さんぽで出会う花鳥風月

ひでじいの四季の写真

ミゾホオズキ

2017-07-06 22:13:25 | 草花

*2017年7月6日撮影

 先月雨が少ないなどとのんきなことをいっていたら、その後雨が降り続け、ようやく昨日から雨が止みました。
 九州などでは大雨が甚大な被害をもたらしているとの報道に、心が痛みます。

 さて今日は青空も少し顔を見せて、久しぶりの散歩です。
 橋の下の湿った場所に、ミゾホオズキが咲いているのに出会いました。
 もっと山地の、細い水の流れのあるところに咲いているイメージなのですが、身近な場所でも出会えるということのようです。





*2017年7月6日撮影

 ミゾホオズキは小さな黄色い花を咲かせます。直径は1cm以下に見えます。
 花が終わると、小型のホオズキのような実をつけます。
 形が少し似ているだけで、赤くなったりはしません。
 それで「溝酸漿」と書きます。「溝」は水の流れ、「酸漿」はおなじみのホオズキです。





*2017年7月6日撮影

 黄色い花ではあるけれど、そんなに目立つ花ではありません。
 どちらかというとひっそりと日陰に咲いているような花のようです。
 たくさん咲いているわけではないので、この花にふと気がついたことを良しとしたいと思います。
 
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クサガメ | トップ | オオバジャノヒゲ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

草花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。