ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

20数年ぶりの...

2005-08-27 22:38:56 | ひでんかの「クラス会」
3ヶ月前から準備していた「高校のクラス会」当日がやってきました。
出欠ハガキの通信欄に
「みんなに会いたい。でも恐いような。
柱の影からこっそり見ていたいって感じです。(笑)」
と書いてきてくれた人がいて、確かにそんなカンジです。
なにしろ我がクラスのクラス会は、高校卒業した年(か翌年)に一回、
それから4年後くらいにもう一回、
たぶん過去2回しか開いていないはずです。(私の記憶によれば...)
そこから年を経ること20数年。
住所録の更新もしていないし、果たしてクラス会を開けるほど、元同級生と連絡が取れるのか???
そんな心許ない状態で、まずは「クラス会やりませんか?」のお伺い状を出したのが5月末のことでした。
それから3ヶ月。
45人のクラスメイトのうち、9割近くの方の所在確認が取れました。
日程決定後、再度開催案内を送付して、今日、出席できると御返事頂けた方が23名。
(なんとかクラスの5割達成!!)
これも、「クラスメイト捜索大作戦」にご協力くださった皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。

台風一過で真夏の蒸し暑さが戻ってきたようなお昼過ぎ。
会場の某デパート・バンケットホールに続々と元・同級生達が集まってきました。
皆さん一様に「みんなが変わっていたらどうしよう...」
という、ある種の緊張感を持っていたようですが、会場に続く通路に姿が見えた瞬間に
「あ、○○君!」
と、すぐに判りました。
多少、拡大・縮小(?)された方もいらっしゃいましたが、まぁ、どなたも”誤差”のうちではないかと...(違う?)

女子(もはや”子”では無いけれど)は、すぐに、みんなそのまま高校3年生に逆戻りし、
当時はシャイでほとんど女子と口も聞かなかったような男子(こちらも 〃 )も、それぞれ家庭を持ち、職場では中堅・ベテランの域に達した現在は、みんな、女子とも昔話に会話が弾んでいました。
3時間の会場使用時間を過ぎ、それでもまだ話し足りずに、居酒屋に場所を移して大いに盛り上がりました。

高校3年の1年間。
進学校といわれた母校で、他のクラスより就職希望者が多かった我がクラスは、進路もバラバラでした。
クラスメイト同士「仲が悪かった」ということは無かったですが、「一致団結」していたというわけでもなく、ごくごく平凡に過ごしていたと思います。
それでも、話をしていると、様々な思い出話が甦り(または「知らなかった話」も登場したり...)そこには、
「みんなで同じ時を共有していた」という実感がありました。

参加した全員が、父母夫妻といった「家庭人としての立場」や、「会社や組織の中での立場」を全て脱ぎ去って、
いろんな夢や可能性を求めて輝いていた頃に戻って過ごした楽しいひとときでした。
そして、今日、この場に来ることが出来た幸せ(家族や自分が健康であること、仕事や家庭が安定していること)を確認しました。

「次回は、また20年後?」
と最後に話が出ましたが、いくらなんでも.....。
目標としては5年後くらいかな?
それまで、皆さん、健康には充分気を付けて(そろそろ、そういう歳まわりですし...)元気に、またお目にかかれますように.....。
(そうそう、黙って「行方不明」にもならないでね~~~)
050827
   ひでんかの「ご学友」デス

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

困ったこと!?

2005-08-26 21:43:04 | ひでんかの「クラス会」
(今度の台風は、ちゃんと関東地方を直撃しましたが、
「うみほたる」を通って行ってくれたので、内陸部にある我が家は、またもや「よくわかりません」でした~~~)

さて、台風一過の青空の下、明日はいよいよ、3ヶ月前から準備にかかった
ウン十年振りの高校のクラス会です。
45名だったクラスメイトで、明日、集まる予定は約半分。
年齢的なモノ(まだまだ子育て真っ最中のお母さんはいるし、会社勤めの人はバリバリ活躍中の世代だろうし...)を考えると上出来ではないでしょうか?

ところで、昨晩、たいへんなことに気が付きました。
私は、一応クラスメイトの顔(高校時代の)は全員覚えているつもりでした。
ところが、その中でたった一人だけ、顔がわからない人がでてきてしまったのです。

その人はS1さんといいます。
(この話に登場する人をイニシャルにしたら、全員”S”だったので、仮面ライダーみたいですが1.2.3ということで...)
私が昨日までS1さんだと思っていた人は実はS2さんでした。
S2さんだと思っていた人はS3で.....。
(勘違いの原因は、みんなSだし、そのうち2人は同じ名字です)
最初に気が付いたのは、S2さんから電話を貰ったことからです。
仕事で急遽参加できなくなった、という電話をくださったのですが、どうもその声が、私の思っていたS2さんではなく、よくよく思い出してみたら、私が思っていたS2さんはS3さんでした。
そこからS2さんだと思っていた人は実はS1さんで.....
(そろそろ誰が誰だかわからなくなってきましたね)
で、結論から言うと
S1さんて、どんな顔していましたっけ?
ということです。

昨日から、一生懸命に思い出そうとしているのですが、クラス全員わかっても、彼の顔だけが思い出せません。
(唯一の手がかりの「卒業アルバム」は発掘作業しないと出て来ないし.....)
どうしましょう.....?

まぁ、年月が相当経過しているので、わからなくても仕方ないということにしておきましょう。
(私が判らなくても、誰か一人くらいは判るでしょう...)

なんて、出席者全員、誰が誰だか判らなかったらどうしましょう!?
楽しみでもあり、ちょっぴり恐い(?)クラス会は明日です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さっすが!!!

2005-07-04 20:57:47 | ひでんかの「クラス会」
ちょっと...いや、かなり感激しています。

すんなり連絡先が判明した人とは「クラス会開催」の出欠確認も終わり、ここからは「人捜し」モードに入った、同級生探し
連絡の取れたクラスメイトに「手配書」を送るも、なかなか有効な情報は寄せられません。
そこで、今日、その中の2名の方の、10年近く前に出された「同窓会名簿」に記載されていた勤務先の会社にメールを出してみました。
近頃はやっかいな世の中になって、電話を掛けて「私は○○さんの同級生で...」と言ったところで、すんなりと信用してくれないケースも多く、なにより仕事中にプライベートな要件で連絡を取ることも難しくなってきています。
そこで、こちらの身分から要件を事細かに記したメールを送って
「もし、この方が現在も在籍されていたら、この件をお伝え下さい」とメールしてみました。

個人情報の扱いにも厳しくなってきたし、ほとんどダメもとだと思って送ったメールですが、先ほど、一人の方から、連絡がありました。
こちらは大手外食チェーンにお勤めの方で、HPを探して、そこの「お客様からのご意見」メールのアドレスに送ったモノです。
もう、大感激です!!
メールを受け取った会社からすると、全くプライベートな事だし、もしかしたら怪しい(?)メールだったかもしれないのに、きちんと社員に転送してくれたは.....。
さっすが○○○○!!!
(こうなったら、次回のクラス会(いつ?)は○○○○だ!!と密かに決意したワタシ)

この方だけでなく、「メール」という文明の利器のおかげで、切れていた線が、あちらこちらで少しずつ繋がっていきます。
そんなことで、ひとり、ささやかな感慨に浸っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人捜し大作戦

2005-06-20 17:47:05 | ひでんかの「クラス会」
高校のクラス会。
出欠(&所在)確認の締め切りが今日でした。
もう郵便屋さんは来てしまったし.....。
で、今のところ、出欠連絡又は所在確認が取れた人が28名。
46人のクラスだったので、残りは18名
こうなったら、なんとしても探し出してみせますゾ!!!

と、意気込みはあるのですが、果たしてどうなりますことやら.....。
(まずは、作戦を立てねば!!)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

転居先不明

2005-05-28 23:02:44 | ひでんかの「クラス会」
今日は28日です。
25日の午後、料金別納で出したクラス会のお知らせ。
早速、翌日(26日)の夜に、「お手紙届きました」のメールや電話がありました。
(今は、翌日には郵便物が届くのですね。郵政公社、エライ!!)
さらに、その翌日(27日)。
転居先不明で配達できません」と、1通戻されてきました。

コレって少々早すぎやしませんか?
相手先住所は東京都です。
埼玉・東京の往復が2泊3日。
確かにお隣同士ではありますし、その住所まで直接車で訪ねていったとしても3時間もあればたどり着ける距離ではありますが、郵便物ですょお~~。
差し出し局から相手局まで、直接運ばれるはずは無いですし、なにより郵便配達の担当の方が、直接お宅に届けに行って
「この住所に、この人は居ない」と確認してから戻されるのだと思っているのですが...。
これは、郵便局の住所管理がしっかり出来ているという証拠なのでしょうか?
(・・・・・実はワタシ、密かに疑っています)

昨日、戻されてきたのは1通だけでしたが、今日は4通。
もう、これ以上、返って来ないでほしいなぁ.....。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加