ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

リボ

2005-05-31 23:30:14 | ひでんかの「日々の徒然」
クレジットカードのリボ払い
私は、まだ使ったことがありませんが、この仕組み、果たして良いモノなのか.....?

手元に届いたカード会社の支払い明細書の封筒の裏に、リボ払いのしくみを書いた図が載っていました。
「リボ払いのしくみを水にたとえると・・・」
と書いてあって、大きな器に「3万円のお買い物」「5万円のお買い物」と書かれた水差しから水があけられて、
大きな器の下からは「1万円」と書かれた水が流れ出る絵が書いてあります。
で、お支払額=1万円+手数料(元金を1万円と設定した場合)
と、なっていました。
そして、最後に
メリット お支払い金額が一定だから安心!
だそうです。

これって本当に安心?
上から注ぐ水が絵に描かれたとおりの3万円と5万円だけだったら、たぶん9ヶ月の間、毎月1万円を払い続ければ良いのでしょうが、上から注ぐ水が増えていったら.....?
いったい、いつまで毎月1万円ずつ払い続けなければいけないのでしょう?
なんだか「これって、いつまでも御縁を切りたくないカード会社の策略?」とか思ってしまいました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「追い込み」と「駆け込み」

2005-05-30 22:24:13 | ひでんかの「日々の徒然」
「最後の追い込み」という言葉があります。
試験勉強で、試験前一ヶ月とか一週間に、よく使われます。
同じ「込む」のでも、前に「追い」がつくのと「駆け」がつくのでは、だいぶイメージが変わってきます。
「追い込み」だと、自ら何かを追って行く、常に前だけを見て走っていくような感じですが、
「駆け込み」だと、後ろから追ってくるモノを気にしながら、前の門が閉まる前に飛び込まなくては行けないような感じがします。(でも、その分、「駆け込み」の方が必死さは伝わってくるような...?)

明日が中間試験だという息子君。
今日は、
「最後の追い込み」?それとも「駆け込み」?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクランボ

2005-05-29 21:50:36 | ひでんかの「日々の徒然」
050529ええぇ~...。
これは、我が家で実ったサクランボの1つです。
今年は全部で8個、「サクランボ」と呼べるモノになりました。
(いったんは実るのですが、小さなウチに落ちてしまうことが多いです。)
赤く色づいて、これこそサクランボ。
収穫まで秒読みというところです。
ところが、ここからが、鳥サン達との根比べ(?)になります。
鳥も人間と同じように、実が赤く熟すのを待っているようで(ところで、鳥って色の区別が付くのでしょうか?)、
毎年「明日採ろうかな」と思っていると、先に食べられてしまいます。
実は、今年も1個は、半分囓られてしまっています。
残り7個。
果たして人間は何個食べられるでしょうか.....?

と、言っていたら、息子が1つ採って食べてみました。
「まだ、酸っぱくない?」
「酸っぱくは無い」
「じゃあ、甘い?」
「甘くも無い」
「なんだ、じゃあ、何も味がしないの?」
「うーん、サクランボの味がちょっとする」
 ?????

残りは6個です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

転居先不明

2005-05-28 23:02:44 | ひでんかの「クラス会」
今日は28日です。
25日の午後、料金別納で出したクラス会のお知らせ。
早速、翌日(26日)の夜に、「お手紙届きました」のメールや電話がありました。
(今は、翌日には郵便物が届くのですね。郵政公社、エライ!!)
さらに、その翌日(27日)。
転居先不明で配達できません」と、1通戻されてきました。

コレって少々早すぎやしませんか?
相手先住所は東京都です。
埼玉・東京の往復が2泊3日。
確かにお隣同士ではありますし、その住所まで直接車で訪ねていったとしても3時間もあればたどり着ける距離ではありますが、郵便物ですょお~~。
差し出し局から相手局まで、直接運ばれるはずは無いですし、なにより郵便配達の担当の方が、直接お宅に届けに行って
「この住所に、この人は居ない」と確認してから戻されるのだと思っているのですが...。
これは、郵便局の住所管理がしっかり出来ているという証拠なのでしょうか?
(・・・・・実はワタシ、密かに疑っています)

昨日、戻されてきたのは1通だけでしたが、今日は4通。
もう、これ以上、返って来ないでほしいなぁ.....。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落下事件

2005-05-27 18:50:29 | ひでんかの「ちょっとした事件」
我が家はマンションの3階にあります。
今朝、ベランダを掃いていて(滅多にしないことをするから事件が起きたりする?)ちょっとホウキをベランダの壁に立てかけたら、壁をスルっと滑って、アっという間に落下してしまいました。
真下の1階のお宅は、お庭をきれいにガーデニングされています。
慌てて飛んでいきました。
「スミマセン!今、ホウキを落っことしてしまいました。」
すぐに探して下さるとのことで、暫く廊下で待っていましたら、こちらの奥様が玄関を開けて
あのぉ...探したんですけど、どこにも見あたらないのですが...
「えっ...?」
「どこに落ちたか、上から見えますか?」
「いえ、とにかく、こちらだと思って慌てて飛んできたので...」
「では、また探してみて、後で見つかったらココへ出しておきますね」
「すみませ~~ん」
引き返して、ベランダから覗くと、1階の奥様が庭に出ていらっしゃいました。
「ここからなんですけど...」
「どこか、見えますか?」
「いいえ、じゃあ、2階かもしれませんね。」

今度は、2階のお宅へお電話しました。
「あのぉ、今、ホウキを落としてしまったのですが、1階のお庭に無いそうなので、もしかしたらそちらのベランダじゃないかと...」
「お急ぎですか?」
「いえ、急ぎません」
「じゃあ、もしあったら玄関の外へ出しておきますね」
「スミマセ~~~ん」

時刻は、まだ8時前です。
(まだ早朝ですよね)
10時少し前、出かけなければ行けなかったので、我が家の玄関を明けたら、そこにはホウキが立てかけてありました。
やっぱり2階でしたか.....。

もう1/3くらい足が無くなっていて、持ってきていただくのも申し訳ないようなホウキでしたのに。
(かといって、棄てて貰うわけにもいかず...)
全く、朝から人騒がせな!
(すみますぇん!!)

それにしても、なぜか我が家のベランダから物を落とすと、なぜ素直に1階に落ちないで、2階のベランダに飛び込むのwでしょうか...?
(決して、そんなにしょっちゅう物を落としているのではありませんが、何年か前にシーツを落としてしまったときも、やはりお2階のベランダに着地しました。)
もしかすると、このマンションには特殊な磁場があるとか.....?
(んな訳ありません!て)

ホント~に、早朝からお騒がせ致しました。申し訳ありませんでした!!


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加