ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

熱中症未満

2008-07-31 23:49:30 | ひでんかの「日々の徒然」

「昨日までの暑さよりは、ホンのちょっと涼しいかも...」
と、感じた今日ですが、今年の初「熱中症危機」(?)だったようです。

パソコン前に座って、お仕事関係の調べモノをしようと思っていたのに、

  頭が回転しない...
  意識が朦朧とする...
  ちゃんとキーが打てない...

慌てて、お洗濯モノを取り込みに行きました。

ベランダで風に当たって、なんとか復活。
   危ない、危ない
あのまま座っていたら、ミイラになっていたかもしれません(まさか~)
やっぱり、しっかり水分を摂って、時々動かないといけませんね。
(もしかしたら、ただ単に「眠かった」だけかもしれませんけれど...)

今日は31日。
この猛暑の中、なんとか無事に7月は乗り切りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縁と繋がり

2008-07-30 23:04:00 | ひでんかの「日々の徒然」

人と人との””は、どこにでも誰にでもあるものだと思います。
その縁を”繋がり”にしていくのは、その人次第。
いろいろなところで出会った”縁”を、これからもずっと大切にしていきたいと思う今日この頃です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008初花火

2008-07-29 23:12:09 | ひでんかの「日々の徒然」

花火の下に見える光の筋は落雷デス。
もしかして、山手線を停めたのは、この一撃?!

08072901_2
マンション高層階にお住いのお友達宅から、地元で行われた花火を見物しました。
高層階といっても15階ですけれど、都心では無く”地元”ゆえ、周囲にも高層建築物はありません。
したがって、15階からの眺望は、花火見物では無くても、なかなかのモノです。

さて、開始時刻と思われる(事前調査をしていないところがミソ)時間にベランダに出てみましたが、一向に始まる気配はありません。
それでも、気持ちよい夜風に吹かれていると、夜空がピカっと...。

花火、ではなく  でした~~。

「もしかしたら雷のせいで、花火は中止?」
と、諦めかけたところで、やっとスタートです。
ただ、ここでも不景気の影響(経費削減?)なのか
「これで、もう終わり?」
という感じでした。

今年の”初花火”で、それなりに「2008年夏」は実感出来ましたが、
どちらかというと、花火が上がると、競うように激しさを増した”雷”の方が、見応えがあったかも.....。

それにしても、きれいな稲光でした。
こちらのマンションからの「雷見物」(?)、ハマってしまいそうです。
08072902_2

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

元気でないと病院には行けません!

2008-07-28 22:41:00 | ひでんかの「日々の徒然」

今日も父の付き添いで都内の某大学病院へ。
「9時半の予約」と言われ、予約時間の10分前には到着して受付をしたにもかかわらず

 ずーーーっと

待ちです。
1時間ほどして呼ばれて、中にはいったら「視力その他検査」で10分ほどして出てきました。
そこから、また

 ずーーーーーーーーーっと

待ち。
やっと「診察」となったのは、11時半すぎでした。

15分ほどの診察の後、
手術の可否を判断するための検査ということで、
レントゲンに行ったり、さいけつに行ったり.....。

最終的に、全てが終わったのは午後2時過ぎでした。
(が、しかし、
手術の可否その他の結論は出ずに、また後日.....)

確かに今日は「教授先生」の診察なので、混んでいるのは承知の上でしたけれど
(1ヶ月前に予約して、やっと今日だったのだとか)
それにしても、本日の「病院滞在時間」は5時間

途中、車イスの入院患者さんを連れて来た看護士さんが
「具合が悪くなったら呼んでください」と言っていたのが聞こえたのですが、
いくら「命に別状の無い」病気とはいえ、皆さん「具合が悪い」ので、ココに居るのだと思うのですけれど...。

以前、
「早朝の病院の待合室での、患者さんの会話」
という話を聞いたことがあります。

「最近○○さんが来ないねぇ~、どこか具合が悪いのかしら...」

大きな病院は
「元気な人しか来られない!」
のだということを実感しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨運のいいオンナ

2008-07-27 17:24:01 | ひでんかの「日々の徒然」

このところの突然の”夕立”。
(昔のような「夏の夕立」とはちょっと違うような気もしますけれど...)

どうも私は「雨運(あめうん?)」の良いオンナのようで、家に引きこもっているわけでは無いにもかかわらず、雨に降られることがありません。
今日も、午後、池袋から電車で帰ってきて、途中で雨粒が窓ガラスに当たっているのも見ましたし、下車駅に着いても、外の道路が濡れていて、かなり降った様子もわかりました。
でも、私が駅から出た時にはすっかり止んでいて、折りたたみ傘のお世話にはならずに家までたどり着きました。
そして、家に着いて、暫くするとザーーーっと!
(そういえば、昨日も一昨日も同じようなカンジでした)

これはよっぽど運がいいということでしょうか?
(んーーーーー、でも、こんなことで「運を使い果たして」しまったら、ちょっと悲しいかも...?)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加