さんぽで出会う花鳥風月

ひでじいの四季の写真

リンゴ

2017-05-03 22:25:10 | 樹木

*2017年5月3日撮影

 桜の花は盛りをすぎて、遅咲きの八重桜の時期になっています。
 かわってリンゴやナシなどの果樹の花が咲いています。
 今日は、そのなかでリンゴの花をごらんください。

 今日紹介するのは「緋の衣」という名のリンゴの花です。
 北海道開拓を命じられた旧会津藩士が、現在の余市町の地でリンゴを育てた話は、NHKの朝ドラでもやったのでご存知の方も多いと思います。
 その会津のリンゴ侍が育てた「緋の衣」の苗木が、余市町から会津若松市に寄贈され、その一部が会津運動公園の片隅に植えられました。
 今、花が咲いています。





*2017年5月3日撮影

 思ったよりも大ぶりの花でした。
 花びらの一部分がピンク色になって、とても美しい花です。





*2017年5月3日撮影

 リンゴが珍しかった当時、「緋の衣」はたいへんおいしいと評判だったそうです。
 最近食べた人の話では、「紅玉」のように酸っぱいリンゴだったというのですが、真偽のほどは分かりません。
 花はすばらしいと思います。





*2017年5月3日撮影

 さてこちらは「緋の衣」の結実を助けるための、受粉樹として隣に植えられている「ふじ」リンゴの花です。
 「緋の衣」よりは小ぶりですが、桜よりは大きい花です。
 ほぼ真っ白な花が咲いています。
 リンゴの花としてよく見る花は、こういう感じのような気がします。



『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コサメビタキ | トップ | 山笑う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。