オッサンと海

香川県・瀬戸内海沿岸でボート釣りを始めました。気がついたら3年目突入、ここからは「趣味は結果がすべて」かもですなー。

BOSEでした

2016年12月07日 | 釣行記録
さ、土曜は仕事と相成りましたんで、本日はまたまたの有給消化期間。
西の風4メートル・・・・うーん、ま、イケるんちゃうかなー。
おおっとー、「年金組」の皆様、撤収中。



「アンタなー、先週も平日に来とったやん。サボっりょるやろ。」
ま、否定は出来ませんな。
釣果は、アジとサバ。タイは手のひらサイズね。



さ、視界良好です。



ドクター・グリーンの実績を踏襲して、まずはツインズ・アイランド沖に。



うーん・・・・アジみたいですが。



武装は、当然のタイラバ。
緑がええらしいんで。



ううーん・・・・ま、「おらんとこに投下したらどうなるんか」も大事な実験・・・か?



30分はガマンしてみましたが、ノーヒットすぎて気を失いそうになったんで、ウロウロ開始。やはり、「おるとこに落としたら食うんか」の実験の方が大事かと。



・・・うーん、おらんですけど。



おったけど・・・・これ、アジっしょ。



おおおー、これやろー。



しかーし、カスりもしないんで、「どうせ酔狂で作ってみただけでしょ」な(たぶん)サイテーサビキをタイラバの上にセッティング。半分、ヤケクソね。



そしたら・・・いきなりのアタリ!
でも、乗りませんでした。
あちこち移動。





3回カスりましたが、乗らず。
「やはり、サビキが100均タコベイトやけんなー」と、自作ハリにチェンジ。
なんか、もうすでに「タイラバ」ではなくなってますが。ちなみにタイラバは、オモリがわり。





2回、カスりましたが、やはり乗らず。
「タイは午前中に食餌を終えるようです」という、どっかの記事がリフレイン。
ぼちぼち4時、撤退です。



西風ですから、着艦はイージー。



同時に帰還されていた「年金組」の釣果の一部。あとはアジらしいです。



「エギでやるんや。魚探にや映らんでー。カンだけでー。」だそうです。

久々のBOSE SOUND。



ま、アジ狙いなら、最低でも30はイケてた自信はあります。
今日は、封印してただけです。ホントですー。
とはいえ。
やはり、素直にアジ狙いが正解みたいでした。
てかねー、やっぱ、オッサンにはタイラバってーのは、鬼門なのでしょうか。
1回根掛かりしてアキラめかけたんですが、奇跡の救出劇。
つまりまあ、「損をしないことが大事」という、ウォーレン・バフェットの箴言を実行できたことだけが収穫・・・・でしたな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 急降下爆釣 | トップ | 初タチウオでしたが »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ビビ)
2016-12-07 23:20:36
こんばんは。
鯛ラバチャレンジしてたのですね。
実は私も鯛ラバが好みの釣りではありません
アタリが乗らない(下手なだけかも)のが要因です
餌釣りくらい乗れば楽しいんでしょうが、餌だと鯛ラバほどアタらないんですね。
しかし、アタリがあったなら捨てきれないですね~
かすった5回の中にきっと大鯛が…
話は前回の続きになりますが、魚皮サビキの件です
先月高知遠征した時に、カネマンさんのサビキを見ました
全く派手さは無いのですが、皮が針の上部から太く
針を包み込むように巻いて、垂らしは短いけれど上手い事カットされてました。
これは海中でヒラヒラと他社サビキと違う動きするなぁ…
針の軸も掛かりが甘くならないように隠れて
なるほどなぁ…と思える釣り具でした。
がま〇つサビキが300円なら、カネマンさんも300円でしたので(釣具屋価格)
一度お取り寄せも良いかもです。
きっと、2さんを圧倒すると思われます。
鯛シーズン突入ですが、やっぱり自分好みの釣り方が一番かもしれませんね


Unknown (オッサン)
2016-12-08 08:10:02
ビビ様、いつもコメントありがとうございます。
そういえば以前、高知遠征に行かれてたんでしたね。うーん、カネマンサビキ、リバースエンジニアリングで研究する価値大みたいですねー。オッサン2がしょっちゅう高知に行ってますんで、買ってきてもらいますー。
それにしてもタイラバ。
ま、釣れなければ釣れなかったでいろいろとテツガクできていいんですが、どうも「向いてない」気がしてたのが確信に変わりつつあります。ま、サビキで音沙汰なしの時に、ちょっと趣向を変えて・・・くらいの変化球でいいかなー、と考え始めています。
あと、今テツガクしているのは、「初心に返ってエサ釣り」はどうなんかなー、と。ヒラヒラの少ない市販サビキに、ぜーんぶオキアミつけて流してみようかと。
もしくは、初心どころか童心に返りまくって、ウドンつけてみたらどうなんかなー、とか。
そのうち、やってみます。

コメントを投稿

釣行記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。