ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

地域コミュニティ

2013-06-30 20:39:00 | ひでんかの「日々の徒然」

今日の講習会は、とある市のコミュニティーセンター(公民館)です。
(ちなみに初めての利用です)

訪ねてみると、同じ敷地の中に繋がった建物に
小学校、図書館、音楽室、体育館、会議室etc
が、まとまっています。
会場案内図、利用案内などを見ると、市民が利用するコミュニティセンター部分と「小学校」が共有して使っているようです。

「これ、なかなかいいかも?!?」

今日は日曜日ですので、学校は当然お休み。
でも、「部屋」は空いているので、市民に利用してもらう。
平日も授業で使わない部分を提供しているそうで、「施設の有効利用」度はかなり高いです。
(利用案内に「子ども達も利用しますので、廊下で会ったら、挨拶をしてください」という内容が書かれていました)

学校としても「図書館」等は独自で持つよりも蔵書数も増えるでしょうし、地域の人とふれあうことはメリットが多いと思います。
(ちょうど、囲碁・将棋のサークル?で高齢の方がたくさん集まっている部屋がありました。
例えば小学校のクラブ活動で、おじいちゃん達に将棋を教えて貰うとか...)

子ども達の安全を守ることが優先されている近年。
学校に子どもがいる間、校門はシッカリと施錠されています。
昔、小学校の校庭は、就学前の近所の子どもが遊びに来たり、植物の手入れをしたりするおじさんが居たりしたのですけれど、今はそんな姿は皆無です。
こんな形で、地域の人達と子ども達とが関わりを持てるのは素敵なことだと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病院から

2013-06-29 20:22:51 | ひでんかの「日々の徒然」

昨日のでんかのご実家の新聞騒動(?)
全部片付いたと思いきや、今朝、A新聞が配達されたと。
母上様は、またパニック寸前。
今日は、でんかが居るので、そちらの対応はお任せすることにして、朝食の片付けをしていると、携帯に登録していない番号からの着信がありました。

普段は出ないのですが、なんとなく出てしまったら
「こちらは〇〇大学病院です」
父の入院している病院です。
一瞬、緊張して話を聞くと
「私は循環器科の△△です。
お父様のことについてですが、昨日、熱も出て炎症所見がみられました。
こういった場合、体の中に異物があると悪化することもありますので、一時ペーシングの器械を外しました。
ところが、昨晩、脈の感覚が長くなることがあったので、心臓外科の先生とも相談して、やはり一時ペーシング器を入れようということになりました。
特に問題は無いと思いますが、処置前に一報を入れさせて頂きました」
とのこと。更に
「奥様にお電話したところ、今、出先なので娘に電話して欲しいのと言われたので、こちらに掛けさせて頂きました」
「お手数おかけしました。よろしくお願いいたします」

出先って、どこかトンでもないところへ出かけたのかと、母に電話してみると...
「今、買いものから帰って来たところ。
スーパーに居たら病院から電話がかかってきたのだけど、まわりがうるさくて全然聞こえないから、そっちへ掛けてって言っちゃった。で、何?」
「・・・・・」
(そういうことですか.....)

先生の話を伝えると、
「昨日、行かなかったし、じゃあ、やっぱり行った方がいいかしらね?」
「何か緊急なことがあれば、また電話をくれると思うけど...」

実は、先週
「かなり深刻な事態です」
という話をした先生。
翌日、母が行った際に
「スミマセン。昨日、僕、間違えてお話ししちゃいました。
心臓の方は、そんなに悪い状態ではありませんでした」
と謝った(?)のだとか。
(注・研修医では無いデス)
「ですので、肝臓の状態が良くなって来たところで、カテーテルやりますから」
と言われたそうです。

そこで、ちょっと安心していたところの電話。

先ほどの母からの電話では、
「病院に行ったら、前とは反対側から(一時ペーシング器が)入っていた。
別に、今までと何の替わりもなかった」
とのことです。

このところ、緊張感のある毎日(?)です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひでんかvs新聞屋さん

2013-06-28 22:56:00 | ひでんかの「日々の徒然」

今日はでんかの母上様のお付き添いで病院へ。
来週の診察のための事前採血なので、病院自体はサクサク終わり、
「今日のおつとめ完了!」と思っていたら問題発生!?!

でんかのご実家の新聞。
「ただとっている」だけのようで、いつも配達されたまま置いてありますし、前に、姉上さまと電話でおはなしした際には「新聞やめようかしら」と仰っていたそうです。
姉上さまからも、
「誰も読まないのだったら、もったいないから止めれば」と言われていたので、契約状況を確認しようかと思っていましたら
「こんなものが入っていたのだけど」
と、母上様から見せられたのは、M新聞の
「ご愛読ありがとうございます」
という1枚のチラシ(?カード?)
今、配達されているのはY新聞なので
「どうしましょう。明日から新聞が2つ届いちゃう!?!」
と、パニックぎみの母上様。
「とりあえず確認してみましょう」
と、まずは今入っているY新聞の販売店へ電話をしました。
確認すると
「今月末までのご契約になっておりますが、引き続き...」
(「その件は、またあとで」とそうそうに電話を切ります)
「Y新聞は今月末までですので大丈夫です。
新聞を止めるのでしたら、M新聞に電話をして断りますが」
と言うと
「ハンコを押しちゃったし、こうやって名前が入った(先ほどのチラシは名前入)ものが来ているから、止めるなんて出来ないわよ。どうしよう。怖い!!」
(何が怖いのか???)
「ハンコを押しても、あれは法的な「契約書」ではありませんから大丈夫です」
と何度説明しても
「ウソよ!ウソ!!そんななこと無い!!!」
と仰います。
「だったら電話して」
と仰るので、販売店に電話をかけました。

まずは契約の確認をすると、
「昨年12月に今年の7月から12月までの契約(申し込みでしょ)を頂いています。」
とのこと。
「母は病気で今は新聞が読めないので解除したい」旨を伝えると、暫く待たされたあとで
「では、拡販品をお返し頂ければ...」
と言われます。
(食物油のセットだそうです)
一応、母上さまに確認すると
「もらったような気がするけど、無い」
と。
(トーゼンでしょう)
そのように伝え
「現物でお返し出来ないので、現金精算でも良いですか?」
と聞くと
「では3000円で」
という答え。

「3000円もしないでしょ!?!」と思いつつ、
「わかりました」
「では、夜にでも集金に伺います」
という先方に
「同居の家族では無いので、今からお支払いに行きます!!」
と言って、販売店の場所を聞きました。

「新聞をお断りに行ってきますから」
と言い残して、M新聞の販売店へ。
入り口を入るなり
「申し訳ございません。」
と、ひたすら平身低頭。
「そんなにお具合は悪いのですか?」
と聞かれたので
「配達の方は大丈夫のようですが、新聞屋さんが来ると怖い。怖くて夜も眠れないと訴えるのです」
ちょっと(結構?)モって話をすると
「そうですか...わかりました。では、申し訳ありませんが販促品代ということで...」
「はいはい」
3000円と引き替えに、ちゃんと領収書を貰い、
「また元気になって新聞が読めるようになったらお願いすることもあるかと思いますが、それまだは、勧誘などで訪ねることも控えて頂けますように」
とお願いしました。
(「怖くて110番したりしちゃうとタイヘンですし...」って、これは脅し???)

母上様に、無事に決着したことを電話して、とりあえずは一件落着?!

夜、母上様からお電話で
「新聞の集金の人が来て、今月で終わりですねって言われた」
とのことで、今月までのY新聞もOK。
(念のため、明日こちらへも「訪問しないでください」のお願いをしておきましょう)

以前ニュースでも取り上げられていましたが、
昼間、一人で居る高齢者の元へやってくる営業から、どんどんモノを買ってしまう。

買ったことを忘れてしまう。
判断ができない。

という他に、
「断ったら何かされるのではないかと思うと怖い」
という理由もあるのかもしれないと思いました。

そういえば、我が家も昔、新聞の拡販員さんを断ったら、玄関外に下げてあったリースに火を付けられたことがありましたっけ。
(高齢者で無くても怖い~~~

皆さんもお気をつけください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

史上最大のタマネギ(!?)

2013-06-27 21:47:47 | ひでんかの「日々の徒然」

どうだ?!?と言いたい、この大きさ
13062700
スーパーでみつけた新タマネギ。
私史上(?)最大のタマネギです!
(ちなみに、これで3個100円でした~~)

このままラップを掛けて、レンジでチン。
皮を剥いて、ナイフとフォークで解体(?)
「大味かな?」と心配したのですけれど、そんなこともなく

甘~~い
美味し~~~い

ボリューム満点で、タマネギだけでお腹いっぱいになってしまいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カテーテル中止

2013-06-26 21:20:15 | ひでんかの「日々の徒然」

今日は、父の「抹消動脈」のカテーテル治療の日。
昨日、母が先生と会ったときは
「予定通りに実施します」
とのことでしたので、母と出かけていきました。

病室到着は午後1時。
既に父の姿は無く、
「13:30、B2カテ室へ」
と書いた紙が貼ってあったので、てっきり、もう行ってしまったのかと看護師さんに聞くと
「あ、今は透析です」
との答え。更に
「そのまま、直接行くのですか?」
と聞くと
「あーーー、今日のカテーテルは無くなりました」
「?????」
「あとで先生から説明があると思いますので、部屋でお待ちください」
とのこと。

1時間ほど待って、まず父が透析から帰って来ました。
病室がナースステーションの前に代わったので、看護師さん達の話が良く聞こえ、それによると透析の帰りに心電図も取ってきたようです。
(「取ってきた」のではなく、「ホルター心電図」というものを取るために、胸のあたりに何ヶ所も電極がつけられてコードだらけ~)
カテーテルが延期になったことを伝えても、わかっているのやら???
暫くして、先生がいらっしゃいました。
「今日のカテーテルが延期になったのは...ご存じ無かった?」
「ハイ(とーぜんデス!!)」
「実は、心臓の右の冠動脈が詰まっています。
今は左の動脈からなんとか血液を送って居るので、そのてめに先日の不整脈が起きました。
一応、簡易ペースメーカーで心臓の機能は安定したので、カテーテルをやるつもりでしたが、どうも肝臓の数値が良くなくて...」
(今度は肝臓?!?)
「心臓がきちんと動いていないせいで、今、肝臓が水浸しの状態です」
(肝臓が水浸し???あとで調べてみたところ、どうやら「肝臓がむくんでいる」ということらしい)
「この状態では、カテーテルで刺激を与えない方がよいということで、今日は取りやめになりました」
「今度の予定や治療の方法は?」
「循環器の先生とも相談して、今は、肝臓の状態を見ているところです。
肝臓の負担を減らすように、血液の流れがよくなる薬も今は止めています」

元気が無いながらも
「足が痛い」
とは言い続けているので、一応
「痛みがかなりあるようなのですが、痛み止めとかもダメですね」
「当然です。ツライでしょうが、今はガマンしていただくしかありません。
今後について何か決まりましたら、お知らせしますので」
と、言って先生は病室から出て行きました。
(同じ部屋に居たのですが、本人は、遅いお昼ご飯を食べるのに熱中していて、耳も遠いのでおそらく聞いてはいません)

心臓に今度は肝臓?!?
これは、もしかすると「多臓器不全」という状態に近いのでは...。

先行きが全く見えなくなりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加