ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

グシャグシャな1日

2017-08-31 23:39:50 | ひでんかの「日々の徒然」

8月月末です。

出社して、まずは「請求書を出す」と決めて、会社に着くと...
「社長は大阪に出張です」
「え?!?」

まあ、よくあるお話で、請求書の発行は任されているので、社判を探すと...
「あるべき場所にありませ~ん」
「昨日使った方は?」
「戻しました~」
「昨日、社長が使っているのを見ました!」
そこで、出張中の社長さんに電話すると
「コッチで使うかと思って持ってきた」
「今日、請求書出せませんよ~~~」
(出張から戻ったら、明日ハンコを押して出します。とのこと)

気を取り直して...
WEBページを作り直すことになり、古いページからデータを移行しなければなりません。
先週、システム担当(同級生)に依頼があり、先週末にガンバッテExcelの表に加工して、社長さん宛に送ってあります。
中身のデータをクリーニングしなければいけないのですけれど、営業の皆さんは
「その表、見ていません!」
「・・・」
またまた、社長に聞くと
「見たけど、どうすればいいかわからないから、そのまま」
(わからなかったら聞いて下さい!!
システム担当には
「ありがとうございました。
こちらで解析します」と、返信しているじゃないですか!?!)

結局、私が見ることになり、それを見ていると、一人の女性社員が横に来ました。
「ひでんかさん、私、今日で退職するのですが...」
「ええええええ????」
(聞いてないよぉ~~~)

隣の席の男性から
「ひでんかさん、何も聞いていなかったんですか?」
「男性が辞めるのは、聞いていましたけど」
「今日は「天中殺」ですね」
(この言葉が出るところで、年齢がわかりマス?)

「大丈夫ですか?頭の中、整理されてます?」
「グシャグシャです!!」

気合いを入れて(?)モロモロ片付けていきましたけれど、結局、全てキレイにはなりませんでした。

宿題&来週にします。

ちなみに、本日退社のYさんは、私が帰る時点で、まだ机の上がテンコ盛り!!
今日中に片付いたのでしょうか...?

イロイロ積み残して、8月が終わります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眠り病?

2017-08-30 22:12:57 | ひでんかの「日々の徒然」

なぜだか今日は異常に眠いです。

昨夜の睡眠時間は6時間。
(いつもより長いくらい?)
にも、かかわらず

午前中2時間

午後1時間

お昼寝をしてしまいました。

そして、まだ夜の10時を過ぎたところなのに眠いです!!

眠り病?

(さすがに「眠り姫」とは言いません!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伐採

2017-08-29 17:35:14 | ひでんかの「日々の徒然」

私が住んでいるマンションは、近隣のマンションと比べて、敷地内の「樹木率」が高いです。
それが「お気に入り」だったりするのですけれど、築年数が重なってくると樹木も成長して、いろいろと問題が出てきます。

今回は、隣接するマンションの駐車場の車が、毛虫の被害にあったそうで、カエデの木が足下からバッサリ!!
桜の木も、お隣の側の枝が切られてしまいました。

マンションと一緒にここまで大きくなって、カエデも桜も、木には何の罪も無いのに。
(とはいえ、確かに車が毛虫だらけになるのも困ります)
難しい問題ですが、そのうち、桜の木も全て伐採されてしまう日が来るのでしょうか...。


 残った木の影陰が映る、なんだか寂しげな「切り株」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夜中の西武秩父駅

2017-08-28 23:45:43 | ひでんかの「日々の徒然」



終電が着く直前。

だ~れもいませんがキレイ!

(この時間には二度と来ることは無いでしょう)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参加できることの幸せ

2017-08-27 16:27:28 | ひでんかの「日々の徒然」

昨晩、高校の同窓生の集まりがありました。
正式な(?)クラス会や同窓会では無いのですけれど、地元に住んでいる人(地方から駆けつけた方も!)が声を掛け合って「なんとなく集まる会」です。
在学中は同じクラスになった事が無い人がほとんどで、
「高校時代は、たぶん一度も話したこと無かったよね」
(男子はモチロン、8クラスもあったので、女子でも「卒業してから初めて話した」と言う方も!)

数年前の大きな同窓会以来、こうした集まりが時々開かれています。
その中で、クラスメイトの消息も語られるのですが、この歳になると、やはり亡くなった方、闘病中の方などの話題も出ます。
他にも、家族や仕事で苦労されている方もいらっしゃると。

この場に参加できたことの幸せを、出席者全員が感じた夜でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加