オッサンと海

香川県・瀬戸内海沿岸でボート釣りを始めました。気がついたら3年目突入、ここからは「趣味は結果がすべて」かもですなー。

天気晴朗なれど波高し・・・大敗北!

2015年09月23日 | 釣行記録
バブル世代のオッサンらしく、「困難はカネで解決」ですな。
自作のサビキがイマイチなんで、「休養日」の昨日、購入。
ついでに、「キスの高級仕掛けはハズさないのか」も検証ね。



シルバー仮面ウィーク最終日、当然の午前出航。久々のオッサンⅡも、ご一緒です。



ヤッホー予想では波50センチ、風1メートル・・・のはずが。



なんでやねん、の波。



ま、近場の「引き潮んときは島の右手でー」のポイントに直行。サビキに黒糖エビつけて、もちろんのタイ狙い。



仕入れた「高級仕掛け」をふたつもロストしても、目指すタイはゼロ、でした。
ま、ふたつとも「フックをかけ忘れた気がする」と「フックがゆるんでいた」のヒューマンエラーなんですが。
てか、イワシも釣れんしー。



「釣れるんは当然、狙ったモンが釣れなきゃ」
などとホザいていた、自分を反省っす。追い打ちをかけるように、こんなん。



てかなー、「イワシ、釣れすぎてメンド臭いなー」などと思ってましたが、「そういや、メザシにしたらえーやん」と思いついて、昨日から試作中。うまげにいったんで、本日の釣果で大量生産するつもりでしたのにー。



流されて岩場に来ると、こんなんキテマスー!





ま、一応タイも・・・。



波に揺られるんに疲れたこともあり、一昨日の新規キス・スポットに。



ま、そこそこキテマスー。



いろいろ、キテマスー。







沖合に連合艦隊が集結していたんで、大逆転を目論んで、波を蹴散らしつつ、ハイエナ。



結局、ふたりでイワシ5匹のみ・・・・。



ま、ボーナスですな。

それにしても。
何故、釣れないのか、と考えてましたが、答えは1つ。
「俺の車しかいないから」ですな。



たぶん、波が高い日はダメ、と、クロマティ翁1.2.3の皆様は、ご存じなのでしょう。シルバー仮面ウィークにもかかわらず、港にクルマがスカスカなのは、そんなんみんな知っている、ということなのでしょう。
たった数日で、豊穣から砂漠へ。
奥が深いですなー。



ちなみに、釣果はこんなん。



時間もたっぷりあるんで、すべて寿司にいたしますー





ま、ツインズが「光モン苦手やけん」とか非人道的なことを言うもんで、すべて白身。
で、デカメバルは煮付けね。



あー、でもイワシ、残念でした-。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり出航

2015年09月22日 | 釣行記録
午前中はテニスの練習試合。
午後からの出航でしたね。

撤収中の単座ボートの釣果。



「なんかなー、おらんで。船、おらんやろ。みんな帰ってしもたで。」
「キス釣っりょったらヒラメ来てのー、プハッゆうて逃げられた」
「キスはなー、×××の近くんとこで、おっきいん来るんや」(ちょっと問題発言なので伏せ字)とのお言葉でした。

さ、出航。



本日のテーマは、「手作り」。
エサも手作り、仕掛けも手作り、タイ狙いオンリーさんですー。



というわけで、実績はあるんだけどやたら近いポイントに直行。



おいおいおーい、何でやねん。連日のベラ祭りッスかー。



おっ、キテマスー!ちっちゃいけど。ちょっと嬉しかったりします。
ちなみに、ウェアはジョコビッチね。



おおおっ、キテマスー、100均のサビキの方に。



なんか、大和級の釣り船が突入中。タイラバみたいですが、ノーヒットみたい。ま、ポイントとしては悪くない、ということでしょうか。
しかしねー、2時間でアタリ3回くらい、ベィビーなタイ2匹では・・・。
「やっぱり、タイくつっスー」という、ベタベタなギャグが、リフレイン。



帰りがけに。
イカ狙いのおふたり。



公開オッケーということで、掲載ね。
「さっき2杯、ここで3杯、エギは2.5センチですー」だそうで。
うーむ・・・・。
釣果はどうでもいいとして、とにかく、楽しそうですな。
たとえ1杯しか釣れなかったとしても、ふたりで分け分けして食べるイカ、ええやんかー。
ウチのヨメはん、「一緒に行ったら、あんたが後悔するで」だそうです。
ちなみにツインズは「サメ、イヤやから」やと。

煩悩・・・いやいや、悩み多き帰港。



釣果は、こんなん。ショボくても公開いたしますー。



「人間は、努力する限り迷うものだ」byゲーテ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた敗北

2015年09月21日 | 釣行記録
アドレナリンが出てるんですかねー。

2時過ぎに目覚めてしまい、2度寝。
3時半にも目覚めてしまい、3度寝。
そして4時半に目覚める前に見た夢は、「♪最高の女と ベッドで ドン・ペリニョ~ン♪」ではなく、タイ3枚と、チヌ。
もう、行かねばなりませぬー!



島崎藤村、「夜明け前」。おまえのトーサン「夜明け前」と、キレのないギャグを考えながら・・・



猪塚は、すでに「渋滞中」。
うーむ、2機編隊の「ロッテ戦法」小隊がふたつ。





こっちは、単座戦闘機。



さて、オッサンの「ストゥーカ(今日だけ改名)」も、単座で出撃。
25号オモリで、サビキ急降下爆撃ッス。



本日のテーマは、「さばくんが面倒でないサカナ」。
ま、タイとキスがアタマにありますな。



なぜか、イワシ。



なぜかベラ(高級)。



なぜか、ベラ2連発(高級)。



秋祭りやのうて、ベラ祭りかい!
「はやく人間になりたい!」と、ちょっとどうだかなー、のギャグを考えていると・・・

クロマティ翁です。



お言葉。
「アカンわー、魚探、つかんのでー。なんちゃできんわー。」
「船、ふくれてきよるんでー。もういかんのでー。それ、なんぼしたんなー。19万なー。ほーなー、それにしようかのー。」
「サビキしよるんでー。タイ針で自作でー。ハネでもツバスでもタイでも、へっちゃらでー。」
「アジあげるわ。こんだけやー。」
と、コアジ1匹、いただきました。

うーむ、デカいタイ針で、ちっこいアジ、喰うんですねー。

では、ちょっと深場第2弾。
おっと、ガシラ。



うーむ。



ちょっと浅い方に行ってみると・・・





とにかくイワシとかの群れがいません。
これでは、「牟礼北ヤンガース!」という、地域限定・年齢限定・競技も限定のローカルギャグすら使えません。

というわけで、せっかく昨日のゴカイもあるので「キス・スポット」に。



あーあ、ゆっくりオヤツ食べられました。



あーあ、船内の掃除まで、できちゃいました。



30分あまりで、アタリ2回、マルティナ・ピンギス1匹のみ。

沖合には、「連合艦隊」。
10時過ぎ・・・帰るには早すぎるんで、ロング1発、突入です。



ははーん、やっぱりここね。



やってるやってる。



「イワシでハネかツバスや。イワシ、おらんけどのー。」

ホンマ、ここまで来て、ポツポツくらい。



またー。



はいはい、祭りね。



サバとかアジじゃなかったんで、島を1周して帰還。





おー、やってます。



「イカね。10杯くらいかなー。」とのこと。
イカかー。大きさ、聞くの忘れました。

そういえば・・・。
キス・スポットもうひとつあったなー、と。



おっ。



おおっ。



30分で、8匹。
わっりゃいデカかったです。こっちで展開中でしたかー。

28リットルのクーラー持って来たんですが、スカスカ。
今回から、クソベラはリリースっす。



しかし、タイは敗北。明日・・・。
気力、ないやろなー。



キスとイワシは天ぷら。



昨日のタイとベラ、アジは「シースー」。



ま、ツインズには「オレら、光モン苦手やけん」といやがられましたがね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マダイ、ゲットしましたね

2015年09月19日 | 釣行記録
さてさて、シルバー仮面、じゃなくてシルバー・ウィークね。
午後からでしたが、当然の出航。



本日のテーマは、「タイかヒラメ」。
こないだ、捌くんに3時間かかり、「疲れるわー、肩こるわー、関係ないけどヒザも痛いしー」と弱音を吐いたら、ヨメはんから「そんなんばっかり釣るけんやろ。タイかヒラメにしときー」、と、浦島太郎に洗脳された発言があったからです・・・と、冷蔵庫にすでに2回分のイワシフライ材料と5食分くらいの干物があるから、ですな。





とはいえ、サバは欲しいんで、行きがけの「ツインズ・アイランド」。



いませんでしたー。でも、アジはいましたが。



今回の「秘密兵器」。



「オリゴ糖でー、色、変わらんのでー」
というクロマティ翁のアドバイスを半分実行。
100均にオリゴ糖はなかったんで、「黒糖」ですけどね。

しかーし。
またまたの行きがけに、キスを探査。ま、キス・ポイントはキスしか釣れないんで、天ぷら用に・・・との目論見でしたが。



キテマスー、と見えるのは「国会議事堂周辺」の映像のようなもんで、実際は40分くらいでアタリ2回、釣果はこんだけ。うーむ・・・・。



というわけで、ハイエナしていた「タイ・スポット」に移動。ま、またまたの行きがけで、こんなんも。
やはり、「ベラ・スポット」はベラばっかし。



やってるやってるー。タイラバですな。
しかし、30分ほど観察していた限りでは、ノーヒット。



こっちも・・・。





30分くらいで飽きてきたんで、「経験のお告げ」により、浅場に移動。
まあね、「60センチ以下はタイ言わんのや」とか言う方もいらっしゃいますが、60センチなんてね、魚焼きグリルに入らんしー。
60センチ1匹より、30センチ何匹かの方がええもーん、と強がり。飽きてただけですけどね。



おっと、サバがキテマスー。
水深10メートル以上に移動中でしたかね。





アジも、キテマスー。
やっぱり、こういう釣りの方が飽きませんな。



とはいえ。
ガツンと当たって、プチッとハリごと持って行かれたのが1回。
うーん。
やはり、100均のサビキではアカンのでしょうかー。
「クニのシャッキンガー」というアッソウ財務相のギャグに対抗して
「故郷の100均がー」と、ひとりでギャグかましてると・・・。



キテマスー!





マダイ、ゲットでしたー。25センチくらいでしたが、それが何か。
刺身にしようと思ったけれども、あまりに小さいんで塩焼きにする予定ですが、問題ないっしょ。

で。
「プチッとハリごと切られた」犯人もキテマスー。



なるほどね。
650円の高級サビキで再チャレンジしようかなー、と一瞬考えましたが、ヤメます。
フグなら、1000円のサビキでもプチッす。
ま、金融資産を大量保有しているんで、もちろんリリースでしたけどー。

トリも飛んでるし、そろそろ終了。



最初から、ここでやってりゃよかったんですねー。



「最初から」を、いつ試すのか。

もちろん、明日ですけどね。



ちなみに、本日の「小物」は、すべて「なんちゃって刺身」。
やっぱり、アジが一番おいしかったです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モリリン登場

2015年09月13日 | 釣行記録
本日は、オッサンⅡが「稲刈り」ということもあり、初同伴のモリリン・マンローと。ロッドはメバリング用の「1万円」オーバーの高級品ですな。でも、仕掛けはやっぱり「100均」ね。てか・・・フツーのクツっすか。せめてサンダルの方がいいかな、と。



それにしても、オッサンⅡの実家、稲刈り2日間って、10haくらいあるんでしょうかー。

さて、新人同伴ですので、ツインズ・アイランドをスルーしていきなりの「メバル・スポット」へ。



「お日さん出たら喰わんでー」の秘事口伝を実行。
ま、6時過ぎ出航なんで、本来ならば日の出後なのですが、曇りなんでー。





モリリン・マンロー、初釣果。



こんなんも。







なんか、いちいちリアクション大きいですが-。半年前は、オッサンも感動してたっけなー、です。
こっちは・・・・



なんだかなー、のクソベラ祭り。
まあね、干物を試してみたいんで、キープしときますが。

ま、こんなんも当然。







しかしなー。
昨日は昼からの調査出航だったのに、黄金メバル(名前知らないだけですが)6匹だったのに、本日はクソベラ20、ベラ10、ガシラ&メバル4。
なんでかなー、と、「レンブラント光線」を眺めながら遠い目。



「レンブラント光線は、神の恩寵を意味してるんやねー」
と、故・開高健氏が釣り番組で言ってたのを、ふと思い出します。

飽きてきたんで、キス・スポット。



「大きいんおるでー」という、昨日のフレッシュ情報確認です。



なんやこれ。ダツとかいうヤツかなー。



ルアーでスズキやってました。ノーヒットみたいでしたが。



おっと、おるおる。





「これ何ですかー。毒あるんちゃいますかー。」と、意外と初心者なモリリン・マンロー。



結局、1時間でオッサンは11匹。
ゴカイ・タラシ・ゼロのせいかどうかハズしはほとんどありませんでしたが、しかし、マルティナ・ピンギスばっかしでした。

最後に、クーラーを満腹にするためにサビキ。



やはり、イワシばっかし、でしたね。



釣果は、こんな感じ。6リットルくらいでした。



モリリン・マンローはこんなん。



「人生初の大爆釣」だそうです。

メバル系は、煮付け。



ベラ系は、すべて干物。
クソベラと言っても、白身ですから。もしかして、もしかするかも。



イワシ系は、フライ(3回分)。
今はなき、「中北」のイワシフライを思い浮かべつつ。



結局、1時過ぎに帰ってきて、調理とボートの片付けで3時間。
1日って、早いっス。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加