オッサンと海

香川県・瀬戸内海沿岸でボート釣りを始めました。気がついたら3年目突入、ここからは「趣味は結果がすべて」かもですなー。

アジじゃなくなる日Ⅱ

2017年09月30日 | 釣行記録
♪そのままボクは 空を見上げてる
 アジじゃなくなった 日の 空を~~~~♪
ま、去年も歌いましたが、今年も。
てかね、30年も経ってんのに、いまだにB'zとかフツーに聞いてるオッサンというのも、どんなもんなんですかねー。

ケイムラ師匠・お弟子さん出航準備中・・・師匠の教えを忠実に守って、水中での組み立てですが・・・今日みたいに波のある日は、どうなんですかねー、しかも、暗いし。



「昨日、大アジ17,小アジも17でー。」
「タイラバで、マゴチ来たわー。」とのこと。
さ、オッサンも、準備完了。



その時、歴史が動いた!



親子船、新鋭機での出航でした-。
「今日が初出航で。」
「33万で。エンジンが20万で、48万で。」
「ええー、消費税入れてやろー(ムスコさん)」
「・・・・そやで。やけん、エンジンは10万で。」
「ええー・・・・ちょっと・・・・違うでー。」
・・・・ま、ボート本体33万、エンジン・本体の税込みで48万ということで。
ヒマと能力のある方は、エンジンの税抜き価格を算出してみてください-。

なーんか、雲が秋っぽくなってますな。



でも、おらんし。



中の方からいきなりのツインズ・アイランドでしたが、おらんし。





しゃーなしに、ホンマは上げ潮のポイントに。





微妙な魚影ですな。



おっと、クロマティ翁、奮戦中。



「なんちゃおらんのでー。ツバス釣っりょんでー。おらんのでー。」
「アジや、終わったんでー。今年は暑かったけん、もうおらんようなったんでー。」
「みんなタイ釣っりょんでー。もう釣れよるんでー。」

どうにもこうにも、なもんで、沖合に。



でも、おりません。



でも、マジメにやってたら、ガツンとカモーン。



とはいえ、ポイント巡りは空振り続き。



イカしたヒト。



「10杯です。」
「胴は350のビールくらいです。」
「朝です。潮が動かない朝がいいようです。」
「今は、流してますが、釣れません。」
うううーむ、ビール級のアオリイカ10杯・・・そっちなんかなー。

その後も、あちこちウロウロしても、ええことなし。





おっと、夫婦ゴムボートの片割れさん。



「アオリ2杯だけですー。」
「アジとか、なんちゃおりませんー。」
「新型の親子船、アジ、メチャクチャ釣れよったみたいですよー。」

で、その親子船。



「タチウオの細いん2匹だけで。」
「アジ?3匹だけで。ちっちゃいで。」
うううーむ、隣の芝生は青い、ということなんでしょうなー。
皆様、苦戦されてるみたいでした。

これなー、やっぱりアレかなー、と思っていると。



やっぱり。



とはいえ、魚影の大半・・・・てかほとんどは、チャリコみたいでした。

こんなんも、ミニイワシなんかどうか、ちっともヒットしません。



あーあ、明日は東風やし、コメ買いに行かないかんし、もうちょっとだけ粘ろうかな-、と頑張っていると。







ツバスっぽいですが、オッサン的には「ハマチ」。
取り込みに5分くらいかかってしまいましたー。
根性入れて取り込みましたが、タモになかなか入らず、何度もバラしそうになって気絶寸前でしたなー。
血、すごいわ。

こんなん。



刺身にしましたが、超絶旨かったですー。
アニサキス?下痢?
ま、明日は休みですから、モウマンタイです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトと釣り

2017年09月23日 | 釣行記録
午前中は、職場のソフトボール大会。
練習の時は、シャレでこんなん。



2番キャッチャー・・・って、ツインズ片割れとおんなじかー。





こんなんも、おんなじだったりして。



試合は11-3で当然の敗戦、オッサンは3打数1安打1打点という、ツインズみたいな、どうなんだかなー、というデキ。
ま、外から見ていた時はツインズにいろいろ言いましたが、ワンバウンド止めるんも、やってみるとなかなか思うように行きませんなー。もっと練習しないと・・・・って、さて、何のためにするんでしょうかね。

で、高速使って午後から出航。



好天の土曜、皆さん撤収中。



現地集合でよかったら・・・というメンドくさい状況なのに、オッサン2も。
スキなんでしょうなー。来週は、愛媛でタチウオだそうです。



オッサンは、「ピンクベイトとケイムラレインボー、どっちなんかなー」を探査。まずは、釣り番組で「これ、メチャクチャ釣れるんですよー」とヨイショされてた、レインボーマンから。



でも、こんなんですが、アタりません。どうやら、イワシみたい。





・・・・オッサン2の、ピンクに来るようです。うーむ、ハズしたかも。



4-0でリードされたんで、ピンクベイトにチェンジしたらいきなり。



やはり、時間と場所で、アタリの色は確実に存在するようです。
うーむ・・・・ひとりで釣ってたら、分からんかもー。
とはいえ、おりませんけど。



後半、「中の方」ではケイムラレインボー、圧勝。
オッサン2にはアタリすらありませんでした。・・・・不思議ですな。

教訓
・ひとり釣行の時は、ツインロッドでピンクとケイムラ、交互に試した方がよろしいようです。
・タイラバを下に付けてたんですが、ノーヒットみたいでした。時期尚早かと。
・マイクロジグにはアタリはあったみたいですが、おそらくアジかと。

こんなん。



オッサン2。



最大の教訓は、「ムリして昼から出ても、ええことないです」でしょうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風一過でした

2017年09月18日 | 釣行記録
昨日まで、雨の休日。
ヒマさしてくれるわけもなく、料理人として活躍してました。







土曜はオデン、日曜は手羽先。
ま、手羽先と親鳥はニンニク醤油とショウガ、胡椒で「なんちゃって骨付き鳥」。
ガーリックとかの粉末を使うのではなく、醤油に漬けたニンニクとナマのショウガで下味をつけるんがポイントですけどね。
ついでに、オッサン的にはオデンにはジャガイモが必須。
セブンイレブンとかのオデンでは(たぶん)ないし、味がしみて、ええもんです。

さ、台風一過の、3連休最終日、行幸の出航。
寝坊したオッサン2も、エネルギー余ってますな。



装備は、こんなん。





もしかしてもしかして、タイやアコウ、マゴチ来んかなー、と・・・・・来ませんでしたけどね。
ついでに、オッサン2のタイラバにも、なーんちゃ来ませんでした。

まずは、満潮なんで、中の方を探査。





おりません。
ならばやはり、と、本来は上げ潮スポットだけど、実績重視で、鷹島の南側。



ほほほー。・・・・またまた、188円、使い回しサビキにヤラれてますが。





ま、オッサン2の半分くらいは、キテマスー。



で、根掛かりしてロストしたんで、チェンジ。



でもまあ、パラパラとしか釣れません。
ひと流し20分くらいで、1匹か2匹。
うううーむ・・・なら、朝ご飯でしょう。



なつかしくも安定の味、出前一丁の、ワンタン入り。
40歳以上、ラオウなんかが発売になってない頃に食べまくったヒト限定の、なつかしい味でした。

最後に、またまたの中の方。
ほほー。



オッサン2がアジをサバいてると、こんなん。



内臓とかエラとか、奪い合ってましたな。
で、こんなん。



ここでは、リアルシラス圧勝。
場所と時間により、食うサビキが変化しますなー。不思議なもんですわ。
小中学生くらいの小アジ5に、オトナ・アジ1匹くらいのペース。
時合いだったんでしょうが、こんなんなら、ここで粘ったらよかったかも・・・・って、昨年やりましたなー、ショットガン釣法ってヤツ。魚探で群れを追っかけて、上からズドーンとサビキ落とすんね。1年ぶりですかー、楽しかったです。陸軍では、マネできない釣りですからね。

♪あれこれと思い出をたどったら
 いつの日も ひとりでは 
 なかったと
 今更ながら わがままなオッサンに
 唇かんでいます♪

さすがに明日の仕事とか気になりだしたんで、1時半頃に撤収。





オッサン。



オッサン2。



小中学生のアジは、全部もらってます。
50匹は、軽くオーバーしてました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晴耕雨飲

2017年09月16日 | お酒
台風のバカヤローのせいで、3連休全滅の予感・・・てか、確定。
確認したいこと、いろいろあったのにー。
というわけで、ヒマなんで久しぶりに飲レポ。
こんなん、買いました。



「風の森」の、山田錦バージョン。

しかも、磨き60ですから、期待が高まりますなー。
ま、値段も軽く3000円オーバーなんですが、たまには。





結論。
ここの酒造会社の製法には、どうなんかなー、と。
もちろん、旨いことは旨いんですけどね。
でも、60まで磨かなくてもええんとちゃうんかなー、と。
90くらいで、2300円くらいでしっかりしたアジにした方が、むしろ個性的なんとちゃうんかなー、と。
高級ブドウを食べたようなフルーティとかの味わいですが、オッサン的には、やりすぎ。

フルーティ好みなら、むしろこっち。なぜか、こっちは70。





で、安価なフツーの方が、65。





安定の旨さなんですがね。
旨みのカタマリである心白が大きいはずの山田錦なのに、なんで60まで磨かないかんのやろなー、と。そこまでして他のと違いを出したいんかもですが、ならカワウソみたいに40くらいまでやっちゃったらええのに。
何を狙っているのか、ちょっと疑問でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予想外の結果

2017年09月10日 | 釣行記録
過去を追うな
未来を願うな
過去はすでに捨てられた
未来はまだやって来ない
ただ今日なすべきことを熱心になせ
誰か明日の死のあることを知らん

ま、釈迦の言葉ですから格調高いのは当然。しかし、格調よりも現実を追いかける煩悩まみれのオッサンとしては、
「昨日のスポットは今日も存在するのか」
「波があって行けなかった沖合は、どんなんだったんか」
などと、いろいろと考えてしまいます・・・・で、目覚ましなしで4時起き。
東の風3メートルのヤッホー予想でしたが、天気図で自己判断して出発ですー。

ふっ、ヤッホー予想、ハズしてますな。



で、ここ。



シャカは「過去を追うな」とおっしゃってましたが、さて。





・・・・・・シャカ、やっぱ偉大なんかなー。
光の速さで移動してゆくクロマティ翁。



「おらんのでー、なんちゃ釣れんのでー。」
「なんでやろなー、なんでおらんのやろなー。」
うーむ、やな予感。

またまたの親子船。



「エンジン、油どのくらいいるんな?」
「釣ったサカナ、どなしょんな?」
「アジ3匹釣ったらタイラバするんや。3匹でええんや。3匹いるけんな。」
うーむ、エンジン換装に心を奪われている模様。

カマスすら遊んでくれないダメダメっぷりに、沖合へと進出。





結構な船団ではありましたが、小アジがパラパラ釣れている程度。
渾身のスポットでも・・・。



おっと、ベラ・マスター様。



「いかんやろ?今日は潮が動かんのや。昨日はここで釣れたんやけどな。アジは、潮が動かな釣れんで。」

かつて、一瞬のアジスポットだった実績を頼りに粘っていると・・・



やっとヒット。
でも、はぐれアジなんでしょうな、連発はしません。
貴重なアジなんで、バラシを恐れて慎重にやってます。

あ、そうそう、装備は昨日と同じ。
サバ皮のヒラヒラがハズれた針には、ケイムラワームを装着。
どうやらサバ皮と遜色なく使えるみたいで、後ほどこのハリにアジ、カカりました。



オモリは、こんなん。



タックルベリーで210円のタイラバヘッドに、安物のタコベイト装着。
・・・・・・釣れた試しがありませんが。

結局、釣れたのは水深25メートル付近のステルス・アジのみ。



帰りがけに、情報収集。
久々の・・・・えーっと、誰でしたっけ。もちろん正式なお名前は知りませんが、えーと・・・アキレス翁じゃないし・・・まあいいや。



「アジ、もう終わったげなで。」
「中の方ばっかいで、17や。小アジはもっとようけおるで。」
ガビーン!
シャカめー、ハズしとるやんかー。
昨日を追いかけるんが、正解だったようです。
しかし、手遅れ。







こんなん。



♪lonely くじけそうな 
 姿波にうつして
 あてもなく動いた 
 人知れずため息つく
 I'm proud 
 壊れそうで 崩れそうな情熱を
 つなぎとめるサビキ いつも探し続けてた♪

シャカの言葉よりも、心に突き刺さりますな。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加