ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

トンネル探検と「窯出しプリン」

2008-11-30 23:09:44 | ひでんかの「日々の徒然」

「物好き」と言われる私の「好きなモノ」の1つに「」があります。
(注・「穴」と言っても洋服の穴とかではなく、「斜面に開いた穴」(=トンネル)限定ですが)

どこかで、そんな「穴」に出会うと、「それがどこに通じているか」を確かめたい衝動に駆られます。
いつも通っている道で、密かに気になっている「トンネル」の先を、ついに今日、確かめてみることにしました。
(と、言っても、それが目的で行ったわけでは無く、またまた「お買い物のついで」に立ち寄っただけです)

そのトンネルは狭山丘陵の南側、武蔵村山市にあります。
昭和の初め頃、狭山湖の堤防建設の砂利運搬のために作られた「軽便鉄道」の軌道後が、「自転車道」として整備され、その途中にいくつかのトンネルがそのまま残されています。
お気に入りの「文明堂 壹番舘」へ行く途中、トンネル群の一番西側にある「横田トンネル」の脇を通過して行くので、ずっと気になっていました。
(とはいえ、トンネルが1つではなく、”群”だったのだということを今日初めて知りました)

いつも横目で見ていた「横田トンネル」からスタートして、反対側に出ると、そこには、またトンネルがありました。「赤堀トンネル」
2つめのトンネルを抜けると、更にその先にもトンネルが...。「御岳トンネル」
「御岳トンネル」を抜けて少し行くと、そこはごくごく普通の住宅地。
ここまでで引き返そうかと思ったのですが、道が折れていたので、とりあえずそこまで行ってみることにしました。
すると、また先にトンネルが見えます。
  ???
こうなったら、とことん行きましょう!
4つめの「赤坂トンネル」を抜けると、そこはイキナリ雑木林の中でした。
道も突然「ケモノ道」と化しています。
(後でよく見たら、ちゃんと舗装されている道でしたが、今は落ち葉が積もっていて分かりませんでした)
標識も判りづらく、とりあえず「本線」(自転車道)ではない方の道を進んでいくことにしました。
(本線方面には、もうトンネルは無さそうでしたので)
と、そこには入り口が閉ざされたトンネルがありました。
反対側の口は見えるのですが、中には入れないように金網と格子で塞がれていました。
(ここだけ抜けていないせいなのか「5号トンネル」という味気ない名前でした...)
と、いうことで、ここまでで本日の「トンネル探検」は終了です。
往復1キロちょっとの「プチ探検」でしたが、とりあえずは今までずっと気になっていた「トンネル」の先が確認できて一応満足。
08113001
左から 横田トンネル,赤堀トンネル,御岳トンネル,赤坂トンネル,第5号トンネル

トンネル探検の後は、本日の本題(?)
「文明堂 壹番舘」へ。

本日ご紹介するのは、「窯出しプリン」です。
(ものすごく乱暴な紹介をしてしまえば、
「おしんこ鉢の中に、カステラの切れ端を入れてプリンで固めたモノ」と...?)
ちゃんと底にカラメルも入っていて、カステラはもちろん文明堂ですから味は一番!
器があまりに立派で、当然「使い捨て」などできませんので、
「これを持っていったら中身を入れてくれる」という訳にはいかないものかと.....。
08113002
商品名は「窯出しプリン」なのに、蓋には「窯出しケーキ」と...。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

よる温泉

2008-11-29 23:55:00 | ひでんかの「日々の徒然」

( ↑ タイトルの「よる」は「寄る」では無く「夜」です)

昨年あたりから、「よる温泉」にハマっています。
夕食後、後片づけもして
「もう、お風呂に入って寝るだけ」
状態で、近くの「日帰り温泉」に行くのです。

我が家の近辺には「リーズナブルな料金」のところから、「ちょっぴりリゾート気分」まで、
いろいろと楽しめる「日帰り温泉」がありますが、「よる温泉」でお気に入りなのは、車で30分ほど行ったところにある施設です。
決して「山の中」にあるわけでは無いので、早い時間だと、ほぼ「ご近所銭湯」状態で混み合っています。
それが午後9時も回ると、かなり空いてきて、広いお風呂でノンビリすることができます。

さすがに、そんなにしっちゅう行ける訳ではありませんが、今日は久しぶりに行ってきました。
このところの「寒さによる体の硬直化」の改善になった...かな?
今晩は、熟睡できそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

列車ダイヤのエアポケット

2008-11-28 23:29:37 | ひでんかの「日々の徒然」

私がいつも利用して居る「最寄り駅」は、いくら”イナカ”とはいえ「1時間に1本」という列車ダイヤではありません。
時刻表を見れば、10分に1本以上のペースで電車がやってきます。
にもかかわらず、まるでエアポケットに嵌ってしまったように、目的地まで異様に時間がかかる時があります。

今、出稼ぎに出ている「出退勤」が正にその通りで、
最短時間だと、家から会社までのドアツードアで1時間半もかからないのに、
ちょっとのタイミングで、2時間近くかかってしまいます。

特に帰りは、各駅停車なみの所要時間。
(次の列車まで、やたらと感覚が空いているとか、特急の通過待ちだの、乗り継ぎだの...)

列車のダイヤはそれなりの数式(?)で組まれているそうですが、
もう少し、なんとかしていただけないものでしょうか...。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭痛

2008-11-27 23:14:00 | ひでんかの「日々の徒然」

この頭痛は、たぶん寒さのせいでしょう。
暖房器具の無い部屋でパソコンに向かってお仕事をしていると、体中が硬直してくるのがわかります。
さすがに今週末にはストーブを出さないと...。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お金の<del>なる</del>ならせた木

2008-11-26 23:21:56 | ひでんかの「日々の徒然」

08112600ベランダ植物園に並んでいた「お金のなる木」を室内に取り込みました。
これは、何年か前の「県民の日」に、「六堰頭首工」を見学して記念に貰ったモノです。
(なぜ「六堰」で「お金のなる木」なのかは不明)
本名は「クラッスラ」(和名は「花月」)というのですが、「お金のなる木」という方が通りが良いです。
多肉植物なので、あまり寒くなると葉の中が凍って枯れてしまいます。
温暖化の影響なのか、最近は庭に地植してあるものも見かけますが、我が家のモノはまだまだ華奢で、とても寒さには耐えられそうにありません。

「この木を育てていると、お金がなる」
訳は無く、でも、気分を味わう(?)ために5円玉を添えています。
ただ、幹が太くなると、5円玉の穴で「絞り切られる」状態になり、ある程度まで成長すると、枝はそこで折れてしまいます。
折れた枝は、そのまま挿しておけば、また根が出て元気に育っていきますが、これって、もしかして「植物虐待」になったりして...?

来年の春まで、あずき君の隣で過ごします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加