛情💓不足」だと言われても親は困ってしまうのです。😄☀️

ただ、愛💓だけの子育てではいけませんので、

親🌸は子育ての「方法🍀」を学ばなんてはいけません。😄☀️


子供が問題行動🌀を起こしたら親は何をするか。

きっと「叱る⚡️」という行動🌸に出ると思います。

ところが、叱っているにもかかわらず、
子供は行動を改善しません。✊

毎日☀️毎日☀️、同じように子供は問題🌸を起こして、親は叱り⚡️ます。

このとき、何度叱っても子供が行動を改善👑しないのであれば、

それは、叱り方の程度🌸が足りないのではなくて、

「叱る⚡️」という方法🍀そのものを改善🌸したほうがいいと考えてください。😄💕


なぜ叱っているのに子供たちが言うことを聞かないのかというと、😄

子供たちは、自分の行動🚶を完璧🌸に理解🌟しているからです。

いわば確信犯⚡️なのです。

ですから、子供を叱っても問題🍀は解決しないということです。⚡️✨


「叱る⚡️」という行為には、2つの問題点🌸があります。

1つは、親🌸と子供👦👧の関係が遠く☁️☁️なってしまうことです。

関係🌸が遠く☁️☁️なると、子供はもっと言うことを聞いてくれません。😵


もう一つは、子供が親の顔色🌊🌁☁️☔️を伺うようになることです。😵

親の顔色🌸を見て自分が行動するかどうかを決めるようになります。⚡️

自分から進んで🏃🏃何かをしたり、
独創的🍀なことをしたりするような子供にはなりません。😵


叱られる⚡️か叱られない✊かで行動🍀するのを決める💓のではなくて、

自分で自分の行動🍀の適否⭕️❌を判断🌟して行動できる子供🌸になってほしいです。💕


これら2つの問題🍀があるので、

親🌸は子供を叱っても意味🍀がないと言うわけです。😄🎵


では、叱らないのであれば、親🌸は何をすればいいのでしょうか。☁️☁️

息子が2歳の時、ミルク🍼の入ったマグカップ☕️を持って歩き👟👟ながら飲もう👄としていました。

次の瞬間⚡️に何が起こるか予想🌸できますかね。🎵

多くの親🌸は、何も起こらない段階でその行動を止めよう✋💢とします。

もちろん、このミルク🍼がとても熱く♨️て火傷💢をすることがわかっているときや、

それがガラスのコップ🍷であれば
止めないといけないと思います。😄


そういった危険⚠️はなかったので、

僕が何も言わず見て👀いると、
息子はミルク🍼をこぼしてしまいました。💨

この時、僕は叱らずに

「どうしたらいいと思う?」

と聞きました。😄☀️

息子は

「わかってる。雑巾で拭く🌟」

と言って、雑巾で床を拭き始めました。😄💕

このような時、親🌸が子供の代わりに雑巾で拭くことがありますが、

そうすると子供は

「自分が何をしても、親🌸が尻拭いをしてくれる」

ということを学んでしまいます。😵

そして僕は、同じ失敗を何回も繰り返されては困るので、息子🌸に、

「次から、こぼさないようにするにはどうしたらいいと思う?😄」

と聞きました。🎵

息子🌸はしばらく考えて

「座って飲む🌟」

と答えました。😄

そこで僕は

「じゃあ、これからは座って飲んでね🎵」

と言いました。💕

これで一件落着🌟🌟🌟です。

この間、全く叱っていませんし、

自分の失敗😵の責任🍀は自分できちんと取れるというわけです。☀️


また、経験🌸された方が、たくさんいると思いますが、☁️☁️☁️

子供が、おもちゃ売り場🚂🎮や、お菓子🍫🍪売り場の前で、泣き出す😂ことがあります。

親は

「あんたなんかもう捨てて帰るから⚡️」

と言って、その場を立ち去ろう🏃☁️☁️としますが、

結局10分🕑くらいしたらその場に戻り、

ずっと泣き続けている子供😂を見て👀💢、
結局、買ってあげます。😵💕

それなら最初から買えよ😳、という話です(笑)。


同じことを僕も体験🌸しました。

僕は、息子👦に対してこう言いました。😄☀️

「泣かなくても😂いいから、言葉🍀でお願い🌸してくれませんか☁️☁️」

と。🍀

息子が3歳の時🌟でした。

すると息子は泣き止んで😳

「あの、お菓子🍪を買ってくれたらとても嬉しい💕んだけど」

と言いました。🎵


親🌸は子供の要求内容🎵が嫌なのではなくて、

要求の仕方🍀は嫌😵なのです。


ですから、親が子供🌸に教えなければならないのは
適切🌟な要求の仕方🍀なのです。

と、いうことは、

親🌸が子供👦👧に対しても同じことをしてはいけません。✊

感情的⚡️に子供を叱る⚡️と、子供も同じようなことをします。🎵

親🌸がまずモデル🎵になりましょう。

親🌸が叱らずに言葉🍀でお願い💕することをやっていけば、

子供たち👦👧もやがて学んで✊くれるはずです。😄💕☀️


(「みやざき中央新聞」ベストセラー『嫌われる勇気』の共著者 岸見一郎さんより)


教えるって、大切ですね!(^_^)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一万時間 | トップ | 聖心女子OG対談⑤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。