ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

春を感じる力

2010-02-28 22:17:38 | ひでんかの「日々の徒然」

我が家の「赤ヒレ」軍団。
子供達も育ってきてはいますが、初代魚はかなりお歳を召してきたので、そろそろ繁殖は難しいかな?と思っていましたところ、見つけてしまいました!
10022800
いつのまにかお子様達が、つっぴんつっぴん(しかも山ほど!!)泳いでいるではありませんか?!?
このうちの何匹が、それなりの大きさまで育つか分かりませんが、今年は例年になく数が多いような気がします。
(それにしても、いまだに”卵”は確認できません!!)

室内の水槽なのに、ちゃんと春になると卵を産むのですね。
動物の「季節を感じる力」は不思議です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おこぼれ

2010-02-27 19:14:44 | ひでんかの「日々の徒然」

”ひよサン”の餌食になった「ベランダ菜園」の、ホウレンソウ&コマツナ。
鳥除けCDを下げたおかげか、その後は食い荒らされることもなく、なんとか収穫にこぎ着けました。
とはいえ、こ~んなカンジ ↓ で、
10022700
歯形が残った葉っぱも多く、結局は「ひよサンの食べ残し」”おこぼれ”をいただく状態(?)
(まぁ、これも「自然との共生」(?)と思って、ありがたくいただくことにしましょう

若芽のホウレンソウ。
このままサラダで美味しく頂きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動半減

2010-02-26 22:55:00 | ひでんかの「日々の徒然」

オリンピック、女子フィギアスケート。
ヨカッタです!
今までのオリンピックとは比べモノにならない「レベルの高い演技」を堪能させて頂きました。
誰が何のメダルを取ったとかいう結果よりも、素晴らしい演技の数々に感動しました。
(特に、金メダルのキム・ヨナ選手。
あそこまで完璧では「参りました!」というしかありません)

そんなフィギアスケートの中継を、今日はワガママ社長の元でお仕事をしながらの観戦。
「いいぞ、テレビつけてても。
俺は、そんな細かいコトは言わん!」
とか言っていたのに、最終グループの演技の最中に
「○○はどうした?
××は??」
結局、安藤、キム・ヨナ、浅田選手の演技は、ちゃんと見ることは出来ませんでした~~~。
それでいて、
「で、メダルは取れたのか?テレビ見てるんだから分かっただろ?」
と。(全然ちゃんと見てません。誰かさんのせいで...)
で、「やっぱり、金は無理だったな」ですと。

   ・・・・・

結局、フィギアスケートは、家に帰ってから、じっくり見直しました。
(「オレ様社長」には、「感動」という感性は存在しないのでしょうか...)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

急な予定変更

2010-02-25 17:11:12 | ひでんかの「日々の徒然」

(俗に言う「ドタキャン」です)

今日、会う約束になっていたお友達から、朝早くに電話がありました。
お父様を病院に連れて行かなくてはならなくなったので、今日の予定は日にちを変更して欲しいとのこと。
モチロン了解なのですけれど、気が付いてみたら、今年は似たような理由(家族に何かが起きて)での予定変更が多いような気がします。

お母様と妹さんの具合が悪くて、講習会をずっと欠席されているお花の会の会員の方。
「子供がインフルエンザにかかったみたいで」の友人。
プライベートだけでなく、お仕事の方でも
「社員の家族のお通夜に出なければならないので、打ち合わせはまた後日お願いします」
等々。
(つい先週も、翌日会う予定の方が
「親戚に不幸があって、これから岩手に行きます」と)

私の約束の相手ご自身は、大丈夫なのですけれど、周囲のご都合で予定変更になっています。
皆さん、多少の幅はありますが「同年代」の方ばかり。
やはりこれも、”そういうお年頃”なのでしょうか...。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キンカ堂

2010-02-24 21:57:50 | ひでんかの「日々の徒然」

ナショナルフラッグシップだけでなく、町中でも「破綻・閉店・撤退」etcというお知らせが目に付く今日このごろ。
昨日、池袋で「キンカ堂」が閉店したことを知りました。
たまたま前を通りかかり、閉じたシャッターに「破産手続き開始のお知らせ」が張られていました。
前日(2月22日)の日付になっていましたが、そのニュースは知らず、昨日も前を通りかからなかったら、暫くは気が付かなかったかもしれません。

池袋駅前の一等地にある「キンカ堂」
池袋では、西武・東武のデパートの次に思い浮かぶお店でした。
昔は「生地を買いに行く」といえば「キンカ堂」で、小学校時代に家庭科の授業で初めてミシンで縫ったエプロンの生地も、確かキンカ堂で買いました。
その後も、折々によく利用していたお店です。

建物はかなり古くなっていましたし、店員さんも決して愛想が良くない(ゴメンナサイ!でも事実...)ただ、品揃えは豊富で、価格も満足がいくものでした。
客層も、学生さんやそれなりのお歳の方が多く、店内はなんとなく「昭和」の雰囲気が漂っていたような気がします。

そんな「キンカ堂」の突然の閉店(破産)。
私の他にも何人かの方が、張り紙に見入っていました。
(中には、情報を知らずにお買物に来たようで、張り紙を見て
「えーーー、うっそー...」と声をあげられたご年配の方もいらっしゃいました)

最近よく見る「閉店のお知らせ」の中で、ひときわ寂しさを感じました。
(実は、先週、お買物をしたばかり...。
「決算半額セール」か何かで、店内のいろいろなものが安く売られていたのですが、
こんなことなら、もっとイロイロ買っておけばよかった...かな?)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加