川口英俊の日記

川口英俊の日記・毎日更新・13年目に
悩み相談は「hasunoha」へどうぞ http://hasunoha.jp/

今の私の政治に対してのスタンスについて・4

2011年07月03日 | 徒然日記・日々の記録
さて、私が平成23年10月2日(日)に予定されている東大阪市・市議会議員選挙に立候補を表明・予定していると、私に対しての誤解(私が市長選・市議選に出るなど)も幾ばくかまだあるようでして、その解消のために、これまでも下記のように、私の政治に対してのスタンスについての見解を述べさせて頂いております。

今の私の政治に対してのスタンスについて・1
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

今の私の政治に対してのスタンスについて・2
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7451986ba59b0d95e19b2d1a93bc3550

今の私の政治に対してのスタンスについて・3
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3412e6260df5dd79193c0def81f7d611

さて、特に、今回は「今の私の政治に対してのスタンスについて・3」にて述べさせて頂いていることとの関連となって参りますが、

前回に述べさせて頂きましたように、政治の世界は、仏教的に申しますと、六道輪廻の一つ、修羅道の世界と同様であり、様々な煩悩・執着・妄執によって、常に争いに迷い苦しむ世界であります。

票・当選争いはもちろんながら、付随しての権力闘争・利権争いなどにより、煩悩・執着・妄執の激しくなる典型的な世界ですから、十分に関わることには気をつけておかないと、常に様々なトラブルを抱え、不安・恐怖・ストレスだけではなく、誹謗中傷や嫌がらせから、間接・直接の危害・厄災が及んでくることもありえるだけに、よほどの覚悟がないかぎりは、関わらない方が無難であると言えるでしょう。

これは少し偏見かもしれませんが、政治に対しての関わりの強い方で、正直、幸せな人を探すのは難しいのではないかとも思えます。

周囲の身近な政治家、知事・市長・都道府県議・市長村議たち、または、衆院・参院の国会議員たち、あるいは過去の政治家、権力者たちのことをよくよく考えてみて頂ければと存じますが、確かに地位・名誉・金・権力などについて、一見、世俗的には幸せそうには見えることがあったとしても、冷静に考えてみると、案外、本人、身内、周囲と、不幸になってしまっている者の方が歴然として多いと言えるのではないかと思えます。

また、私が政治の世界で拙くも実地に体験したことから更に述べさせて頂きますと、志あり、真面目な者ほど、その迷い苦しみも増大していくという理不尽さが控えている世界とも言えるでしょう。

ただ、上記のことも、幸せ・不幸せも人それぞれの捉え方次第のところであり、評価・判断も人それぞれにより大きく左右されますが、仏教的見地から述べさせて頂きますと、政治に関わる中では避けることができずに抱えてしまう煩悩・執着・妄執があまりに大きく、また多いため、「ほとんど不幸になることが決まっている、不幸は避けられない」と断言できるほどに、常に迷い苦しみ続けると言えます。

もちろん、程度が世俗一般の中で比較して相対的に強いといえるだけで、迷い・苦しみの根源である無明により、輪廻の大海に深く沈み込んでいる私たちは、常に迷い苦しみ続けていることにいずれにせよ変わりはありません。

確かなる「出離」、「菩提心」の滋養、「智慧と慈悲」の実践、そして「無明」を排撃し、輪廻からの解脱を図れるように調えていくことが最も望まれるところでありますでしょう。

次回へと続く・・
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴れ一時雨 | トップ | 曇り »
最近の画像もっと見る

あわせて読む