故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

独り(Part2)

2017-07-31 06:36:41 | プロジェクトエンジニアー

広島、黒神島の絵です。


今日のタイトルは、「独り(Part2)」です。

カフェに来られた老人が、
「男でも、料理など女と同じようにできなければならない」と、
今日から一人でカフェをやる私に力説されました。
どうやら、ここに来られる前に奥様と喧嘩をされたらしい。
2台の車で、市内のちょっと離れた別々の場所に行かれたようでした。

妻が広島に帰るため、今日から一人です。
この一週間、妻の担当の仕事(接客、パン作り)を教えてもらいました。
束の間の休息を喜んでいるのを隠すかのような、妻の様子です。
一人で何でもやるのは、大変なようでそうでもない。

「独り」を感じる時が危ない。
テープレコーダーに自分の声を吹き込んで、
レコーダーを回しながら酒を飲んだことがありました。
自分の声に話しかけた。
テレビに向かってしゃべるのと似ています。

今日も未消化のうちに終わってしまいそうです。

独酌。
カウンターで、独り飲む酒のことです。
客の出入りが激しい流行っている店のほうが良いでしょう。
デパートで、売り子に近づいて欲しくない心境がそうです。
独り、今日あったことや物思いにふける。
どうするか。
独りで決める。
こんな時は、けっして孤独ではありません。

孤軍奮闘。
沈みがちな雰囲気の中で、独り皆を鼓舞するような振る舞い。
独りでもやり切る気概。
これは、少し孤独ですが先があります。

独り。
嬉しがってくれる人がいない。
悲しんでくれる人がいない。
透明人間のような自分を感じる時が、孤独です。
他人には、自分が見えていない。
こんな時は、ここに自分がいると叫んだり、なにしろ発信しなければならない。

もう時間です。
次の行動に移ることにします。
次回は、もう少し掘り下げます。

ごめんねと 笑いこらえて 旅立ち妻

2017年7月31日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 独り | トップ | 野菜のこく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。