さんぽで出会う花鳥風月

ひでじいの四季の写真

フジ

2017-05-16 22:31:35 | 樹木

*2017年5月16日撮影

 今日は午前中は雨模様でしたが、午後からは良い天気になりました。

 さて、会津の鶴ヶ城公園の木が茂っているようなところに、フジの花が咲いています。
 天守閣の下、本丸には藤棚が作られていて、休憩所のようになっていますが、そこのフジの花はもう終わりです。
 一方、ケヤキの大木などにからみついているフジは、これもかなりの大木ですが、まだ花は盛りです。





*2017年5月16日撮影

 こういうのは野生のフジに見えますが、もともとは栽培されていたものが、勢力を広げたのだと思われます。
 野生化しているので、栽培されている藤棚のフジのようには整っていませんが、それでもみごとな花です。





*2017年5月15日撮影

 フジの花はフジの実になります。
 フジの実はご存知のように大きなさや豆です。花一個がさや豆一個になります。
 そうしたら、こんなにたくさん咲いている花のふさからは、ものすごい数のさや豆ができて垂れ下がるのかと思ってしまいますが、ご存知のようにフジの実はそんなにたくさんはできません。
 つまり結実する花はきわめて少ないのです。
 たくさんの花を咲かせて私たちの目を楽しませてくれるのは、フジにとってどんな理由があるのでしょうか。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナガミヒナゲシ | トップ | クロハネシロヒゲナガ(蛾) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。