故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

心酔

2016-10-16 18:27:23 | よもやま話

今日のテーマは、「心酔」です。
物事にふけって、心を奪われること。
その人の人柄や業績に心から感服し傾倒すること。
と広辞苑に出ていました。

良い意味だけかと思いきや、そうでもないのですね。

昨日は、会津の紅葉を見に行こうと朝早く出かけました。
喜多方までたどり着いたのが、8時過ぎ。
喜多方ラーメンを食べるにはまだ早い時間でした。

山形県に行ったことがない妻の要望を聞いて、米沢まで行くかとなりました。
着いたのは9時。上杉と伊達について、展示会をやっていたので見に入りました。
丁寧に見て勉強して、出て来たらまだ10時半。

またまた妻の希望で、藤沢周平館まで行こうとなりました。
さらに120Km走らなければなりませんでした。
迷いましたが、行くことにしました。

ここでやっと、「心酔」に入ります。
藤沢周平を読み始めたのは、約10年前。
時代小説が多いと思っていましたので、興味が向きませんでした。
いつ止めても良いと、藤沢周平の書いた薄い単行本を買いました。
これが面白かった。
次から次に読みました。
一社の文庫本を読み切り、次の社が出す文庫本も読み切り、3社目となった頃には
読んだ単行本が30冊を超えていました。
読んでいるうちに、友人にあげたりどこかにやったりしました。
とうとう、買う単行本が無くなった頃、2回目を読み始めました。
無いものは、新刊本ではなく古本で良いと探しました。
意外と売られていない、しかも高かった。

そんな訳で、無理をして鶴岡まで行くことにしました。
いつか行きたいと思っていました。
鶴岡の藤沢周平館に入ったのが2時半。出て来たのが4時でした。
10年来の願いが叶いました。

なぜ、そんなに藤沢周平にはまったのか。
この方の人の見方と表現の仕方だけでなく、情景を思い浮かばせてくれる研究心に
心酔したとも言えます。
唯一の現代小説(早春)も良かった。
決して許してくれない厳しい面もありますが、
それゆえの温かさが現代人の生きざまに通じるものでした。

この頃は、本を読むことも少なくなりました。
もう一度読めると良いのですが。
今度は、単行本ではなく大きな活字の本になるでしょう。

もらい物 いつしか日暮れ 聞く勤め

2016年10月16日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ見ぬクエと紅葉 | トップ | 一つずつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。