故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

思い切り

2016-11-25 05:50:04 | プロジェクトエンジニアー

中々の男前ぶりです。
平成の文太とでも言いましょうか、渋くて決まっています。
これからもきっと良い仕事をしてくれるでしょう。
三日前に描いた人と同一人物です。
ふとした仕草にその人らしさが現れます。
これからも、この表情をとらえていきたい。


今日のタイトルは「思い切り」です。
「思い切り」とは、思い切ること。あきらめ。断念。(広辞苑より)
想像よりは、ネガティブな印象です。

ぐずぐずと寝床から出られない。
まだまだ、まどろんでいたい。
この状態が続くのが良いとも、思い切りよく起き上がりたいとの葛藤が続きます。

転職の時がそうでした。
自分が求めている方向へ進みたい。
しかし、今の生活もまんざらではない。
案外でした。心配ご無用でした。
転職後のことです。
求められているから、必要だから採用してくれたのです。
入ったその日から、多忙を極めました。
新たな人付き合い、周りの状況確認、詰込みのような勉強といろんなことが同時進行でした。
このエネルギーがどこから出てくるのか。

これしかない。
あきらめのような「思い切り」でした。

起きれば、寒いので身体を動かします。
暖が取れるよう、知恵を働かせます。
動くことで、お腹が空いて来て、何か食べたいとなります。
誰も用意はしてくれません。では、自分で作るしかない。
ここまでたどり着けます。

「思い切り」があったからでしょう。

ぬるま湯のような彼女との関係。
別れるに別れられない。
そうかと言って、昔のように好きではない。
どちらに、「思い切り」をするのかは、人それぞれ。

この人しかいない。
と思うことで、優しくなれるかもしれない。
改めて良いところを発見するかもしれない。

どの例も、現状維持がしたいという淡い気持ちです。
そんなことは、ありはしない。
毎日変化(成長)しているし、気持ちもすれ違います。
快適になれるよう、毎日の工夫と努力しかないようです。

子供が、両親を鍛えてくれます。
段々重くなり、知恵がついてくる子供は手ごわい。
両親も成長する。せざるを得ない。待ったなしの毎日です。

いろんなことを「思い切り」よく捨てて(断念)きました。
まだまだ捨てきれない。
整理をつけておけばよいのですが、なかなかままならない。

一年も使わないものは捨てる。
一年間、人に会わなくても、これは無形の気持ちゆえ大事にする。

茶を勧め 飲んでほっとし ありがとう

2016年11月25日


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いただきます | トップ | 一つ仕事が加わった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロジェクトエンジニアー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。