ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

最小の月

2013-02-28 22:56:22 | ひでんかの「日々の徒然」

気がついたら2月も今日でオシマイ。
「大の月、小の月」
という呼び方(ん?もしかして今は死語???)がありますが、2月は小の月の中でも一番短い、いわば「最小の月
普段、意識することはほとんど無いのですけれど、
「今月は、もう終わり」
となると、なんだかとても損をしたような気がするのは私だけ?

明日から「春は弥生」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霞ヶ関ビル

2013-02-27 22:59:00 | ひでんかの「日々の徒然」

今日の仕事先は霞ヶ関ビル。
オフィスフロアに足を踏み入れたのは初めてですけれど、日本で一番古い高層ビルなので、かなり年季が入っている(=ボロボロ...失礼!)かと思っていたのに、中はピッカピカ
こちらの会社が移転したばかりなのかと思ったのですが、地下のおトイレも最新式?
外見は建ったときのままでも、中はイマドキのビルでした。

ところで、名前に「霞ヶ関」と付くのに、最寄りの駅は「虎ノ門」
(東京の七不思議の1つ?)
朝、雨だったので、傘を差さずにたどり着こうと、地下鉄を乗り継いで遠回りして行った私デス。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お通夜の席で

2013-02-26 20:49:00 | ひでんかの「日々の徒然」

昨日のお通夜の会場は大船でした。
(ちなみに、昨日の列車乗車時間は8時間以上。プラス2時間の自転車こぎ。
乗り物三昧(?)の日でした

母方の伯母のお通夜で、ご近所も、遺族の仕事関係も全て「ご遠慮ください」とのことで、完全に親戚のみの式でした。
ですので、不謹慎かもしれませんが、お清めの席も久しぶりの「親戚顔合わせ」で、楽しく会話が弾みます。
また、伯母といっても母の兄の奥様なので、直系の家族以外は血縁ではありません。
そんな事情もあるせいか(?)、母の姉妹(その子達=私にとってはイトコ)の会話は
「こんなにだ~れも悲しんでいないお通夜も珍しいわね」
「〇〇子さん、影が薄かったもんね~」
 〇?△・・・

伯母様達は、皆さん、もう80歳代ですが、体も・頭も・(口も?)お達者デス。

「小姑オニ千匹」
と言われますが、母の実家の嫁にとっては、千匹どころか「三万匹」くらい居たのでは無いかと。(自分が、この歳になっての実感!!)

「子供の頃は、夏休みはイトコが全員泊まったので、食事の準備もタイヘンだったと、今は思う」
というような話をしたら
「だったら、アンタ、「昔は、たいへんお世話になりました」って、よ~く拝んでらっしゃいよ」
と言われました。

悲しい場ではありますが、初めて会うイトコの孫とか、伯父・伯母達の元気な様子に安堵した夜でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アシスト自転車初体験

2013-02-25 22:56:00 | ひでんかの「日々の徒然」

   上から見た景色  左を見れば富士山、右はアルプス
13022500今日の巡業先(?)は甲府。
当初はワゴちゃんと一緒の予定でしたが、お仕事の後で、お通夜に行くことになったので、列車で行くことにしました。
早く出れば十分間に合うので、早朝出発(当然、普通列車!)
中央本線の普通列車は意外と寝心地がよく(??)、九時前には甲府駅に着きました。
さて、ここから現場までが問題です。
甲府駅から歩けば、約1時期。
身延線でいくつか乗っても、駅から徒歩20分。
(バス無し。タクシーは論外!)
「そういえば甲府は観光地?」と気が付いて調べてみたら...ありました!
レンタサイクル(しかも電動アシストで4時間200円)
よっぽど風が強かったら断念するところですが、アルプスも富士山もくっきり見える晴天で、風もほとんどありません。(これで決まり!)

レンタサイクル屋さんは、駅前にありました。
平日の朝、開店と同時に飛び込めば、当然ながら一番客。(だからといって何も特別なことはありません)
申込書を書いて、免許証のコピーを取って、保証金2000円(返却時に返ってきます)と4時間分の料金200円を払えば手続き完了。
あとは注意事項を聞いて、いよいよデンコちゃん(即時命名)のもとへ。
おじさんから乗り方を教わって、いざ出陣!

「こぎ出しが全然違うから」
と言うおじさんの言葉通り、ホント!こんな感覚、初めてです。
更には、スタートしてすぐに跨線橋を超えなければならず、ここでも威力を発揮。かなりの登り坂でしたが楽々超えるコトができました。
ここから先は、ほぼ平地。楽々サイクリングで現場到着。30分ほどで作業は完了。
帰りも楽々サイクリング
のはずだったのですが、部品調達の必要が出て、近くで手に入れることができずに走り回ったら、帰り道でバッテリーの残量が...。
慌てエコモードに切り替えると、とたんに重い!!
楽々とはいえ、ここまでそれなりの距離はこいでいるので、足にもかなりの負担がかかっています。
ですので、ここへ来てのアシスト無しはかなりこたえます。
最後の山(跨線橋)ごえのためにパワーを残すべく、頑張れワタシ!

なんとか、帰り着くことができました。
「楽だったでしょう?」
と、にこやかに迎えてくれたおじさんに
「行きは快調だったのですが、かえがバッテリー切れで・・・」
と言うと
「おかしいなあ、普通はもつんだけどね。かなり一生懸命こいだ?」
「電気屋さん探して走り回ったので」
「あ~じゃあダメだ」
(って最初に教えておいて欲しかった!?!)

自転車を下りたら、足がカクカクするカンジで、ちゃんと歩いて帰れるのでしょうか...。
とりあえず、甲府のB級グルメ「鶏もつ」でも食べて、人間のバッテリーを回復させましょう!
自転車屋さんにオススメのお店を教えてもらおっと

こちらが本日おつきあいいただいたデンコちゃん
13022501

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京マラソンですが...

2013-02-24 13:43:00 | ひでんかの「日々の徒然」

今日は東京マラソンが開催されています。
が、講習会があるために出かけた池袋は、マラソンコースには全くかかっていないので、普段の通りの日曜日。
「東京マラソンなのに、池袋は仲間はずれにされているみたい...」
と言ったら
渋谷もですよ」
と言われました。

(確かに!!)

どうせなら、
「山手線一周マラソンにすれば良いのに」
と思ってしまった、「池袋派」の私デス。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加