故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

そうなんだけど

2017-04-06 06:04:08 | よもやま話

これは、ベランダのえんどう豆の花です。
「我が家にも蘭が届く」というタイトルです。
忘れ去られたような都会生活の中の一コマです。
見ようによっては、蘭に見えなくもないと、強がりました。


苦し紛れのタイトル、「そうなんだけど」です。
ほとんどの人がやらなければならないことが判っている。
そう、解っているはずです。

ごはんを作らなければ、お茶を淹れなければ、掃除をしなきゃ。
結果が伴わないと、「そうなんだけど」と忘れ去られて行きます。

やらなければならないことの順番を決めるのは何でしょう。
やることで、安堵するものから始める。
好きなこと、できることから始める。

私は、これをやっておけば安心できることから始めます。
どちらかというと、苦手なことから始めることになります。
解決方法がまったく見えなかったものが少し見え始めてきます。
出来ることは、黙っていても手を出せば解決します。
合間仕事です。

納期が早いものを中心に仕事を組む。
納期の融通がきくものは、好きな仕事であり合間仕事となります。

「そうなんだけど」
うじうじするのを止めます。時間がもったいないからです。
そんな時は、得意なことから始めます。
身体が動き始め、頭も回り始めます。
考える仕事は、いつでも気にかかっているから考え続けます。
仕事をやりながらでも考えています。
身体を動かしながら、つまり歩きながら考えることになります。
簡単ではない仕事にも、取りかかれる元気が出てくるようです。
疲れたら、頭を使わない仕事に切り替えます。
書類整理とか。単純作業とか。

「そうなんだけど」
どうしてもかかれない仕事が残ります。
自分だけでは解決できない、人に関わる仕事です。
面倒くさいことです。
電話がかかってきます。
たぶん、あの方からだなと半分くらい当たります。
気にかかっているからです。
そろそろ連絡しなけりゃ。と思っているからです。

「そうなんだけど」を止めることにしました。
人が関与する仕事は、一番に連絡します。
人にも都合があるから。
悩んでいたことも案外解決出来たりするから。

最後には、諦めます。
少しだけやって、積極的に忘れます。
ええい、ままよ。
できないものはできない。
白旗(ヘルプ)は出来るだけ早くあげた方が良い。

そうなんだけど。

蔓花が 覆いつくすも 陽を求め

2017年4月6日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見抜かれた | トップ | やればできる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。