故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

2017-05-19 02:22:29 | プロジェクトエンジニアー

寒アヤメだったか。
蓬とは、対照的な派手な花である。
美しさと可憐さゆえに愛される。


かつて、勤めた会社の人事があった。
気にかかってその記事を読んだ。

年下の社長から年上の方に三顧の礼で、社長を頼まれた。
固辞しながらも、ついに引き受けられた。
問題は、エネルギー関連ビジネスの不調から発生したとされる赤字の解消である。
あばら(蓬)家から、陽の当たる場所へ出られた。期待している。

蓬パンが作りたくて、カフェの裏の畑で採れた蓬に問題が無いことを確認した。
蓬が採れる場所は、概して荒れ地である。
そんなことから、蓬は地味で貧乏の総称のような草である。
幼い頃は、蓬を揉んで汁を傷口に摺りこんだ。それで治ると信じていた。
蓬を乾燥して、もぐさになると後に知った。

蓬の新芽を餅に練り込んだ草餅が好きである。
カフェの裏の畑には、新鮮な蓬が豊富に生えている。
肥料も与えないが、薬も長い間かけていない畑である。
畑の草取りの楽しみが、また一つ増えた。

蓬髪の老人が、ひたすら草取りをしている。
幼き子にはそんな風に映るかもしれない。
蓬なき畑に、ひまわりのサークルが最低三つは現れる。
きっと、幼子は喜んでくれるだろう。

背丈ほど 伸びし蓬に 見え隠れ

2017年5月19日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こつこつこつと | トップ | 子の危機になにができるか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。