ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

カレンダーの最終ページ

2009-11-30 23:16:59 | ひでんかの「日々の徒然」

ついに...!とうとう.....!!
11月が終わってしまいます。
(と、力を入れて書くこともなく、毎年のコトなのですけれど)

月ごとのカレンダーならば今日が終わって1枚めくれば、いよいよ最後の1枚。
「これが最後」と思うと、「意味不明なプレッシャー」を感じます。

幸いなことに(?)我が家のメイン・カレンダーは「2ヶ月で1ページ」タイプなので、11月になった時点から既に「最終ページ」になってしまっています。
ですが、やはり「あと2月ある」という油断はいかんともしがたく、結局のところ
「今年中にカタを付けなければならないこと」は山積みのまま、12月に突入です。

毎年、このドタバタを乗り切って、新しい年を迎えたときは
「今年こそ、余裕を持って・・・」
と心に誓うのですが、年末になるとなぜだか切羽詰まってきてしまいます。

「来年こそ!!」
でも、その前に、今年の残り1ヶ月。
なんとか乗り切りませんと.....。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2匹目の鯛(焼き!?!)

2009-11-29 23:35:32 | ひでんかの「日々の徒然」

お買物の途中で立ち寄ったスーパーで目に付いた
「もちもち鯛焼き イチゴクリーム」
に誘われてカウンターに並んでしまいました。
順番が来たので注文すると
「スミマセン。ちょうど切れてしまったので、これから焼くので少しお時間がかかりますが、よろしいですか?」
と、言われました。
これに、つい
「ハイ」
と答えてしまったのが運のツキ(?!?)
焼けるまで”ひたすら待つだけ”なので、自然と店員さん達の「行動観察」になってしまいました。

「鯛焼き」だけでなく、ラーメンやたこ焼きフライドポテト等も売っている、スーパーの「スナックコーナー」のような一角。
ランチタイムはとっくに過ぎている時間ですが、日曜日のせいか、常に注文カウンターにはお客さんが並んでいます。
店員さんは、店長らしき男性と女性4人。
この方達(特に男性が)、恐ろしく手順が悪いです。

鯛焼き(たこ焼きも)は、型に粉を流し込んだら、ある程度焼けるまで他の作業をすることが出来るので、先にその手順を済ませてから、他のことに掛かれば良いはずなのに、いっこうにその気配がありません。
その割に、かの男性、女性達に鋭く指示を出していて、ブースの中を動き回っています。
(一見忙しそうなのですが、よく見るとムダな動きが多い。
「人に指示する前に、あなたがそれをやりなさいよ!」と言いたい気持ちをガマンガマン)
いくら待っても、「ピンクの粉」が鯛焼き器に流し込まれる様子は無く、
いっそ「何分くらいかかりますか?」と声をかけてみようかとも思ったのですけれど、こうなったら、とことん待ちましょう!!

更に待つこと数分で、やっとピンク色の粉が登場!
なんとか鯛焼き器の型の中に流し込まれました。
このあたりになると、注文を受けた店員さんもこちらの視線に気が付いて
「すみません。お待たせして...」
と声をかけられました。
(これには「はぁ」しか答えられません)
ここからは順調に、あん(クリーム)が乗せられて、反対側の型にも粉が流し込まれ、
「一般的な鯛焼きの作り方」
で進行し、やっと番号を呼ばれました。

待ち時間は約20分。
(こういったコーナーで、20分の待ちはかなりかと...)
カウンターに取りに行くと
「たいへんお待たせして申し訳ありませんでした。鯛焼き2つにしておきましたので...」
袋の中を覗くと、確かに鯛が2匹並んで入っていました。

これで美味しくなかったら、どうしましょう?!?
と、熱々の鯛焼きをパクっ。
流行の「キャッサバ粉」を使った、もちもち食感の鯛焼き。
表面はパリっと焼けていて中はモチモチの皮は、ほんのりとイチゴの香りがします。
そしてお腹の中にはミルククリーム。

   うーーーーーん、美味しい

「もちもち評論家(?)」としては、この鯛焼きはポイント高いです。
(しかも2匹だし!!)

それなりに美味しかったのと、2つ食べられたので、ちょっと得した気分になりましたけれど、
やはり、もうちょっと手際よく焼いていただかないと、お客さんが減ってしまいますよ~~

09112900
        鯛色鯛焼き

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黄色ネズミ

2009-11-28 19:46:38 | ひでんかの「日々の徒然」

09112800昨晩、分解お掃除してみたものの(あまり汚れてはいませんでしたが)、やはりドラックが上手に出来ない「黒ネズミ」君。
仕方が無いので、新規採用することにしました。

新人の「黄色ネズミ」君です。
最近、ちょっと煮詰まり気味だったので、私のラッキー・カラー&ポジティブ・カラーで、気分を変えて明るく行こうと思い選びました。
(実は同じ商品は、これとピンク色しか残っていませんでした~~)

先輩の「黒ネズミ」君よりはひとまわり小ぶりで、動きも軽やかです。
ただ、私の手にすっぽり収まってしまう分、軽快な左クリックに対して、中指の反応にも敏感で、ちょっとした弾みですぐに右クリックしてしまいます。
まぁ、おいおい慣れていきましょう。

黄色ネズミ君、末永くヨロシクお願いしますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マウス・ストレス

2009-11-27 22:58:23 | ひでんかの「日々の徒然」

どうも、このところMyパソコンのマウスの調子が今イチです。
(「今イチ」どころでは無かったり・・・)

「クリック&ドラック」という、マウスを使ったパソコンの「基本的操作」が思うようにいきません。
いつも何も考えずに「当たり前」に行っていたことが、「当たり前にできなく」なることが、こんなにストレスになるとは.....。
(ふと、今までできていたことが出来なくなってしまったお年寄りの気持ちが分かったような気がしました)

不都合な状態を、きちんと整理してみると、どうやら
「左のシングルクリックがWクリック」に、
「ドラックの途中で、突然選択が解除される」
という状態が起きているようです。

マウスパットを替えてみたり、光を関知する部分(今のマウスは光学式ですので、昔あったような「ボールの埃詰まり」ではありません)のお掃除をしてみたりしましたけれど、いっこうに状況は改善されないので、やはりコレは「マウスボタン」の部分に何かあるのでは?

と、いうことで、これを書いたらマウスを外して、とりあえず「分解」してみることにします。
(それで、原因が掴めると良いのですけれど.....)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恩師孝行in益子

2009-11-26 23:33:26 | ひでんかの「おでかけ日記」

今日は、久々の「ツアコンひでんか」出動です。
お茶・お花のお師匠様と先輩方ご一緒に、益子まで行って来ました。
ただ、本日の行程は、このあたりのご出身である、お師匠様(以下、先生)が「ヒト・カーナビ」(?)なので、「ツアコン」と言いつつ今日は「ドライバー」?

早朝出発で、まずは先生のご実家のお墓へお参りしました。
しばらくお墓参りが出来なかったという先生。
実家のお墓だけではなく、分家のお墓のまで、きちんと回っていらっしゃいした。
帰り際に「これでもう思い残すことは無いわ」...とか。
(そんなことありません!...とりあえずは「益子まで連れて行って」貰わないと.....)

行きの高速が想定外に空いていたので、お墓参りもサクサク終わり、
「益子へ行く前に「道の駅もてぎ」に寄ってみましょう」
というお話しになりました。

そして、4年ぶり(かしらん?)に訪ねた「道の駅もてぎ」。
以前とあまり変わらない様子で、平日だというのに直売所は混んでいました。
09112601
左)先生と先輩方、何がそんなに面白いんだか...?   右)真岡鉄道発見!!

こちらで、「戦中時の買い出し」(スミマセン!実際は見たことありません)のようにダイコンただのネギだのを抱えて車のトランクは満載です。
そして、いよいよ益子へ向かいます。

「もてぎ」から10キロほど戻ったところが「益子」。
「秋の陶器市」も終わってしまったこの時期は、観光地だというのにかなり”寂しげ”です。
先生の行きつけのお店で、お茶とお漬け物をいただきながらのショッピング・タイムは、皆さん、それぞれの用途に合わせた「器」をお求めになっていました。

3時半すぎに益子を出て、先生宅帰着は18時。
それなりの交通量があった東北道を使って、この時間でしたら、まずまずの戦績(何と戦っていたの?)ではないかと思います。

お天気も良く、穏やかな晩秋の1日。
ちょっぴり「恩師孝行」(?)が出来たような気がします。
09112602
大ダヌキと先輩方(先輩方が”タヌキ”だという訳ではありませ~ん)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加