さんぽで出会う花鳥風月

ひでじいの四季の写真

ナガミヒナゲシ

2017-05-15 22:21:14 | 草花

*2017年5月15日撮影

 ナガミヒナゲシがまだ咲いていました。
 5月初めに咲き出してもうほとんど花は終わっていますが、日当たりの悪い場所などにはまだ咲いています。
 ヨーロッパから来た外来種で1961年に東京で発見され、以後急速に全国に広がりました。
 ヒナゲシといえば日本ではほとんど観賞用の栽培種ですが、ナガミヒナゲシはれっきとした野草です。
 ナガミヒナゲシは実の形が長い円筒形をしているので、「長実雛罌粟」というわけです。
 オレンジ色のかわいい花を咲かせますが、その繁殖力の旺盛さから、駆除すべき植物として憎まれてもいるのです。





*2017年5月10日撮影

 少し前に撮った、花盛りの頃のナガミヒナゲシです。

 ヒナゲシ類はケシの仲間ですが、アルカロイドを含まないため阿片の原料にはならず、栽培の規制もありません。
 ヨーロッパでは各種のヒナゲシ類が畑の雑草として、見渡す限り咲いている光景が見られるのだとか。
 かつて与謝野晶子がフランスを旅した時の歌、「ああ皐月(さつき) 仏蘭西(フランス)の野は 火の色す 君も雛罌粟(コクリコ) 我も雛罌粟(コクリコ)」は有名です。
 ここでいう「コクリコ」とはフランス語でいうヒナゲシのことで、雛罌粟と書いてコクリコと読ませる、言葉の響きが斬新な歌だと思います。





*2017年5月10日撮影

 花と一緒に実が写っています。
 この実の中には、ごく細かな種がぎっしりつまっています。いわゆる芥子粒というわけです。
 1つの実に約1600個の種子が入っていて、梅雨明け頃には熟して撒き散らされるのだとか。
 その頃には本体は茎も葉も枯れてしまって、実だけが割れて種子をはきだします。
 この細かな種子がトラックのタイヤに付着して運ばれたことが、急速に全国に広がった原因ではないかという説があって、なるほどと思う説得力があります。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アゲハチョウ | トップ | フジ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。