オッサンと海

香川県・瀬戸内海沿岸でボート釣りを始めました。気がついたら3年目突入、ここからは「趣味は結果がすべて」かもですなー。

原因判明?

2017年06月18日 | 釣行記録
風速1~3メートルのヤッホー予想でしたんで、ちょっとビビッてましたが。
おおっ、皆さん、出撃のようです。



本日はオレンジ艇のグリーンさん、衝撃の発言。
「ここひと月くらい、ええんですよー。」
「まあひと月で30は釣ってます。わっりゃい、デカいです。」
「バラシはその倍くらいあります。」
「すぐそこ、出てすぐのとこでもバーンバン来ます。」
「10メートルくらいの浅いとこでも食います・・・深いとこでも食います・・・いつでもどこでも誰とでもクイマスー!」
・・・・・うううーむ、どっちかっつーと、盛らない謙虚な発言が多いグリーンさんが、ここまで言い切ってます。トドメ。
「タイラバだけです。他のはやりません。」

・・・・・アジ用のサビキメインで、イワシ用のちっちゃいハリ、タイサビキも念のためにすべて3セットくらい準備して、もしかしたらもしかするんでキスの仕掛けとルアー、ひょっとしたらひょっとするんで、泳がせ釣りの仕掛けと・・・タイラバも3個。
・・・・・こういうんが、いかんのかも。
さ、出航。





オッサンは、沖を目指します。
せっかく波も風もないもんでー。

仕掛けは、30センチ級が来ても撃墜可能なん。



魚探のGPSを頼りに・・・・せんでも、もうおるし。





うーむ、おらんし。





迷いイヌが帰巣する方法・・・「円を描きながら、その半径を拡大していく」を実践しましたが、おらんし。
おっと、お久しぶりのクロマティ翁。



語録
「何釣っりょんな。アジとな?そんな夢みたいなこと言うたっていかんのでー。」
「おらんやろ?おらんのでー。」
「先週な、20隻くらい漁船が来て、アミ入れたんで。それから、何ちゃおらんようなったんでー。」
「おらん理由を考えないかんのでー。ワシ、鯉釣りに行きたいんでー。」

・・・・なるほど。
マキエをしている方々でも、壊滅状態。
そういう理由もあるんですかー。

しゃーなしに、ウロウロ開始。











・・・どこっちゃにアジ、おりませんでした。
だんだん、なじんだトコに帰って来てますがー。
おっと、「ガシラ・マスター様」ですー。



「エサはイカナゴで。他のより、釣れ方ちゃうで。」
「生のイカナゴ売っりょる時に買うて、冷凍しとくんで。ヨメはんイヤがるけどなー。」
「ボイルのは弱いしな、釣れんで。」

マネしてたら、根掛かり。
ここって、5本くらいサビキをロストした地点なんですよねー。
しかーし。



うううーむ、ケイムラ白エビのハリ、折れすぎやんー、と思ってたんですが、もしかしたらわざとかも。
針が折れてくれるんで、サビキ自体をロストしません。

で、こんなん。



「あの、白い家見えるやろ。」



「その家が半島と重なったら、磯で。根掛かりするんで。その東西でやらないかんので。」
ほほほー、さすがのガシラ・マスター様でしたー。

朝食用の「かまど3個入り」をクルマに忘れて来ました。
「あー、なんかハラ減ったなー、何時かな-。」と時計を見たら、まだ9時。
・・・そういや、4時に出発したんでした。
ま、最後にツインズ・アイランドに。







ほほー。



ちなみに、ベラだけ入れ食いでした。

ハローじゃないドーリー翁、奮戦中。



語録
「アジ3匹だけ。漁船で来たおっチャンがエサ撒っきょったけん、ハイエナしたんや。」
「ウチの年寄りが、チャリコ好きなんや。おっきいんよりおいしい言うてなー。」
「でも、チャリコも1枚だけ。」

こんなん。



すべて実家に投入するんで、クソベラもキープしてます。
もうすでにオヤジは彼岸ですが、ま、なんとなく父の日ですから。
「あんた、いっつもありがとうなー。これ、えさ代や。」と1万円もらってしまいましたが・・・・ま、父の日ということで。
・・・・また持って行こーっと。

ちなみに、ヨメからの「父の日プレゼント」。



「半分でー、アンタの3本だけやけんなー。」と念押ししてましたなー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 繰り返しでしたー | トップ | ムリして新たな旅に出ました... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。