故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

男と女(Part2)

2016-10-29 07:36:43 | よもやま話

火野正平さんに似た良い男です。
こんな人がいるから世の中面白い。
正平さんほど助べえかどうかしりません。


今日のテーマは、「男と女(Part2)」です。
書くには、経験不足です。
修羅場をくぐり抜けた数が少ない。
もてる男になったことがないので、書きにくいテーマです。

惚れた男が浮気する。
これは、いたしかたない。
会ったときから、競争に勝って一緒になったのだから。
一つや二つの浮気くらい大目に見てよ。
とっちめるのもほどほどにしてあげてね。

他の女と一緒になりたいんなら、「どうぞ」と言ってみよう。

以前、パジャマが二枚の友人の話を書いたことがあります。
男たちは、「ちゃんとしろよ」とアドバイスを送りました。
その男、三枚目のパジャマと一緒になったから偉い。

好きになるのは、女でも男でも自分勝手です。
相手にその気持ちがないのなら、次にアタックです。
そうして頑張ってきました。
あんまり変わりはないかなと一緒になりました。
そのくらいがちょうど良い。
だから、一緒の墓に入りたくないと言われたりもします。
もう一度人生があるなら、あなたと一緒に暮らしたいと言われるかも。
迷わず、目の前の好きな人に「させていただきます」と頑張ることです。

男と女。
みょうちくりんで、正解のないパズルです。
やっぱり私にゃ不向きのテーマでした。

浮気しり 焼けぼっくいの 煙消す

2016年10月29日

2015年6月19日投稿記事「男と女」
2015年2月6日投稿記事「パジャマを二枚」も参照ください。
若い時こそ気の迷いがあるものです。
若い時だからやり直せます。
この歳じゃ怖くて怖くて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作為 | トップ | 寸暇を惜しんで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。