ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

はじめのサクラ

2005-03-31 16:53:15 | ひでんかの「日々の徒然」
050331見つけました!
今年の「はじめのサクラ」です。
今朝、日が昇った時には、もう開いていました。
この木に、あと2、3輪。
これ以外の木はまだ1輪も咲いていません。
よく見ると、この木のこの枝は、高い建物の合間から、朝一番に日が当たる場所のようです。
これから、毎日ポツポツと咲き始めて、ある時一気に辺りが桃色に染まります。
(そうなるまでには、あと何日...?)

明日から4月です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラは...

2005-03-30 18:11:02 | ひでんかの「日々の徒然」
300万画素クラスで6Mピクセルで望遠だと、ガンバッテもこの程度050330

確か、何週間か前の「東京の桜の開花予想」は3月30日だったような気がします。
そして今日が、その3月30日。

我が家の目の前は、「市の景観100選」にも選ばれた桜の名所(?)です。
角部屋の我が家は、開放2方向が桜並木に面していますので、桜が満開になると家中がピンク色に染まるカンジがします。(1年の内の1週間くらいだけですが)
わざわざお花見に出かける人々のニュースを見ると、この時期だけは、なんだかとても得をした気分になれます。

東京よりは気温が3度低い(学術的な根拠ではありませんが、皆さんのお話によると...)この地ですが、今日現在の桜の蕾は写真の通り。
本当に、あと少しというカンジです
毎年、お洗濯モノを干すときに、はじめのサクラ(最初に開く1輪)を見つけるのが、この季節の日課となっています。
明日のお天気次第では、いよいよ...でしょうか。
楽しみです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「明るい」と「軽い」

2005-03-29 23:14:09 | ひでんかの「日々の徒然」
昨日届いたメールの中に
ひでんかさんはいいですね。いつも明るくて前向きで...」
という一文がありました。
「そんなことはないんですのよ。」と思いつつ、ふと
あかるい」って「かるい」に似ている!?
漢字で書くと全然違うのですが、ひらがなにすると.....。
(「明るい」は「あ、かるい」...って?)
そういえば最近、物事に動じなくなったような気がします。
軽い → 物事を深く考えない → 悩まない → 暗くならない
だから明るい

私の記憶が確かならば、
小学生の頃「感受性が豊か」と通信簿に書かれていたような気がするのですが...。
歳をとって、感性のアンテナ感度が鈍くなったのか、情報を処理する脳内回路が
「そんなのは大した事では無い」と窓口で門前払いをしているのか...?

まぁ、「暗い」よりは「明るい」方が良いので、あまり深くは考えないことにしますが、
「大した事では無い」が続くと、どこぞの会社のように大きな事故に繋がるやもしれません。
気をつけなくては、ね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出デジタル化計画

2005-03-28 22:31:51 | ひでんかの「日々の徒然」
もう昨年のことなのですが、今まで撮った写真を
全てデジタル化しようと決心しました。
紙焼きプリントをアルバムに保存していくと、かなりのボリュームになりますし、紙焼きのままだとだんだん色も変わっていきます。
写真をデジタル化して、アルパムもデジタル編集すれば、データの保存も楽ですし、
アルバム自体もA4でプリントしておけば、取り出して見るのも手軽です。
さらに汚れたり破損したりしても、原稿をしっかり保存しておけば、何度でも印刷すれば元通りです。
(誰かに差し上げる場合にも、ちゃんとアルバムになったもので差し上げることができます。)
そんなことを考えて
「やるぞ!!」と決めるまではヨカッタのですが、そこから実際の作業となると、なかなか腰が重くてちっとも先へ進みません。
当初は「昨年中に写真の取り込みだけは終わらせよう!」と思っていたのに、年が替わっても分厚いアルバムの山は一向に低くなりません。
そんな中、今日、どうしても欲しい「昔の写真」があったので、一つの山にやっと手を付けました。
これは、まだアルバムにも整理していない、バラバラの写真が詰まっています。
その写真をスキャンして、それぞれの行事毎のファイルに落としました。
今日半日かけて、スキャンした写真の枚数は.....集計不能!!
(1年分くらいはあると思うのですけれど)
探していた写真が見つかったので、今日の所はココまでとしますが、
全ての写真をデジタル化するのには、いったい、あとどのくらいかかるのでしょうか?
これこそ、まさに、死ぬまでのライフワークになりそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生け花展

2005-03-27 19:48:11 | ひでんかの「日々の徒然」
050327生け花仲間のお誘いで、久し振りに「生け花展」に行ってきました。
東京都花道協会主催の、年に一度の大きな生け花展です。
場所は新宿の京王プラザホテル。(会場は、毎年ココと決まっているようです)
協会に所属している各流派の代表の、150点を超える生け花作品が華麗に展示されています。
生け花と言っても、近年は、やはり「流れに乗る」とでもいうのでしょうか、その流派の特徴ともいえる形を離れたものが多くなってきたようです。
アレンジメントとの境界線も、かなり曖昧なモノとなってきました。
いずれにしても、晴れの舞台に相応しい豪華な作品ばかりでしたが、どうも作品自体の評価よりも、使われている花材費や「どうやってここまで持ってきたの?」ということを知りたくなるような、大きな花器や花材の方が気になってしまいました。
会場も混んでいて、見終わった後は酸欠気味?
せっかく見に行ったのに、ちゃんと勉強になったのかどうか、不安なモノが.....。
いいえ、きっと、どこかにちゃんと残っていて、これからの作品や課題作りにきっと役に立つことでしょう...(?)
(たぶん!!)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加