オッサンと海

香川県・瀬戸内海沿岸でボート釣りを始めました。気がついたら3年目突入、ここからは「趣味は結果がすべて」かもですなー。

大ファインプレーでしたー

2017年08月10日 | 釣行記録
海行かば
水漬くサビキー
山行かば
草生すタイラバー
大君の
辺にこそ死なめ
かえりみはせじ

最初に結論ですが、そしていつものことですが、本日の未帰還タイラバ2、未帰還サビキ2、大破サビキ1でした。
うううーむ、新規開拓のラバウル魚礁にて、消耗戦が続いています-。

それどころか。
本日は、もうちょっとでスズキにサオごと持って行かれそうになりました。
水中に墜落したサオを超絶的反射神経で救出したんが、本日のベストプレー。
1万円を拾った気分ですな。

5時。
すでに撃墜王の皆様は出撃準備中。



「いかんでー、昨日、50センチのタイ、ひとつだけでー。」
「アジやって3匹でー、いかんでー。」
「魚礁?13メートル?そんなん、釣れるんかいな、ワシやいかんでー。」

暁に出撃する、ケイムラ師匠。・・・・・素敵です-。



さ、オッサンは「そのうちラバウル魚礁に行くけど、その前に満ち潮のポイントをいくつかチェックして、ついでに船の集まっとるとこで情報収集して、もっぺん満ち潮のポイントチェックして、それでもダメならラバウル魚礁に行く」という、できればラバウル魚礁には行きたくない気持ち満載な計画。



ま、そこそこ、おるようでした。





こんなんは、入れ食い。



おおおー、こんなんも。



なんか、ちっちゃいイワシが群れてました。



それもそのはず、シーバスがウヨウヨ。
掛かってたんですが、0.8号の小魚用サビキは一瞬で火だるまでした。
バシューンとハネた瞬間に、サビキごとヤラれちゃいましたー。
くっそー、と3号爆弾・・・いやいや、新兵器投入。



しかし、時合いは終了してたみたいでした。
気になる「沖の方」に。



おおおおおー。



ところが。
ここで、2本目のサオにこんなんつけてたんですが、釣れたスズキを血抜きしたりゴゾゴゾしてるときに、ガツンとヒット。
ここで、超ファインプレーが出たわけですが・・・救出したのは、サオのみ。道糸からブッツリと切られていましたなー。あーあ。
遺影。





ここで、ロケットランチャー未装着のロケットランチャー翁、悪魔のささやき。



「なあなあ、言いよった魚礁、どこにあるん?行ってみようでー。」
お盆前だけに、これはもしかしたら守護霊さまの代言と理解し、ラバウル魚礁に。

しかーし。
なんちゃおりませんでしたー。
ロケットランチャー未装着のロケットランチャー翁を観察しつつ、ヤケ食い。



「おらんなー、場所も分かったし、ワシ、帰るわー。」と、光の速さでご帰還でした-。



こんなんは、精霊流し。



撃墜された自作タイラバ遺影。



しゃーなしに、オッサンもまたまた「上げ潮のポイント」に。
流していたイワシに、こんなん。



くそー、シーフードヌードルに入れたらうまかったかも。
おっと、新たな出会い「イエローカヤック・スーパーライト」様です。



「これ、20㎏なんで。軽いんで。重いんより、高いんで。」
ちなみに、クルマもオッサンと同じ・・・・てか、上級グレードのプリウスですな。
てか・・・・速いし。



たぶん、巡航速度で時速8㎞は余裕で出てます。
キビレとか爆釣だったげなですが「持ち帰り禁止令が出てるんで」ということで、リリースらしいです。うううーむ、いらんのなら下さい、というのが本音ですかなー。
コナンに「黒鯛はタイの王様」とか書いてたらしくて、ツインズはチヌが最高のサカナと信じてるみたいなんで。で、サビキには、なぜか掛からないんでー。

最後の、ツインズ・アイランド・・・・ま、敗戦処理みたいなもんです。



おらんし。



突然、「イカ?シーフード?そういや、マグロのエサやんー。」とヒラメき、テンビンに装着。最後の一撃に期待して、流されつつ帰港。
おおおおおー!ガツンとキタんですー。でも、根に入られたのか、またまたのブチ切れ。
あーあ、でした。
こんなん。



ムニエルにしたら、おいしかったですけどね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤッホッホー夏休みでした | トップ | またかよー・・・・でした »

コメントを投稿

釣行記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。