オッサンと海

香川県・瀬戸内海沿岸でボート釣りを始めました。気がついたら3年目突入、ここからは「趣味は結果がすべて」かもですなー。

納竿

2016年12月30日 | 釣行記録
年内の最終出航。
風速5メートルのヤッホー予想でしたが、神の恩寵により、わっりゃい快適な釣りでした。奉納の御利益ですかな-。



まずは、アジ探査。



おりませんでした。



おおっ、クロマティ翁と、ハロードーリー翁。



「おらんのでー。おらんけん、釣れんのでー。」
「沖の方もおらんのでー。船もおらんやろー。」
うーむ・・・ものすごくヤな予感。

ほんま、おらんのですー。





またまたの新兵器・・・でしたっけ?たぶん、初使用。
長いんはジャマなんで、ちょっと短め。
「映ってなくても釣れた」というのもないわけではないんで、ムリヤリやります。







もちろん、お正月用のタイ狙いです・・・が、古代ススムしかおらんし。



その後、かすかなアタリ2回、でも、乗りません。
ヤケクソで全部のハリにオキアミつけても、変わらず。
やっぱりなー、おらんとこに落としても釣れん、のですわなー。

「4時にモチ取りに来い」という実家からの指令もあるし、遠いですけど行ってみますか。



かつての、「青物スポットはありま~す」のトコ。半島が西風のカベになってくれてるんで、とにかく「快適」なのがナイス。
そういえば初夏は、キス釣りしてましたな。
ま、クソベラスポットでもありますが。



ま、ここもねー。



おっとっとー、出てきました-。





サバ!しかもデカいし。



おおっ、ツーラン。



しばらくやってると、「ケイムラ白エビ4号」のみ、ブチブチ切られますー。くそー、やっぱりなー。
そこで、半分に切って準備しておいた「5号」に換装。



ちなみに上側のハリは、ピンクベイト3号(3号でも、なぜかデカいんですが)ね。
でもやはり、食うのは7割方ケイムラ白エビ!
うーむ、おそるべしですー。



2時間くらいやって、アジ35匹、サバ10匹くらい。
血抜きしたんで、イケスは血の池地獄でしたな



群れがいなくなったんで、流されつつ、タイサビキ。



でもまあ、おらんです。



どんどん流れます。そういや、大潮だったっけ。





ま、おらんけど。



ということです。
おらんトコになんぼ落としても、釣れんのです。
よ~~~~く理解できました。季節外れの日焼けもしたし、もうええです。



こんなん。



アジあるときはアジに酔い
タイおるときはタイ狙い
              榊莫釣かく

では皆様、良いお年をお迎えください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

奉納しました

2016年12月28日 | 釣行記録
猪塚神社の祭りは1月10日だそうです。
というわけで、今年の感謝と来年の航海安全を祈願しつつ、奉納。



どうせ飲むんはジーサンでしょうし、味より見かけで、金箔入りっス。
港は・・・・。



うーむ、ケイムラ師匠とロケットランチャー翁、すでに出航中。
西の風4メートルのヤッホー予想にオッサンも負けてはいられず、いざ出航。



波があるんで「中の方」でやってたんですが、デカい船がウロウロ。
アジの群れでも探しているんでしょうか。



おらんですけど。



これねー、「おっ、アジやん」と思って急降下爆撃しても、カスらんのです。
もしかしたら、藻が生えよるんかも、



本日のウェポン。
長いんは疲れるし、風が強いと船中でカラんでハラ立つんで、短めね。



おっとー・・・25センチ未満か。



やってるやってる。



「いかんでー、風が強うて、流されるんでー。」
「いかんでー、タイ1枚とアジでー。」
ということでした。
10時過ぎにはいなくなってたんで、ヤんなったんでしょうなー。
でもオッサンは、明日は予定があるしなー。

「釣果よりも快適さ」を求めて、あちこち避難。







おっとー。これは藻とちゃうやろー。



ここで、新兵器投入。
なんか、デカいハリには食わんので、とにかく食ってもらおうかと。



おおおー。





本日、唯一のスリーランでした。
ケイムラ白エビ、おそるべし。

とはいえ、群れは極小。
食わん時もあるのは、なんでなんでしょうかねー。

結局、6時間近くやって、こんなん。





疲れた・・・・というよりは、寒かったです。
そろそろ、服装もシベリア仕様にせないかんかもです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オトナの階段登りましたー

2016年12月25日 | その他
北東の風3メートルのヤッホー予想。
うーむ・・・東よりの風・・・か。

スロープはいつもながらの渋滞中。



クリスマス日の出を愛でているわけではなく・・・・
波の状況に、皆さん思案中。



ケイムラ師匠も思案中。







「いかんでー、あの船見てんまいだー。港出たらむっちゃ揺れよるでー。」
「こんなん、出ても釣り座が限られてしもうて、いかんでー。」
「こんな時は、帰りはあっちでないと、いかんでー。ワシ、1回沈没したんでー。」



結局、お帰りになりました。



オッサンも、波を観察・・・・うーむ、クロマティ翁は出ているようですが、船団はありませんな。







久々にT.MORI様にもお会いしましたが、あきらめモード。
おっとー、ハロードーリー翁、突撃でしたー。





しかーし、オッサンもオトナになりまして。
転進を決意です。
金言の数々。
「荒れた後は釣れんようなる?さー、そんなん、ないんとちゃうかのー。」
「今年はマダイ、すごいやろー。20くらい釣っりょるでー。沖の方の船団のとこでー。」
「アジ、入れ食いん時は、200くらい釣るでー。干物にするんでー。」
「志度湾・・・何ちゃ釣れんからのー。」
最後に、ケイムラ師匠のお連れ様、謙虚なひとこと。
「昨日どうやったん?アジなー、そーなー。ワシや、ボウズでー。あ、そうそう、スヤママリン行ってきたんでー。ワシも同じのん、注文したんでー。」
お仲間、おひとり様増加ですな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス・釣りー2年目

2016年12月24日 | 釣行記録
でしたがね。
年輪を経ても、必ずしも成長するわけでもないようですー。
波が荒れた後は、海の中も変化してんじゃないかなー、と予想するのが、まあ「2年目」ね。
ちょっと遅刻して、単座出航。



大学生のサカナ好き・姪っ子が、(よりによってイヴの)今晩、神戸から帰ってくるそうな。というわけで、実母からのリクエストにお応えするべく、まずはアジ。








おいおいおーい、おらんよなっとるやんかー。
「ま、アジでええんなら鉄板で50匹やわ」とか大口たたいたんですー、シクシク。

おおっ、ツインズ・アイランド周辺にて、ハロー・ドーリー翁。情報に期待です。



「2匹釣ったんでー。タイでー。朝方、食うたんでー。」
「でもなー、ちっちゃいわー。」とのこと。
おおっと、これはアジやろー。



おっ、またまた二人乗りの、ケイムラ師匠。



「いかんでー、おらんでー。」
「釣れてないん?ワシらは、釣ったけどなー。」
とのこと。
詳細は、なんとなく聞きそびれて聞きませんでしたが-。
3時間余り経過しても、オッサンこんなん。



沖合にも行ってみたし・・・・



いつものスポットにも行ったし・・・・







まあ、タイみたいなんも狙ったし・・・・。なんか、底の方のちっちゃい魚影、コダイらしいですな。



一応、釣れましたが・・・・





いろいろとウロウロして、敗戦確定。



最後の最後に、干潮なんでナマコ拾いをしてみても・・・・・。
でも、1コだけでしたー。



こんなん。



撤収・・疲れますな。



こんなん、おってくれたらええのにねー。





そしたらこんなん、ご家庭でできるのにねー。






実は、新兵器を6500円で買ってます。



冷凍しておいたアジの切り身で、さつま揚げとか、作ってますー。



クソベラとかエソとか、そんなんでも「練り物」やっちゃいますかな。
目標は、「安物のチクワの食感」。
ツインズが、そんなんスキなんでー。
ついでに・・・昨日、ヒマだったんで、こんなんも作ってみました。
砂糖を煮詰めすぎて、白くなったんが「いかんでー」、でしたな。



それもどうよ、とは思いますがー。
イヴのメシがアジの刺身&塩焼き・・・・それもどうよー、ですわな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

またまたアジ祭り

2016年12月18日 | 釣行記録
「カルパッチョ作りたいけん、タイ釣って来てな」という、ヨメはんの指令。
うーん、こんなんでは、いかんかったか。



とはいえ、冷え込み。



「グッと冷え込んだら、しばらく食わんよなるんで」
という、昨年のケイムラ師匠・呪いのメッセージがリフレインですが。

おっと、そのケイムラ師匠、新型機で出撃です-。



新型になっても、水中で組み立てるんですなー。
ま、キズはつきにくいでしょうが・・・メンドくさくないんかなー、と。

ド干潮、潮位15センチらしいですが・・・・こんなん。





ま、去年はビビッてましたが、今年のオッサンは、無言でクリア。話し相手もおらんですしね。
たこが見えたんで追っかけてみましたが、逃げられました!
ま、ナマコは拾いましたがね。



なんかまあ、2年目の余裕ですかな。
さ、出航。



1週間ぶりなんで、まずは、アジがおるんかどうか探査。
ウェポンは、ちっちゃめの、これ。



ちょっとねー、作ってみたい料理があるもんで、アジ必須なんです。

おおー、おるようです、アミの中には。



ド干潮なんで、いつもとちょっと景色が違いますな。



タナが大事なんね。
浅いトコにはおらんけど・・・・



おっとー。



こんなん。



続々、20メートル付近に現れますな。





結局、1時間半で40匹くらい。
ツーラン、スリーランもぼちぼちありましたが、ハリス切られもぼちぼち。
うーん・・・25センチクラスになると、ハリス0.8では危険ですー。

で、指令を思い出してタイにチェンジ。





まずは、ドクターグリーンから情報収集でしたが・・・・



「小さーいアタリ1回だけです。」
「おるみたいですけど、アタリませんねー。」という、やはり不吉なお言葉。
金言。
「下の方に雲みたいなベイトの群れがおるとき、そこにスーッと落とすと食いますよ。」
「たぶん、ちっちゃいイワシなんでしょうが、たぶん底の方で狙いよるんでしょうねー、着底と同時に食ってきたりします。」
「というわけで、ワタクシは雲みたいなベイトを探す派です。だって、パラパラ泳ぎよるん、見つけてもすぐにおらんよなるでしょ?」とのこと。
ただし、コレを聞いたんが撤収時だったんで、実行できませんでしたが。

うーん・・ま、とりあえずは市販品を消費。





今日はこのへんに連合艦隊ですかー。



うーん・・・どうよ。



うーん・・・・。



連合艦隊を突き抜けました-。



うーん・・・。



おるんですよ。
でも、アタリ&乗り&ハズし、1回だけ。
こんなんなら、100均タコベイトサビキの方がマシかもですが、そういう問題でもないみたいでした。ほとんど、釣れてませんでしたー。

あまりにタイ屈なんで、お道具箱をゴソゴソやってたら・・・



ちょっと、使ってみると。



本日MAX、25センチ級、イタダキマシター・・・・アジだけど。



新型機のケイムラ師匠。



「いかんでー、おらんでー。」
「タイ釣れとらんの?いかんでー、ワシや、7匹は釣っとんでー。今釣れんだけでー。」
「え、アジおるん?あのへんにおったん?ほーなー、アジ、ええなー。」
タイサビキには、アジ、あんまり来ませんからねー。
アジではオッサンの圧勝みたいでしたが、なんだかなー。
最後に、ウロウロ。





最後の最後に、ケイムラ白エビ、8号で実験。
おおおー。



フツーに、8号でも食いました。てかね、こういうサイズになると、ちっちゃいハリは危険。
さっきのドクターグリーンも、
「教えてもらったがまかつのハリでやってみたんですが、ブチブチッと切られました」
とのこと。
失礼いたしましたー!

こんなん。



アジばっかしと、コダイススム2匹、ナマコ2個ね。
ま、ちょっと躍動感を付けてみました。



帰りがけに酒屋によると・・・



ランキングナンバーワン(らしい)日本酒、フツーに売ってました。
左が2500円くらい、右が1500円くらい。

味は・・・・ま、「南」の倍の値段ですから・・・もうええかな、と。



もちろんおいしいんですが、1升瓶で5000円クラス・・・こんなん普段飲みするようになったら、ニンゲンとしてどうかなー、と。

ナマコは、当然の酢。



で、アジの「さつま揚げ」。





もんげー旨かった・・・ですが、プリプリ感に欠けてました。なんか、「じゃこ天」みたいな食感。まだまだ粗挽きすぎたのかも知れませんし、片栗粉とかの混ぜモンが足りなかったのかも。
ちょっと、研究してみます-。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加