オッサンと海

香川県・瀬戸内海沿岸でボート釣りを始めました。気がついたら3年目突入、ここからは「趣味は結果がすべて」かもですなー。

人生ウロウロ

2016年10月30日 | 釣行記録
いつもの猪塚、おひとりさま。



今日は、ぜってークロマティ翁とは会いません。
なぜなら、午前6時頃、国道ですれ違ったから。って、いつからやっりょったんでしょうかー。てか、ナニ釣ってたんでしょうかー。

情報。
津田の漁師に聞いたハナシ。
「イワシは、西の方に行っとんとちゃうかのー。」
「今年は水温高いけん、これからが青物で。」
「タイは、ぼちぼちアミに入っりょるけどのー。水深?10メートルくらいやで。」
ま、やっぱり青物なんね、イマドキは。

満潮まであと3時間、まずは「中の方」へ。



偵察用に、使い回しのサビキ。



てか、前回の高級サビキ、「もうこんだけ釣ったけん、ええやろ」と捨ててしまったんですが、なんちゅーことを!偵察用に置いといたらよかったですー。
ま、後の祭りですわな。

うーむ・・・。前回釣れたトコ、なんちゃおらんようになってますー。



しかも、いきなり根掛かり。
偵察サビキ戦死、てか、オモリの方がイタいんですけどー。
で、100円サビキにチェンジ。
迷ったんですが、白をチョイス。



ここにもおらん・・・・。



「なんか、行けばちょっとだけアジが釣れちゃうポイント」に。



ほほー。



こいつみたいです。



とはいえ、群れがちっちゃい。
エンジンかけっぱなしで、とにかく群れを追いかけてウロウロ。
♪人生うろうろ
 オッサンもうろうろ
 サカナもうろうろ 逃げ回るのよー♪
2時間くらい追いかけ回して、こんなん。
群れはいなくなっちまいましたー。
ちなみに、このポイントではこんなん。



で、次のポイントに移動。



こんなんね。



でも、おらんのでまたまた移動。



こんなんかー。



なんかおるみたいなんですが、カスらず。



もしかしたらイロかいな、とピンクにチェンジ。



でも、カンケーないみたいでした。
で、海猿な方々が勤務中。



オッサンは、救命胴衣着用中だったんで、ホメられちゃいました。ま、寒かったから着てただけなんですが。
どうやら、この「母艦」から発進したみたいですな。



波もなくなってきたんで、「沖の方」に。







おらんです。船団も極小、聞いてみても
「コダイばっかいや」とか「タチウオ釣れたでー、指2本くらいやけど」みたいな、景気悪いハナシばっかし。
カモメも、ヒマそうでした。



こんなん。



ほとんど、前半の釣果でしたな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

練習試合 vs 山田中

2016年10月29日 | 子供の野球
クルマ出し当番はなかったんですが、それはホームの桜町中で山田中と練習試合だったから、かー。
半分くらいしゃーなしに、クルマにボート積んだまま、観戦・・・の予定が、2試合とも主審。



ま、カメラが故障してたんで、丁度良かったと言えばそうなんですけど。
キタムラの5年保証に入っててよかったですな。
しかしまあ、これでドック入りは2回目。
前回がシャッターユニット交換、今回はたぶん、「カメラエラー」が出て起動しなくなったんで、CPU交換かと。
ソニーのα77なんですが、ミツビシ並のリコールっぷりやん。
まあ、10万枚以上撮ってるんで、しゃーないかもですが。
ちなみに、「α77Ⅱいくらなん?」と聞いてみたら、11万チョイやって。
1ねんまえ・・・いやいや、2年前から、値段落ちてませんなー。
9万くらいなら買おうかと思ってたんですが、どうしようかなー。
ちなみに、今回の写真はヨメの父に撮ってもらってます。

ツインズは、キャッチャーとサード、ショートとセンターという、いつもながらの放浪っぷり。ま、どこでもノーエラーだったんで、ええですけど。



打つ方は計15打席12打数6安打2四球4盗塁、犠打1と、わっりゃい「活躍」。
ま、2試合とも「完封勝ち」だったんで、ムダ撃ちと言えばそうなんですが。







個人的には、ワンパターンなリード、早い打席での凡フライアウトにイラつきましたがー。
でもまあ、ツインズと同じグラウンドに立って、同じ風景の中、同じ時間を過ごす・・・というのは、もうそろそろ終わりなんですね。
・・・・もうそろそろ終わりでええんですけど。
てか、そろそろ終われよ。



というわけで、明日こそ「やっちゃえ、オッサン」ですな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経験値ですかな

2016年10月23日 | 釣行記録
高松市大会準優勝ムスコを持つオッサン2。
ツインズは、ご存じの通り2回戦負けね。



北東の風3メートルのヤッホー予想。ま、いけますな。
さ、出航出航。



VIX短期悶絶地獄のオッサン2、いろいろ仕入れてました。
しかも、ここから全部2割引ですと。
あらゆるモンが「下げ」てますな。







で、今日使ったのはこいつ。3セットくらい使ってましたっけねー。



オッサンは、ジャンプワールドの10%割引券で気が大きくなって、高級サビキをオトナ・・・てか、オッサン買い。これ、450円くらいしましたー。



まあ、波は・・・・先週に比べたらちょっとしかないんで、当然の「沖の方」。
行けるときは、行かんとねー。





うーん・・・・おらん。





沖の方をウロウロしてても、こんなん。




プチ連合艦隊に突っ込んでも、こんなん。





ちょっと浅いトコでは、こんなんね。







とはいえ、ほとんどヤラレっぱなし。
しゃーなしに、ここぞのツインズ・アイランドでしたが・・・。



ノーヒット。
またまた移動。



波が出てきて沖の方に戻れなくなったんで、しゃーなしにあちこち移動。





♪風の強い日はアレルギー そんなのかまっていられない
無菌状態に慣れすぎ みんなあちこち弱ってる

飛びだしゃいい 泣き出しそうな 心を蹴って
釣りすりゃいい オッサンらはさまよう 蒼い弾丸♪

てな調子でしたな。釣ってる時間より、移動時間の方が多かったかも。

で、最後の最後に、「こないだ仕方なく釣ってて、アジが釣れたトコ」に。
ほほー。





わっりゃい、爆釣でした。
とはいえ。
オッサン2の白いんはよく食いましたが、オッサンの高級アミエビサビキは、そのアジの群れを突き抜けて、ベラばっかいやし。
どうも今日は、ハゲ皮の白に反応してたみたい。
ま、アジをうまく避けてベラは釣れるサビキである、ということだけは理解できました。

オッサン。



オッサン2。



まあ、サビキは値段と言うよりは、その日の「当たり色」かと。
ついでに、おらんトコでは、どっちでもええかと。
もひとつ、小型しか釣れん時は、1号のハリサイズ違いでも、もしかしたら重要なのかと。
オッサンの9号とオッサン2の8号、そこかもですー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

またまた陸軍

2016年10月22日 | 釣行記録
ヤボ用のため、生島。
ま、県営球場付近なんですが、日常茶飯の雑事俗用がいろいろありまして。



ちょっと時間を作って、サヨリなど。
雨模様もあってか、もちろん誰もいませんな。いつものように「おひとりさま」。
ついでに、船も出てません。



30年前に作製して、いまだ使っている自作サヨリ・サビキ。こないだ久しぶりに使ったんですが、カラミ多発。ちょっと改良してます。



先っちょに付けているスーパーボール、なんか黄土色に変色してますがー。


付けエサ。
マジメに、2パック360円で購入しました。
冷凍アミエビを付けてもいいんですが、ハズれやすいんで。



なんかおるんかなー、と130円で購入した冷凍アミエビを投入すると・・・。



アジかなー、と釣ってみたら、こんなん。





タナゴのベイビーなんでしょうかね。
入れ食い確定ではありましたが、こんなんどうやって食べればええんか分からんので、やっぱりサヨリってことで。

ま、こんなんがいるようです。



結構、いるようです。



とはいえ、「曇り、昼からは晴れるかも」というヤッホー予想が当然のハズシっぷりで、ずーっと雨。トドメの風。
1時間で、ヤんなっちゃいましたとさ。
釣果、こんなん。



周りにヒトがいて、フツーに「曇り」くらいの天気だったら、そこそこの「爆釣」だったはずかもでしたー。
とはいえ。
やはり、「待ってる釣り」は、1分に1匹くらいのペースじゃないと、飽きます。
魚探がないんで、群れがおるんかどうか分からんのが、結構なストレスでした。
やっぱり、ボートで群れを追っかけるんがいいですかなー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

男の修行

2016年10月16日 | 釣行記録

東の風4mのヤッホー予想。
昨日よりも、♪風が吹いている~♪
しかし、当然の「駆けつけ釣行」。

なぜかと言えば、「おまえら明日何するん?」
とツインズに昨日聞いたら、
「ラウンドワンで遊び倒す予定や。」
「誰と行くん?」
「野球部に決まっとるやん。」
「女の子来るん?」
「そんなん、来るわけないやん。」
という相当に空しい会話があったからですな。
なら、オッサンも父親の威厳にかけて遊び倒すしかないじゃないですかー。

しかーし。上手が。



クロマティ翁。さすがに早いな-、と思ってたら
「帰ってきたんで。仕掛けがからんだんでー。」
「アジもそろそろ終わりでー。タチウオ釣っりょんでー。」
「魚探にや映らんのでー。立てっとんでー。浅いとこにも立てっとんでー。」
「タイは11月やの。今はちっちゃいんでー。」
「魚探に横に映っとん、コダイでー。食わんのでー。」
「あんたがいっつもおるとこ、釣れんとこばっかいでー。」
などなど、20分くらい金言を頂戴いたしましたー。

クロマティ翁、再出撃。



さ、こっちも出撃。

本日は、380円高級サビキ。
さっさと使わんと、ヒラヒラんとこが溶けたりしますんで。



とはいえ、当然の昨日以上の波と風。
仕方なく昨日の追試験。



うーん・・・あそこは「釣れるトコ」なのでしょうか。



ちなみに、いつものように光の速さで移動して、10時にはいなくなってましたー。

なんかなー。



浅いトコにはいるみたいですが、ちっちゃいです。



昨日のトコ。



ちょっと深場。



おらんですなー。せっかく、「瀬戸内爆釣じゃー」というギャグを考えたのに、このままでは「瀬戸内弱釣」ですなー。

昨日と同じサイズ。



皆さん、風と波を避けて、島影に集結中。オッサンも。





しかーし、やはり浅場では根掛かり。痛恨の高級サビキ、ロストですー。
ハラ立つんで、こいつ。



いろいろキテマスー。









しかーししかーし!
ハリが弱すぎて、ハズシ連発。
せっかくのオオアジも、上げたとたんドボン。
ハラ立つんで、2倍の価格にチェンジ。



しかーし!
一発で根掛かりロスト。
てか、こっから切れるかねー。100均でも、こんなんないわなー。ま、100均はハリが曲がるんで、プチンとは切れないだけですが。



もっかい、おんなじサビキを装着。
ようけあるんですわ、安物は。

まあ、このへんではこんなん。







ほほー、そういえばガシラスポットでしたかな。





こんなんも。
本日・・・てか、ここんとこの最大サイズ。



波がなさそげにしか映らんのですが、白波立ってました。



帰港時も、こんなん。
当然の被弾でしたな。



あーあ、艤装がだいぶハゲてます。



こんなんね。
なんか、揺られすぎて、プチ疲れました。



しかしまあ、修行ですから。

苦しいこともあるだろう。

云い度いこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。

腹の立つこともあるだろう。

泣き度いこともあるだろう。

これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

山本五十六サンね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加