hideyukiさんの、みんなガンバってるね!笑み字も!Webにも楽しさと光を!

日々の成長の糧などを綴ります
楽しさ、感動、知識が学べる。
(^_^私はとっても普通の人です。

草主人従

2016-10-08 14:49:52 | 日記
「草主人従(そうしゅじんじゅう)」


今、自然と人間との共生が叫ばれていますが、

現代人の多くは自然と人間を対等と意識しているか、

人間が自然を支配しコントロールしていると思い込んでいます。

江戸時代には「草主人従」という考え方がありました。

地球における主役は自然であり、私たち人間は厄介者だという発想です。

江戸時代に自然と人間が共生できていたのは、

単に科学技術が発達しておらず、自然が豊かだったからではなかったのです。

また、江戸時代の人たちは、自分とは異なった意見や少数意見も大切にしたそうです。

200年以上も天下泰平が続き、凶悪な犯罪やいさかいは驚くほど少なかったのです。

各地から人が集まり、人口100万人を超えていた大都市・江戸でさえも治安がよかったのは、

異文化との共生の叡智を人々が身に付けていたからでしょう。


(「みやざき中央新聞」白駒さんより)


人は自然をよく知っていたのでしょうね。(^_^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悟り🌟 | トップ | これからは、二極化(1%①) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。