さんぽで出会う花鳥風月

ひでじいの四季の写真

クリ

2016-12-20 22:04:09 | 樹木

*2016年12月20日撮影

 今週は暖かい日が続いて、先週の雪もすっかり消えてしまいました。
 暖かいとはいえ晴天ではなく、毎日曇り空です。
 それでも今日の午前中は青空を見ることができました。

 クリの木もほとんど葉を落としてしまって冬枯れの姿ですが、まだ実がついているのを発見。
 枯れた葉もまだ少し残っていました。





*2016年12月20日撮影

 今年はクリも不作だったそうですが、イガのついた実がこうして残っている姿はなんとなく違和感があります。
 こんなふうに残っている実は、ちゃんと栗ができていない実なのかもしれません。
 クリの実は、イガを含めて果実で栗は種子のように思いがちですが、じつはイガの中の栗一つひとつが果実なのだそうです。
 一般にブナ科の樹木の果実はドングリと呼ばれるので、広義ではクリもドングリの一種といえるのだとか。





*2016年8月19日撮影

 おまけの写真は、真夏の8月に未熟なクリの実がたくさんなった姿です。
 こうしてみると緑がじつにさわやかです。
 一年は早いもので、もうすぐ終わりです。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初雪 | トップ | カキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。