hideyukiさんの、みんなガンバってるね!笑み字も!Webにも光を!

日々の成長の糧などを綴ります
感動、関心、知識が集まる。
(^_^私はとっても普通の人です。

聖心女子OG対談⑤

2016-10-15 12:07:49 | お話
🍀🍀人生🍀をどう生きるのか🌸🌸⑤


(🔹曽根綾子さん🔸鈴木秀子さんの対談🌸)


🔸私の人生の転機🌸について
少しお話しさせていただくと、40歳くらいの頃に臨死体験😇をして、

そこから、人生観🌸というものが大きく変わり🔄ました。🌟

その頃、私は近代文学学会🌸に属していて、
奈良であった学会🌸に参加🍀したんです。

宿泊🏨したところが、宮様🏯のお屋敷を改造した修道院⛪で、

部屋までは急な長い梯子⭐が掛けてありました。

私は夜中🌌に廊下を歩いていて
足を踏み外し😵、下まで落ちてしまったんです。😵

すぐにシスター🌸たちが駆け寄ってくれたらしいんですけど、

5時間くらい意識🍀がありませんでした。😵

🔹その間に臨死体験😇をなさったのね。

🔸気がつくと、運ばれた病院🏥の部屋の真ん中に立っていて、

それを斜め上から見下ろして👀いる、もう1人の私🌸がいました。

私が立っている下に台座👑があって、その周りに筍(たけのこ)の皮みたいな、

どうも、それは🌸蓮の花🌸だと後で思ったんですけど、
それが1枚1枚落ちていく。⤵⤵

見ているもう1人の自分は、何とも言えないほど心地がいい💕んですね。

頭も冴えていて痛み⚡はまるでない。✊

1枚🍃落ちるたびに世俗的🏢🏡なことから一つひとつ自由🍀になっていく。

🔹しがらみがなくなり自由🍀になる。
最高👑の感覚💕ね。

🔸あと1枚落ちたら完全に自由🍀になるという時、

斜め上から見ている自分と、立っている自分とが1つになって、

スッと☁☁昇っていく⤴⤴感覚🌸を得ました。

気がつくと全面、果てしないく白っぽい光☀に包まれているんです。✨✨✨

「ああ、この世界は永遠🌸であり、

すべてが生命💕なんだ」

と思いました。😊

そうしたら、人とは思いませんでしたが、

命💓の源🌞と思われる方が

目の前🌟に立っていらして、

私のすべて😊をわかった上で許して🌸くれて、

しかも、

すべてを満たして🌸くれている。


これこそが愛❤だと思いました。

その存在✨が言葉🍀ではなく、

心💓と心💓が通じるように

「もといた世界🌏に帰りなさい🎵」

と言ったんです。😊

そして、

「これから大事🍀なことは、

知ること🌸、と、

愛する❤こと

だけです☀」

と。

知る🌸というのは、人を本当🍀に理解🌟していくこと、

愛❤とは現実🌸を見つめて受け入れていくこと。💕

真の叡智🌸と慈悲❤。

そう表現🍀できのではないかと思います。😄☀


目が覚めた😳後、数日間は奈良にいましたが、

稲を刈り取った後の田んぼの光景🍀と、
干してある稲の匂いがとても気持ちいい💕んですね。

稲の匂い💕と全宇宙🌌、人🍀、自分💓が深いところでつながっている。😊💕

すべてが一体🌸なんだという感覚🌸なんです。😄


私がコミュニオンと呼ばれる活動🍀を開始🌸したのは、
そういう命💓の繋がりを多くの人と分かち合いたい💕と思ったからなんです。😄☀


🔹先程の愛❤のお話を実に具体的に書いてあるのが、

『聖書』の「コリントの使徒への手紙」ですね。

「愛❤は寛容であり、愛❤は情け深い。

また、ねたむことをしない。✊

愛❤は高ぶらない、誇らない、

不作法をしない、自分の利益を求めない、

いらだたない、

恨みをいだかない。

不義を喜ばないで真理🍀を喜ぶ。💕

そして、すべてを忍び、すべてを信じ、🍀

すべてを望み、すべてを耐える✊」

という一説✨があります。

鈴木さんがおっしゃったように、

私たちは善意🌸があると、すぐに誰かを変えよう⚡と思うんですね。

「ここがダメ😵だから、こんなふうに直しなさい👉」

と。

だけど、『聖書』でいう愛❤は変えるのではない、

ただ相手をそのまま受け入れ💕なさい、

耐えなさい✊と書いてある。😊

相手を許し🌸、受け入れる💕とは、そういうことかもしれませんね。😄🎵


(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 叱らない子育て方法 | トップ | 笑み字(^_^)、久子さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。