川口英俊の日記

川口英俊の日記・毎日更新・12年目に
悩み相談は「hasunoha」へどうぞ http://hasunoha.jp/

「ダライ・ラマ法王と若手宗教者100人の対話」に参加

2013年11月19日 | 徒然日記・日々の記録
終日、「ダライ・ラマ法王と若手宗教者100人の対話」に参加。

http://www.live-on.me/compassion/index.html

早朝に夜行バスが無事に東京駅へと到着。会場である増上寺へと向かいました。東京は快晴。

誠に有り難き幸せなる一日となりました。

開式後、ダライ・ラマ法王猊下様御登場、そして、荘厳なる増上寺様によるご法要の後に、いかにして悲しみから希望を見い出していくべきかということについて主催であるリヴオン代表の尾角さんのお話、ダライ・ラマ法王猊下によるご法話、並びに猊下とご登壇の皆様との対話、と誠に良いお話をたくさんお聞かせ頂けました。

僭越ながらに会場からの質疑応答にて最後の最後での猊下への質問者となる機会にも恵まれまして、また、ご問答の直後に猊下より手を差し伸べて頂きまして、もったいないことにも握手をして頂きましたことは、この生涯における衝撃的出来事となりました。この感動を終生忘れることはありません。改めまして関係各位の皆様方には厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。この感激を胸に、これからも色々と一つ一つ精進努力致して参りたいと存じます。

実はまだ、確認ができておりませんが、あまりにも緊張し過ぎており、正直、正確に拙生の本来考えていたご質問の内容が言えたという記憶がございません・・

趣旨と致しましては、「空と縁起」に関しましてですが、ツォンカパ大師の・・ここで実は「道の三要訣」を「縁起賛」と言ってしまって引用をまず間違えてしまいました・・(「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/044d3b0d3e30e86e9a94bdc7b5d51266

そして、「空」によりて「無の辺」を排し、「縁起」によりて「有の辺」を排すとある内容について、この内容に対しての・・ここで勝義諦を示すものとして捉えてよいものであるのかということをお聞き致すことが、はっきりとは言えていなかったような気が・・

それと共に、「空」と「縁起」が同じ(意味)であることに関しての世俗諦と勝義諦における相違について、どうかお教えを賜りたくに存じます・・として・・確か猊下の御回答が始まりました・・

この御回答の内容につきましては、また改めまして精査いたした後にお示しができましたらと存じますが、質問に間違いと曖昧さが出てしまい、正直、緊張し過ぎて「飛んだ」状態となってしまいました・・

それでも有り難くにお答えを賜れましたダライ・ラマ法王猊下には改めましてのご敬服を申し上げます。

また、午後からのワークショップでは多くの僧侶、宗教関係者の皆様とのご縁を頂戴致しました。

このご縁を更にこれから意義あるものへと広げて参りたいと考えております。どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。















2013.11.19「ダライ・ラマ法王と若手宗教者100人の対話」ダイジェスト版
http://www.youtube.com/watch?v=Sg-mUrW4CUU

ご指摘賜りまして、観て参りますと、なんと、最後の方にて拙生との握手のシーンが!!

あぁ、なんと有り難きことでありますでしょう・・この時のことは実は緊張と感激のあまり、何が起こったのかあまり覚えておりませず、改めて拝見致しまして、なんと幸せなことでありますでしょうか・・

深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます慈悲深きダライ・ラマ法王猊下の御長寿を心から祈念申し上げます。

川口英俊合掌九拝

・・

ダライ・ラマ法王猊下、ご来日。今秋も日本における多くの方が猊下に依りましてのご法縁にあずかれますこと幸甚の極みに存じ上げます。どうか宜しくお願い申し上げます。川口英俊合掌九拜

ダライ・ラマ14世が来日 26日まで各地で講演
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131115/asi13111511490004-n1.htm

今秋も私たち日本人においては、機会を得られれば、僅かに一目だけでもダライ・ラマ法王猊下のご尊顔を拝すことができる恵まれた境遇にございます。

これまで、ダライ・ラマ法王猊下のお名前も叫びながら、一目お逢い致すことさえも叶わずに、抗議の焼身自殺をなされていった本土における百名を超えるチベット人たちの無念さを思う時、何と私たちにはもったいない有り難いご縁が頂戴できるのかと・・涙が溢れます・・

本土内地のチベット人たちの悲痛なる叫びの声を国際社会は決して無視してはならないと存じます。

「焼身のチベット僧侶、死亡 20歳、ダライ・ラマ14世の名、何度も叫び」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131113/chn13111313580006-n1.htm

「チベット族僧侶が焼身自殺図る 中国、抑圧統治に抗議」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131112/chn13111212530002-n1.htm

・・

ダライ・ラマ法王 2013年 来日情報
http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/2013/

19日には増上寺にて「ダライ・ラマ法王と若手宗教者100人の対話」が開催されます。拙生も半分諦めかけておりましたが、何とか参加予定となりました。猊下のご尊顔を拝し奉ることができそうでございます。有り難いことでございます。御法縁に厚く感謝申し上げます。
http://www.live-on.me/compassion/index.html

FBFの僧侶の皆様や、hasunoha( http://hasunoha.jp/ )の僧侶の皆様にも幾人かお会いできるかもしれませんので、その際には、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

また、FB上では25日の講演での猊下へのご質問を募集されておられます。

ダライ・ラマ法王 2013年 来日講演
https://www.facebook.com/hhdl2013japan

どうぞ皆様方もご質問がございましたら是非ご活用下さいませ。

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

深遠なる空と縁起の理法をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下の御長寿を心から祈念申し上げます。

川口英俊合掌九拝

・・

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

下記問いに回答させて頂きました。

問い「かっこいいとはこういうことだ。」
http://hasunoha.jp/questions/270

拙回答

「智慧に優れ、慈悲に溢れた人」

ゆーり様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

『お坊さんたちの「強い人、かっこいいと思える人」』ですか、、

もちろん、お坊さんたち個々人でも色々と違ってくるかとは存じますが、仏教的には、「智慧に優れ、慈悲に溢れた人」となるでしょうかね。。

智慧とは、真理(空と縁起の理法)を理解できる賢い力のこと、慈悲は、苦しみある者たち、迷いある者たちを、憐れみて、何としても救いたいんだと、その者たちを慈しむ心のこととなります。

そして、決して悪い行いをなさずに、善い行いに努めている方となりますでしょうかね。。

実はゆーりさんの考えるかっこいい男の項目とも色々と重なるところがあります。

・己に徹し人のために生きる。自分を殺し、他人を生かす。縁の下で目立たない様、輝きを放つ人。
→ まさに「利他行」という慈悲の行為に近いです。

・自分にもっと厳しく、人にもっと優しく出来る人。
→ 他に優しくできるというのも大切な慈悲の行いとなります。

・腹を痛めて生んでくれたお母さん、養ってくれたお父さんに「有難う」が言える人だと思います。
→ 報恩功徳が積めることも仏教的には大切なこととなります。

それと、最後の項目は、仏道を歩む際に大切となる「菩提心」を起こす上での重要な考え方に繋げることもあります。

この世界における迷い苦しみある衆生たちは、幾過去世にわたってのかつての自分の父・母であると捉えて、その私の父・母たちであった大恩ある者たちが、いまだに輪廻に迷い苦しんでいると憐れみ、何としても救いたいという慈悲の心を起こして、その衆生たちを救うために頑張って悟りを目指し、仏道を歩むのだとしての「菩提心」を起こすことが求められることとなります。

先のゆーり様の問い「強く、かっこいい男になりたいと思いました。」の内容と同様に、何事も目的へ向けて堅固に決意し、そして実際に実践し、精進努力していくことが大切となります。まさに、その決意が仏教の場合では「菩提心」というものとなります。

「菩提心」につきましては、下記拙論も少しく参照して頂ければと存じます。

『菩提心論』
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/ab6b92316d5f1aaee32257a8169986b2

是非、共に頑張って、「強く、かっこいい男」になりましょう。

川口英俊 合掌

・・

hasunohaでの一つの問答・問い「facebookのリア充アピールがうざい」 http://hasunoha.jp/questions/256 が、ライブドアニュースにて紹介されたようです。有り難しです。

http://news.livedoor.com/article/detail/8238942/

・・

「Hasunoha」にて頂戴いたしました「有り難し」数、1000を超えました。一つの節目として頑張って参りました。ありがとうございます。

http://hasunoha.jp/users/16

既にかなり前にて1000を超えておられる浦上様や丹下様に追いつけるようにこれからも鋭意精進努力して参りたいと存じております。

最近、質問のペースがまた上がってきており、ネット上も含めてhasunohaの認知度がかなり高くなってきているかと存じております。また近々には更に認知度が上がるであろうことも予定されており、まだまだ登録僧侶の募集もされておられます。

僧職におられる皆様方におかれましては、この機会にも是非、ご登録のご検討頂けましたら幸いに存じております。

http://hasunoha.jp/document_requests/new?signup=true

是非、共に切磋琢磨致しつつお役に立てれますように頑張って参りましょう。


これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

【検証総評】「Hasunoha」・拙100回答について(2013.9.11) 
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0277be21aed08793181327a1483eb5e0

・・

現在「待ち」の書籍たち

『ツォンカパのチベット密教』齋藤保高先生著 大蔵出版

いよいよ来月に正式刊行。心からご随喜申し上げます。

http://rdor-sems.jp/index.php?ツォンカパのチベット密教

シリーズ大乗仏教8「如来蔵と仏性」春秋社

刊行を首を長くして待っておりますが、なかなか出ません・・
もちろんお目当ては、松本史朗教授の「空と如来蔵」の内容です。

http://www.shunjusha.co.jp/series/96/

新進気鋭の起心書房さんは、来年の二月にインド・チベット仏教の重要文献の和訳研究の成果を三点も出されるようです。こちらも見逃せません。

http://kishin-syobo.com/

http://kishin-syobo.com/index.php?編集室から

あとは、『インド論理学研究』の第六弾です。。

http://blog.goo.ne.jp/indianlogic

年末、年始と精読に勤しまないといけませんね。。大変です。。

・・

『チベット仏教 高僧法話集』チベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ)



この機会に「パンチェン・ラマのラムリム」と「チベット仏教常用経軌集」も共に。

チベット仏教普及協会(ポタラ・カレッジ)
http://www.potala.jp/

・・

【チベット問題】

チベット問題・焼身抗議等の詳細情報は、チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信・中原一博氏のブログが参照となります。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

「太陽を取り戻すために チベットの焼身抗議」中原一博氏著
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51799025.html

無償ダウンロード
https://docs.google.com/file/d/0B6cmrkvyxC23QmhCRTZyeWRrNm8/edit

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」~チベット問題・焼身抗議を考える~
http://t.co/PwVvYWck

チベットが直面する問題 (2012年)
http://t.co/lavJOBR9

「偉大なる第十四世(ダライ・ラマ法王猊下)の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://t.co/BKpRZFZ6

・・

仏教拙理解図式No.6ご提示・・
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/54/bc/f9642eafccec96b6a071f47786f8c7c7.png?random=311f67030ac1992545e137116e49c74f

http://hide.noblog.net/blog/11506034.html


怠慢にも前回から3ヶ月も経ってしまいましたが、ようやくに仏教拙理解図式No.6を作成させて頂きました。まだまだ未熟な点、浅学菲才なる点も多々ではございますが、更に考察を繰り返していくことにて完成を目指して参りたいと存じております。ご叱正・ご批正を賜われますよう、どうか宜しくお願い申し上げます。川口英俊拝

・・

「勝義方便メモNo.9」を新規に開始予定です。
No.8
http://togetter.com/li/456916
No.7
http://togetter.com/li/442609

・・

平成25年・お盆施餓鬼法要 法話内容ロングバージョン・Ustream録画配信
http://www.ustream.tv/recorded/37310471

平成25年・春季彼岸施餓鬼法要 法話内容「供養について」
Ustreamにて録画・公開
http://www.ustream.tv/recorded/30149099

平成25年3月・春季彼岸施餓鬼法要配布用施本
「十三仏 追善供養を司る如来・菩薩たち」ネット公開
http://oujyouin.com/13butu.html

コラム「追善供養・功徳回向の考え方について」 1~5
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108201.html

2013.3.11 東日本大震災・犠牲者諸群各霊位・三回忌追善供養
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52120839.html

最近の仏教思想関係の主な考察についてのまとめ集
http://t.co/RZJudE4f

「お通夜式、お葬儀式の導師についての自省と自戒のために」(川口英俊拝)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/ef5f6cca53cff32fb5fd1def4d9492e6

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

「拙対外活動に関しましてのお知らせ(川口英俊拝)2013.1.26」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/575ba7b05497e7ee3d893a2ab0c39bc3

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒く・・ | トップ | 昨日の反省 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む